処方せんは全国どこの薬局(保険薬局)でも受け付けOKです!ただし注意点も・・⁉

処方せんはどこの薬局でもOKです!ただし・・・【保険薬局】 薬局で損をしない方法【薬局節約術】

病院やクリニック等を受診し、診察を受けると、医師の指示が記載されている文書「処方箋」が発行されることがあります。

処方箋には、保険情報をはじめ、薬の名称や服用量、飲み方などが書かれています。最近は、病院によっては血液検査の数値なども記載していることもあります。

のんびり太郎
のんびり太郎

処方せんは、「保険薬局」であれば、全国どこの薬局でも受付することができます。

ハルくん
ハルくん

患者さん自身で、「お気に入り薬局」を選んでくださいね!

スポンサーリンク

調剤薬局を選択するポイントとは?

  • 自宅や職場に近いなど、立地的な便利さ
  • 薬剤師との相性:患者さんも薬剤師も人間ですので、お互いに相性があると思います。「お気に入りの薬剤師」を見つけましょう!
  • 薬局内の雰囲気をみる:調剤薬局では、大抵の場合「薬剤師・医療事務員」が、各々数名のことが多いと思います。                                                           少数のスタッフが、あの狭い調剤薬局の中で、一日中仕事するのですから、人間関係が崩れると、ずっと「ピリピリとした空気感」が漂います。                                            どの業種でも同じでしょうが、こうなると、仕事の効率も落ちて待ち時間が長くなりますし、調剤ミスも出てきます。調剤ミスは、患者さんの健康被害にもつながる可能性があるので要注意です。

病院の隣ではない調剤薬局で、お薬をもらう時の注意点とは?

調剤薬局は、どこでも自由に選んでいいのですが、その際は一つだけ注意が必要です。

のんびり太郎
のんびり太郎

それは、『お薬の採用・在庫』に関する問題です。

病院・クリニックの前にある「門前薬局」で、お薬をもらう場合は、隣の病院の医師が使うお薬の在庫は、きちんと揃えているので問題ないのですが、そのほかの病院から処方されるお薬は、採用・在庫がない場合が多いのです。

というのも、保険適応になっている無数のお薬を、すべて在庫することは物理的に不可能なのです。

そうなると、処方せんを受け付けた段階で、調剤薬局は、卸さんに発注をかけたり、近隣の調剤薬局にお薬を購入するために走ることになります。

ほとんどの場合は、すぐにお薬を準備することができないのです。薬局の立地条件で異なりますが、早くても1時間くらいはかかることが多いと思います。

お薬を待たずにもらうためのポイント!
  • 前もって処方せんを薬局にFAXする(病院からFAXをしてくれることもあります)
  • 薬局に連絡して、処方せんの内容を伝える
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました