つらい関節痛、神経痛におすすめの漢方薬【桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)】

桂枝加苓朮附湯

体をあたため、痛みを和らげる漢方薬が『桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう)』です。

関節痛や神経痛、冷えによる痛み、手足のしびれやこわばりに効果があります。

冷え症で、体力のあまりない人におすすめの漢方薬です。

【桂枝加苓朮附湯】の生薬構成(クラシエ)

桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、日局ブシ末

【桂枝加苓朮附湯】の効能効果(クラシエ)

関節痛、神経痛

【桂枝加苓朮附湯】の特徴・説明

  • 『桂枝加苓朮附湯』は、江戸時代の著名な医者・吉益東洞(ヨシマストウドウ)が著した医書「方機(ホウキ)」に収載されている薬方です。

  • 手足が冷える方の関節痛、神経痛に効果があります。

【桂枝加苓朮附湯】のクリニカルパール

クリニカルパール( Clinical pearl )とは、経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

竹越哲夫Dr
竹越哲夫Dr

急性低音障害型感音難聴(ALHL)は低血圧による蝸牛頂の低音担当細胞の循環不全と考えられます。

また、肩こり関連性めまいはALHL+H-VBIによって起きていると考えています。※椎骨脳底動脈循環不全(VBI)

椎骨脳底動脈循環不全(VBI)は低血圧や交感神経の過緊張によって引き起こされているのです。

処方は次のようになります!

  • 急性低音障害型感音難聴(ALHL)⇒『補中益気湯』
  • 肩こり関連性めまい⇒『桂枝加苓朮附湯』+『釣藤散』・『補中益気湯』

(引用:明解!西洋医学で耳鼻科漢方)

のんびり太郎
のんびり太郎

詳しくはこちらを参考にしてください!

竹越哲夫Dr
竹越哲夫Dr

『桂枝加苓朮附湯』の特徴は次の通りです!

  • 肩こりを改善する

  • 脳血流を改善する

  • 『真武湯・桂枝湯』骨格を含んでおり、体を賦活化する作用がある

  • めまいを改善する

  • 精神安定作用がある

これらを総称するならば『桂枝加苓朮附湯』は ”総合眩暈(めまい)薬” ということが出来ます。

(引用:漢方.jp)

【桂枝加苓朮附湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。
「痛み」に使用される漢方薬!

コメント

スポンサーリンク

PAWDEA
タイトルとURLをコピーしました