体が弱い小児の体質改善におすすめの漢方薬【小建中湯(しょうけんちゅうとう)】

小建中湯 漢方薬

虚弱児で、腹痛などのお腹の症状がよく起きる場合に、おすすめの漢方薬が『小建中湯(しょうけんちゅうとう)』です。

『小建中湯』は体質改善を目標に使用されます。

ハルくん
ハルくん

食も細くて、すぐに体調を壊してしまう子供に何か良い漢方薬はあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

そうですね。

子供の頃は病気がちな友達が必ず数名はいたと思います。

のんびり太郎
のんびり太郎

そんな時におすすめの漢方薬が『小建中湯』なのです。

体質改善を目的とした漢方薬なので気長に服用して欲しいですね!
今回は『小建中湯』について解説してみますね!

【小建中湯】の生薬構成(ツムラ)

芍薬(シャクヤク)、 桂皮(ケイヒ)、 大棗(タイソウ)、 甘草(カンゾウ)、 生姜(ショウキョウ)、膠飴(コウイ)

【小建中湯】の効能効果(ツムラ)

小児虚弱体質、疲労倦怠、神経質、慢性胃腸炎、小児夜尿症、夜なき

【小建中湯】の特徴・説明

  • 『小建中湯』は胃腸虚弱で、やせ型の元気がない小児に使用されることが多い方剤です。
  • 『小建中湯』は方剤的には、腹痛などに使用される『桂枝加芍薬湯』「膠飴」という生薬を加えたものになります。
    「膠飴」とはデンプンを糖化したもので「マルトース・グルコース」などが主な成分です。
  • 『小建中湯』は年齢を問わず、過敏性腸症候群や全身倦怠感の改善などに使用されます。
  • 『小建中湯』は胃腸を意味する ”中を建て直す” 薬であり ”建中湯類” の一つです。
  • 腹診では ”腹直筋攣急(ふくちょくきんれんきゅう)” ”腹皮拘急(ふくひこうきゅう)” と呼ばれ腹直筋が棒状に過緊張するものが認められることが『小建中湯』を使用する際の目安になります。
    これは ”虚弱や虚労” の所見となります。
  • 『小建中湯』の味は表現法が難しいですが、甘くてわずかに辛いです。

『建中湯類』とはどのようなものなの?

漢方薬は基本骨格となる生薬の組み合わせがあって、そこにいくつかの生薬を加えることで効果や性格が変化していきます。

『桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)』という腹痛・しぶり腹に使用する漢方薬に、様々な生薬を加えることで出来る漢方薬が『建中湯類』と呼ばれます。

『桂枝加芍薬湯』は『桂枝湯』と使用している生薬構成は同じなのですが、「芍薬」の量だけを1.5倍にしたものなのです。

のんびり太郎
のんびり太郎

「芍薬」だけが1.5倍に増量されただけなのに風邪に使用されていた『桂枝湯』という漢方薬が、一瞬で腹痛・しぶり腹に使用する『桂枝加芍薬湯』という漢方薬に早変わりしてしまいます。

こんなことは西洋薬では考えられないですよね!

面白いですね!

さらに『桂枝加芍薬湯』に「膠飴(こうい)」という生薬を加えると『小建中湯』になります。

さらに『小建中湯』に「当帰(とうき)」を加えると『当帰建中湯便が(とうきけんちゅうとう)』になります。

また、『小建中湯』に「黄耆(おうぎ)」を加えると『黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)』になり、「黄耆」を加えることで補気作用がアップするため、気虚症状が強い場合に使用されます。

『桂枝加芍薬湯』に「大黄(だいおう)」を加えると『桂枝加芍薬大黄湯』となり、下剤を使用するとお腹が痛くなるようなひとの便秘に使用する漢方薬になります。

便が細く切れ切れでスッキリした排便感が得られないような場合のけいれん性の便秘に『桂枝加芍薬大黄湯』を使用するとよいとされています。

これが漢方薬の面白さであり、醍醐味なのかもしれませんね!

東洋医学的な「腹診」とは

腹診とは、「四診」の中では「切診」に含まれる診察方法です。

漢方の古典『傷寒論』にも一部その記載があるようですが、日本では、江戸時代の漢方医によって診断方法が構築されました。

西洋医学的な腹部の診察では膝を曲げて横になるのですが、これは腹部の筋肉の緊張を少なくして、腹部の内臓を触知しやすくするためです。

一方、漢方では腹部の筋肉の緊張状態も大事な所見となりますので、膝は伸ばしたまま診察します。

         引用:日本東洋医学会

【小建中湯】のクリニカルパール

クリニカルパール( Clinical pearl )とは、経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

千福貞博先生
千福貞博先生

『小建中湯』に含まれている生薬「膠飴」がプレバイオティクスの働きを担って腸内細菌を改善し ”アトピー性皮膚炎” にも効果が期待できます。

(引用:漢方.jp)

大塚敬節Dr
大塚敬節Dr

身体が弱くて顔色が悪い子供でよく鼻血を出すような場合には『小建中湯』が良い場合があります。

(引用:金匱要略講話)

松田邦夫Dr
松田邦夫Dr

『小建中湯』を使用する際の目安は次の通りです!

  • 疲労倦怠感が強い。
  • 腹痛がある。
  • 腹証に ”二本棒(腹直筋が二本の棒のように突っ張っている感じ)” 、または ”蛙腹(お腹全体がブヨブヨしていてガスでお腹が張っている感じ)” が認められる。
  • 動悸・心悸亢進がある。
  • 小児の場合、朝食の途中で便意を催したり、登校の途中で便意を催すような場合。

(引用:漢方.jp)

『小建中湯』は中医学的には ”脾虚あるいは気血不足の腹痛” ”虚弱者や小児の感冒” に使用する漢方薬です。

『小建中湯』の中医学的な効能は ”緩急止痛” ”温中補虚” です。

『小建中湯』に含まれている「膠飴」は餅米・粳米・小麦粉に麦芽を加えて作られた飴で、滋養強壮と健胃作用があります。

しかし、とても甘いために多量に服用すると腹部膨満感や吐き気が出てしまいます。

(引用:がんじゅうふぁみりー)

【小建中湯】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【小建中湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました