咳が長引いて眠れないときにおすすめの漢方薬【竹筎温胆湯(ちくじょうんたんとう)】

咳が長引いて眠れないときにおすすめの漢方薬【竹筎温胆湯】 漢方薬

 風邪や、インフルエンザ、気管支炎などにかかった後、咳だけが長引いて眠れないようなときにおすすめの漢方薬が『竹筎温胆湯(ちくじょうんたんとう)』です。

ハルくん
ハルくん

 風邪をひいてから、咳がずっと続いているんだ。特に眠ろうとして横になると咳が出だして眠れないんだよ。

のんびり太郎
のんびり太郎

 それは、つらいよね。

 そんな時におすすめの漢方薬が【竹筎温胆湯】なんだよ。今回は、この漢方薬について解説してみるね!

風邪とインフルエンザの違いとは?

 一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

 一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。

 お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では二次性の肺炎を伴う等、重症になることがあります。

(引用:厚生労働省ホームページ

【竹筎温胆湯】の生薬構成

柴胡(サイコ)、竹筎(チクジョ)、茯苓(ブクリョウ)、麦門冬(バクモンドウ)、陳皮(チンピ)、枳実(キジツ)、黄連(オウレン)、甘草(カンゾウ)、半夏(ハンゲ)、香附子(コウブシ)、生姜(ショウキョウ)、桔梗(キキョウ)、人参(ニンジン)

【竹筎温胆湯】の効能効果

 インフルエンザ、風邪、肺炎などの回復期に熱が長びいたり、また平熱になっても、気分がさっぱりせず、せきや痰が多くて安眠が出来ないもの

「乾性咳嗽(空咳)」に使用される漢方薬
「湿性咳嗽(痰が絡む咳)」に使用される漢方薬

【竹筎温胆湯】の特徴・説明

  • 切れにくい痰が出て、咳き込む場合が使用の目安になります。「麻黄」が含まれないために、同様の症状のときに使用される『麻杏甘石湯』『五虎湯』などで胃腸障害が出やすいひとに使用するとよいです。
  • 不眠を伴う場合に使用されますが、単なる睡眠剤のように眠気を催すような作用は期待できません。「胆」が冷えると眠れないと考えられていたため、「胆」を温める作用があるというのが「温胆湯」の由来のようです。ちなみに「胆」は現在使用されている「胆嚢」とは異なる概念です。
  • 味は表現法が難しいですが、渋いです。

【竹筎温胆湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【竹筎温胆湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました