漢方薬

漢方薬

のぼせやほてり感におすすめの漢方薬【三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)】

体の熱や炎症を取り、神経過敏などのイライラを鎮める「瀉剤」(過剰な反応を抑える薬)の代表的な漢方薬です。のぼせやほてり感におすすめの漢方薬が『三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)です。思い悩んだり、考え込み過ぎるなど悶々として目がさえて眠れないときにもお勧めです。
漢方薬

こども(小児)におすすめの漢方薬はどのようなものがあるの?

漢方薬は基本的には年齢に関係なく使用できます。体の症状だけではなく、こころの症状にも漢方薬は効果が期待できるのです。こども(小児)には、お薬の味も含め飲んでもらうためには工夫も必要なことも多いですが飲めればきちんと効果が期待できます。
漢方薬

「風邪ひいたかな」と思った時には漢方薬が最適解!

風邪かなって思ったらまずはためらわずに漢方薬を飲みましょう!自分に合っているかどうか分からない・風邪なのか分からないから飲まないよりは、違ってもいいから飲んでみてください!短期間の服用では漢方薬はまず副作用はおこりません。
漢方薬

体が丈夫な人の体調不良におすすめの漢方薬【大柴胡湯(だいさいことう)】

体が丈夫で体力があるひとの様々な体調不良におすすめの漢方薬が『大柴胡湯(だいさいことう)』です。悸肋部(きろくぶ)と言われる腹部の肋骨に近接している(肋骨の真下)あたりに張りや痛みつまり感があるような場合に使用すると良いと言われています。
漢方薬

慢性の下痢・冷え性におすすめの漢方薬【真武湯(しんぶとう)】

冷え性の虚弱体質のひとの慢性の下痢におすすめの漢方薬が『真武湯(しんぶとう)』です。下痢は、「鶏鳴瀉」と呼ばれ起床時の朝に起こるものが特徴です。体内の水分の異常による浮腫み、めまいなどにも効果があります。原典の「傷寒論」では、『玄武湯』という名称で呼ばれていたようです。
漢方薬

過敏性腸症候群(IBS)におすすめの漢方薬【桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)】

過敏性腸症候群(IBS)の第一選択薬としておすすめの漢方薬が『桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)』です。腹痛や下痢などに使用されます。下痢は、「しぶり腹(裏急後重)」といわれ排便してもすっきりしないような場合によいとされています。
漢方薬

頭部の皮膚症状におすすめの漢方薬【治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)】

乳幼児や小児の頭部の皮膚症状におすすめの漢方薬が『治頭瘡一方(ぢづそういっぽう)』です。皮膚症状は、かゆみや分泌物が多いじゅくじゅくした状態に適しています。もちろん、成人にも使用できます。頭部の脂漏性湿疹やアトピーに効果が期待できる漢方薬です。
漢方薬

化膿している皮膚炎におすすめの漢方薬【排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)】

化膿性の皮膚疾患(軽症または初期)におすすめの漢方薬『排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)』です。軽症または初期に使用されることが多いですが、痛みは無くなってきたが排膿が続くようなときに使用してもよいとされています。『排膿散及湯』はニキビにもよく使用される漢方薬ですが、化膿しているような場合に効果的です。
漢方薬

漢方薬の勉強を始めようと思ったときに!おすすめの本を厳選紹介!

漢方薬の勉強を始めようと思ったときに、独学するにあたって役立ったおすすめの「漢方薬に関する書籍」を紹介してみようと思います。書籍は、いろいろな知恵やヒントを与えてくれますので、スキマ時間などにちょっとでも読んでみると何か変化が起こるかもしれません。
漢方薬

下腹部痛・生理痛におすすめの漢方薬【当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)】

下腹部痛をともなう生理痛・産後の腹部症状・過敏性腸症候群・痔核におすすめの漢方薬『当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)』です。そのほか、『尋常性白斑(白なまず)』に対して『当帰建中湯』が効果があったという事例が発表されていました。
漢方薬

風邪におすすめの漢方薬【桂枝湯(けいしとう)】

体質的に虚弱体質の風邪のひき初めにおすすめの漢方薬が『桂枝湯(けいしとう)』です。体力がない、胃腸が弱い、日頃から疲れやすくかぜをひきやすいなどが使用の目安になります。風邪に使用される漢方薬は多岐にわたり、体質・ひき初め・ひき終わりなど経過によっても様々です。
漢方薬

慢性湿疹や慢性扁桃炎におすすめの漢方薬【柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)】

癇の強い(神経質)な若年者の慢性湿疹や慢性扁桃炎におすすめの漢方薬が『柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)』です。小児に使用されることが多いですが、成人に使用しても全く問題はありません。「解毒証体質」といわれる感染症にかかりやすい体質に使用される漢方薬で、明治後期から昭和初期にかけて活躍した「森道伯」がつくった方剤になります。
漢方薬

皮膚が化膿しているときにおすすめの漢方薬【十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)】

おできや、化膿を繰り返すにきび、水虫などにおすすめの漢方薬が『十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)』です。患部が「ジュクジュクしていない」ときに使用されることが多い漢方薬です。江戸時代の外科医、「華岡青洲」によって日本で創製された漢方薬です。10種類の生薬で毒素を取り除くということから「十味敗毒湯」と名づけられたようです。
漢方薬

アトピー性皮膚炎・体力低下・疲労倦怠感におすすめの漢方薬【黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)】

体力が低下していて、疲労倦怠感が強い時におすすめの漢方薬が『黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)』です。アトピーなどの皮膚症状や、虚弱体質の体質改善に使用されます。子どもの「アトピー性皮膚炎」の体質改善には、『桂枝加黄耆湯』または『黄耆建中湯』がよく使われます。
漢方薬

食欲不振・胃腸の不調におすすめの漢方薬【四君子湯(しくんしとう)】

気力体力が低下して、食欲不振・胃腸の不調が出ているひとにおすすめの漢方薬が『四君子湯(しくんしとう)』です。『四君子湯』は、『六君子湯』より胃腸機能が低下して、体力が弱った方に使用することが多い方剤です。
タイトルとURLをコピーしました