イライラ・焦りや認知症におけるBPSDにおすすめの漢方薬【抑肝散(よくかんさん)】

イライラ・焦りにおすすめの漢方薬【抑肝散】 漢方薬

 イライラしたり、焦りが強いひとにおすすめの漢方薬が『抑肝散(よくかんさん)』です。古典では、小児の夜泣き・ひきつけによく効くという記載があります。

 イライラでも、傾向として「攻撃的なとき」や「すぐにカッとなるようなとき」に用いると効果のある漢方薬です。

 また、認知症における行動・心理症状(BPSD)の改善に使用されることが多い漢方薬です。

ハルくん
ハルくん

認知症は本人もつらいけど、進行してくると家族などの周りのひともつらいよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

そうだよね。夜中に大声を出したりとか、暴力を振るうようになってくると大変だよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

そんな、症状を改善する【抑肝散】という漢方薬があるので紹介してみるね!

スポンサーリンク

認知症における行動・心理症状(BPSD)とは

 行動・心理症状は、周囲の不適切なケアや身体の不調や不快、ストレスや不安などの心理状態が原因となって現れる症状です。

 例えば、「怒りっぽくなる」「妄想がある」「意欲がなくなり元気がない」「一人でウロウロと歩き回る」「興奮したり、暴言や暴力が見られる」などの症状のことを言います。

出典:認知症ねっと

【抑肝散】の生薬構成

 当帰(トウキ)、 釣藤鈎(チョウトウコウ)、川芎(センキュウ)、蒼朮(ソウジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)

【抑肝散】の効能効果

 神経症、不眠症、小児夜なき、疳の虫

「イライラ」におすすめの漢方薬!

【抑肝散】の特徴・説明

  • 名前の由来は「肝を抑える」ということですが、中医学でいう「肝」は、解剖学的な肝臓という意味ではなく、古人が色々な説明をするために体系づけられたものです。           「肝」の主なはたらきは、「気・血(けつ)・津液(しんえき)」の巡りをコントロールすることです。                                           特に、気と血の巡りに強く関係しています。「肝」は、精神的なストレスの悪影響を受けやすい臓です。
    ちなみに、中医学で表現される、五臓の「肝・心・脾・肺・腎」も同様に、古人が色々な説明をするために体系づけられたものと考えるとわかりやすいと思います。
  • イライラに使用する漢方薬の一つに『加味逍遥散』がありますが、選択する際の目安として、抑肝散は「攻撃的・易怒性」を目標に、加味逍遥散は「抑うつ的・心気症」を目標にします。   
  • 近年では、認知症による暴力的行動・徘徊・神経過敏などの症状を低減させることを目的に使用されることも多くなってきています。                                                    
のんびり太郎
のんびり太郎

ただし、『抑肝散』は、認知症の原因である脳自体の萎縮などを改善させるというわけでは無く、認知症による困った症状を改善する薬と理解してもらえると良いと思います。

  • なかなか治らない「難治性の痛み」にも効果が認められています。                                                      最近では、ペインクリニックなどでも使用されることが多くなっています。眠くならない神経系の鎮痛補助剤として重宝されています。
  • むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)」にも効果が認められています。
ハルくん
ハルくん

『むずむず脚症候群』ってどんな病気なの?ネーミングはインパクトがあるよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

『むずむず脚症候群』は名前の通りで、脚に「むずむずする」などの不快感が起こる病気のことを言います。また『レストレスレッグス症候群』と呼ばれることもあります。

のんびり太郎
のんびり太郎

『むずむず脚症候群』の特徴として次の4つ症状が代表的です。

出典:NHK健康ch
  • 『抑肝散』に「芍薬」を加味することで作用増強を期待できます。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘くて渋いです。

【抑肝散】のエビデンス

 エビデンスとは、科学的根拠、つまり実験や調査などの研究結果から導かれた「裏付け」があることを指します。

  • 認知症における行動・心理症状(BPSD)の改善効果

【抑肝散】の認知症における行動・心理症状(BPSD)の改善効果の作用機序

 『抑肝散』は、グルタミン酸神経系、セロトニン神経系に作用して、神経細胞の過剰興奮を抑制し症状を改善しています。

【抑肝散】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【抑肝散】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました