漢方薬

漢方薬

ダイエット・肥満解消に一番効く漢方薬は本当はどれ?それぞれの特徴や注意点を漢方好きな薬剤師が解説!【防已黄耆湯・大柴胡湯・防風通聖散】

漢方好きの薬剤師が ”ダイエット・肥満解消に使われている漢方薬” について解説!
漢方薬

加齢に伴う排尿障害、足腰の弱りにおすすめの漢方薬【六味丸(ろくみがん)】

加齢に伴う排尿障害、足腰の機能低下、皮膚のかゆみにおすすめの漢方薬が『六味丸(ろくみがん)』です。熱感を訴える場合やや暑がりの人に使用されることが多い漢方薬です。
漢方薬

蕁麻疹・二日酔いにおすすめの漢方薬【茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)】

蕁麻疹・二日酔い・肝機能障害におすすめの漢方薬が『茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)』です。下痢や浮腫みの傾向がある場合が使用の目安になります。
漢方薬

漢方薬に含まれている ”生薬” で危険なものはあるの?【漢方薬には副作用はある⁉】

漢方薬は植物の葉、茎、根などや鉱物、動物のなかで薬効があるとされる一部分を加工したものである ”生薬” と呼ばれるものの組み合わせです。副作用の面でも西洋薬と比べると程度・頻度ともに少ないでが”副作用がゼロ” ではありません。
漢方薬

消化不良で胃もたれするような時におすすめの漢方薬【平胃散(へいいさん)】

消化不良があり胃がもたれたり、胸やけ、ゲップがよく出るような場合におすすめの漢方薬が『平胃散(へいいさん)』です。食べ過ぎたりして、食後にお腹が鳴って緩くなっている様な場合にもおすすめです。
漢方薬

つらい歯の痛みにおすすめの漢方薬【立効散(りっこうさん)】

虫歯・抜歯などを含めたつらい歯の痛みにおすすめの漢方薬が『立効散(りっこうさん)』です。その他、口の中の腫れや痛みにも効果が期待できます。
漢方薬

腰まわりの冷えや痛みにおすすめの漢方薬【苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)】

体力が無く、腰まわりが冷えて痛みがある人におすすめの漢方薬が『苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)』です。腰痛・腰まわりの冷え・坐骨神経痛などに使用されています。
漢方薬

泌尿器系の症状におすすめの漢方薬【竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)】

排尿痛、残尿感、尿の濁り、こしけなど泌尿器・生殖器系の様々な症状におすすめの漢方薬が『竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)』です。外陰部のかゆみや湿疹などのも使用されています。
漢方薬

イライラ・不眠におすすめの漢方薬【抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)】

イライラ・不眠・神経症におすすめの漢方薬『抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)』です。構成生薬では『抑肝散』に「陳皮」と「半夏」が加えられており、胃腸が弱い人向けです。
漢方薬

神経過敏な人の体調不良におすすめの漢方薬【柴胡桂枝乾姜湯⑪(さいこけいしかんきょうとう)】

虚弱体質で、神経過敏なひとの様々な体調不良におすすめの漢方薬が『柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)』です。呼吸器症状からメンタル症状まで守備範囲が広い漢方薬です。「多汗症」といわれる状態でも、首から上の汗が多い方に使用される漢方薬です。
漢方薬

湿疹などの痒みにおすすめの漢方薬【消風散㉒(しょうふうさん)】

分泌物が多くて患部がじゅくじゅくして、痒みの強い慢性の皮膚疾患におすすめの漢方薬が『消風散(しょうふうさん)』です。水虫による皮膚症状の改善にも期待が出来ます。
漢方薬

関節痛・筋肉痛におすすめの漢方薬【薏苡仁湯(よくいにんとう)】

つらい関節痛・筋肉痛におすすめの漢方薬が『薏苡仁湯(よくいにんとう)』です。関節リウマチなどの慢性の関節痛で軽症の場合に使用されています。
漢方薬

関節痛・筋肉痛など痛みがつらい時におすすめの漢方薬【麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)】

関節痛・筋肉痛・神経痛など、つらい痛みで悩んでいる場合におすすめの漢方薬が『麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)』です。その他、いぼ(尋常性疣贅)や手湿疹(進行性指掌角皮症)などにも有効であると言われています。
漢方薬

扁桃炎・上気道炎におすすめの漢方薬【小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)】

扁桃炎や上気道炎・上咽頭炎などにおすすめの漢方薬が『小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)』です。
漢方薬

関節痛・神経痛におすすめの漢方薬【桂枝加朮附湯⑱(けいしかじゅつぶとう)】

胃腸が弱く、体質的に虚弱傾向のひとで関節痛・神経痛・しびれ感がある場合におすすめの漢方薬が『桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)』です。
タイトルとURLをコピーしました