長引くこじれた風邪におすすめの漢方薬【小柴胡湯(しょうさいことう)】

長引くこじれた風邪におすすめの漢方薬【小柴胡湯】 漢方薬

慢性化し、こじれた風邪などの炎症性疾患におすすめの漢方薬が『小柴胡湯(しょうさいことう)』です。

慢性肝炎・慢性気管支炎・慢性胃腸炎などにも使用されます。

ハルくん
ハルくん

風邪をひいて、なかなか良くならずに長引くことがあるけど、そんな時は、何か良い方法はあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

風邪の漢方薬で有名な「葛根湯」は、ひき初めの時に続けて飲むことで効果がある漢方薬だから、症状が出てから何日も経ってから飲んでもあまり効果は期待できないんだよ。



そんな時におすすめの漢方薬が【小柴胡湯】といわれています。

風邪とは

主にウイルスが原因で起こる鼻・のどの急性の感染症を「風邪」と呼びます。

風邪の原因は、ほとんどがウイルスです。

風邪のほとんどの原因である「ウイルス」に対して抗生物質は効きません。

抗生物質が効果があるのは「細菌」であり、「ウイルス」と「細菌」は全く別のものなのです

「抗生物質を飲めば風邪が早く治る!」という確かなデータは世界中どこにもありません。

抗生物質の乱用による「薬剤耐性菌」の出現が世界的な問題になっています。

薬剤耐性菌とは

「薬剤耐性菌」とは、抗菌薬が効かない薬剤耐性(AMR=Antimicrobial Resistance)を持つ細菌のことです。

薬剤耐性菌が出現しやすい条件には、主に3つのケースがあります。

1つは必要のない症例での抗菌薬の投与、2つめは必要以上の広域抗菌薬の投与、3つめは必要以上の抗菌薬の長期投与です。

次々と現れる薬剤耐性菌に対し、抗菌薬の開発が追いつかなくなってきています。

これはかなり危険な状態です。

【小柴胡湯】の生薬構成

柴胡(サイコ)、 半夏(ハンゲ)、 黄芩(オウゴン)、 大棗(タイソウ)、 人参(ニンジン)、 甘草(カンゾウ)、 生姜(ショウキョウ)

【小柴胡湯】の効能効果

諸種の急性熱性病、肺炎、気管支炎、気管支喘息、感冒、リンパ腺炎、慢性胃腸障害、産後回復不全

【小柴胡湯】の特徴・説明

  • 「柴胡」を含む「柴胡剤」の代表的な漢方薬です。「柴胡剤」は、慢性疾患に使用されることが多いです。
    腹診では、「胸脇苦満」が使用の目安になります。
    「胸脇苦満(きょうきょうくまん)」とは、季肋部から脇腹が膨満し、圧迫感があって苦しい状態をいいます。
    この部を按圧すると抵抗と圧痛を訴えることが多いです。
    胸脇苦満は、呼吸器から上部消化器の炎症の体性反射によるものと考えられています。
  • 亜急性期における発熱性疾患の場合は、「往来寒熱」といい悪寒と発熱が交互に現れる場合が使用の目安になります。
  • 別名を『三禁湯(さんきんとう)』といい「発汗」「嘔吐」「瀉下」のいずれの治療法も行えない病態が適応とされています。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘いです。

東洋医学的な「腹診」とは

腹診とは、「四診」の中では「切診」に含まれる診察方法です。

漢方の古典『傷寒論』にも一部その記載があるようですが、日本では、江戸時代の漢方医によって診断方法が構築されました。

西洋医学的な腹部の診察では膝を曲げて横になるのですが、これは腹部の筋肉の緊張を少なくして、腹部の内臓を触知しやすくするためです。

一方、漢方では腹部の筋肉の緊張状態も大事な所見となりますので、膝は伸ばしたまま診察します。

         引用:日本東洋医学会

【小柴胡湯】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【小柴胡湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました