漢方薬

漢方薬

体力があり、肥満体質の便秘におすすめの漢方薬【大承気湯(だいじょうきとう)】

体力があり、常にお腹が張っている常習便秘のひとにおすすめの漢方薬が『大承気湯(だいじょうきとう)』です。生薬構成は、「大黄」「芒硝」が含まれており、便秘に対しての作用は強めです。『多汗症』にも使用されることもあります。
漢方薬

胃の痛み・不快感におすすめの漢方薬【安中散(あんちゅうさん)】

みぞおち付近に起こる胃の痛み・不快感におすすめの漢方薬が『安中散(あんちゅうさん)』です。『安中散』が使用される目安に、胃の症状は、空腹時に症状が出やすい傾向があり、ストレスに影響されやすいような状態があります。
漢方薬

慢性閉塞性肺疾患などによる咳・痰におすすめの漢方薬【滋陰至宝湯(じいんしほうとう)】

慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性気管支炎などで、咳や痰がつらいひとにおすすめの漢方薬が『滋陰至宝湯(じいんしほうとう)』です。やせ型の虚弱体質のひとに使用されることが多い方剤です。ドライマウス、舌痛症、口腔異常感症などの症状が改善されたという報告もあがっています
漢方薬

ストレスなどによる胃炎におすすめの漢方薬【四逆散(しぎゃくさん)】

ストレスや精神的緊張などによる不快な胃腸症状(みぞおちがつかえたり、胃やお腹がキリキリ痛む)におすすめの漢方薬が『四逆散(しぎゃくさん)』です。大阪大学は、2020年3月6日に漢方薬である『四逆散』が、オートファジーの活性を抑えることを見出し、その機構を明らかにしたと発表しました。
漢方薬

胃腸の調子がすっきりしない人におすすめの漢方薬【人参湯(にんじんとう)】

なんとなく胃腸の具合がよくない、食欲がない、体力が低下した人などにおすすめの漢方薬が『人参湯(にんじんとう)』です。生唾が溜まるようなときに使用することがあります。
漢方薬

副鼻腔炎におすすめの漢方薬【葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)】

副鼻腔炎や鼻炎におすすめの漢方薬が『葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)』です。風邪をひいた後の鼻づまりや・鼻水に効果が認められています。透明で水っぽい鼻水が出るようなときが目安です。
漢方薬

「医療用漢方エキス製剤(=エキス剤)」と「煎じ薬」との違いとは?

漢方薬には、いくつかのタイプ(剤型)がありますが、その中で代表的なものが『煎じ薬』と『エキス剤』です。そのタイプ(剤型)についてどのような違いがあるのか解説していきたいと思います。インターネットでも対応できる「煎じ薬」取り扱い漢方薬局を紹介!
漢方薬

クーラー病・冷え性におすすめの漢方薬【五積散(ごしゃくさん)】

クーラーのかけ過ぎや寒冷など、生活や職場の環境または気象の変化によって、体が冷えて神経痛・関節痛などの痛みが出たり、体の冷え、肩こり、疲労感、便秘、腰痛、手足のむくみ、肌あれ、睡眠不足、生理痛、月経不順、頭痛、めまい、のぼせ、だるさなど自律神経失調症におすすめの漢方薬が『五積散(ごしゃくさん)』です。
漢方薬

インフルエンザ・かぜにおすすめの漢方薬【麻黄湯(まおうとう)】

急性発熱性疾患(インフルエンザ・かぜ)の「初期」に、おすすめの漢方薬が『麻黄湯(まおうとう)』です。寒気・悪寒戦慄があり、まだ汗が出ていない様なときに使用すると効果的です。オリンピックなどで、時折耳にするようになった「ドーピング問題」ですが、アスリートが風邪の対応に服用した漢方薬が原因となり、ドーピング検査で陽性反応が出たという事例が起きています。
漢方薬

慢性閉塞性肺疾患(COPD)におすすめの漢方薬【清肺湯(せいはいとう)】

痰が切れにくく咳が続いているような慢性閉塞性肺疾患(COPD)におすすめの漢方薬が『清肺湯(せいはいとう)』です。COPDの最大の原因は喫煙であり、喫煙者の15~20%がCOPDを発症します。治療によっても元に戻ることはありません。
漢方薬

動悸・息切れにおすすめの漢方薬【炙甘草湯(しゃかんぞうとう)】

慢性疲労状態で、動悸・息切れがあるひとにおすすめの漢方薬が『炙甘草湯(しゃかんぞうとう)』です。循環器科で検査したけれど異常は認められないのに、心臓がドキドキしたり、息切れするといった症状が強い人に適しています。精神の安定にも関わる生薬も配合されています。
漢方薬

咳をすると胸が痛くなるひとにおすすめの漢方薬【柴陥湯(さいかんとう)】

咳をすると胸が痛くなるようなときにおすすめの漢方薬が『柴陥湯(さいかんとう)』です。咳をすると胸が痛いような場合は、炎症が強い状態であることが多いため、抗菌剤との併用など西洋医学的治療の補助的な位置となることが多くなります。
漢方薬

便秘におすすめの漢方薬【調胃承気湯(ちょういじょうきとう)】

 体質・体格を問わずに便秘に幅広く使えるおすすめの漢方薬が『調胃承気湯(ちょういじょうきとう)』です。  『大黄甘草湯』は、中等症以下の便秘に用いられることが多い漢方薬ですが、これに「芒硝(ボウショウ)」を加えたものが『調胃承気湯』...
漢方薬

手足のほてり・ジリジリ感などの不快感におすすめの漢方薬【三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)】

手のひらや足の底がほてって不快な感じがつらいときにおすすめの漢方薬が『三物黄芩湯(さんもつおうごんとう)』です。更年期障害・自律神経失調症・慢性湿疹・掌蹠膿疱症などにも使用されることがあります。『レストレスレッグス症候群(むずむず脚症候群)』も効果期待!
漢方薬

鼻づまり・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの漢方薬【辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)】

鼻づまり・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの漢方薬が『辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)』です。副鼻腔炎は、なかなかスッキリ治らないことも多い病気ですね!慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの薬膳・飲み物を合わせて紹介!
タイトルとURLをコピーしました