めまい・月経前症候群(PMS)におすすめの漢方薬【半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)】

めまいにおすすめの漢方薬【半夏白朮天麻湯】 漢方薬
めまい・月経前症候群(PMS)におすすめの漢方薬【半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)】

 胃腸の弱いひとの「めまい・頭痛」におすすめの漢方薬が『半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)』です。

 起立性調節障害による低血圧なども効果があります。また、月経前症候群(PMS)にも効果が認められることもあります。

ハルくん
ハルくん

「半夏白朮天麻湯」は、自律神経失調症や更年期障害などの女性に起こるつらい症状を緩和してくれる漢方薬のひとつだよ!

のんびり太郎
のんびり太郎

もちろん、女性だけでなく男性にも使用できます。「めまいや頭痛」がつらい時などには試してみるといいですよ。

スポンサーリンク

月経前症候群(PMS)とは

 月経前症候群(PMS)とは、月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます

月経前症候群(PMS)の原因とは

 月経前症候群(PMS)の原因ははっきりとはわかっていませんが、女性ホルモンの変動が関わっていると考えられています。

 排卵のリズムがある女性の場合、排卵から月経までの期間(黄体期)にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌されます。

 この黄体期の後半に卵胞ホルモンと黄体ホルモンが急激に低下し、脳内のホルモンや神経伝達物質の異常を引き起こすことが、PMSの原因と考えられています。

 しかし、脳内のホルモンや神経伝達物質はストレスなどの影響を受けるため、PMSは女性ホルモンの低下だけが原因ではなく多くの要因から起こるといわれています。

月経前症候群(PMS)の症状とは

 月経前症候群(PMS)の精神神経症状として情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振・過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがあります。

 とくに精神状態が強い場合には、月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder : PMDD)の場合もあります。

                           (引用:日本産科婦人科学会

スポンサーリンク

【半夏白朮天麻湯】の生薬構成

半夏(ハンゲ)、白朮(ビャクジュツ)、陳皮(チンピ)、茯苓(ブクリョウ)、麦芽(バクガ)、天麻(テンマ)、生姜(ショウキョウ)、黄耆(オウギ)、人参(ニンジン)、沢瀉(タクシャ)、黄柏(オウバク)、乾姜(カンキョウ)

【半夏白朮天麻湯】の効能効果

 胃腸虚弱で下肢が冷え、めまい、頭痛などがある者

「めまい」に使用される漢方薬

【半夏白朮天麻湯】の特徴・説明

  • 漢方的には「痰飲(たんいん)」といわれる、水毒体質で手足が冷えるような場合に使用されます。                                                                           簡単に言うと、胃下垂などでお腹をゆらすとポチャポチャと聞こえるような場合です。漢方的には「水毒」、すなわち、水分代謝が悪いことで、めまいが起きると考えます。
  • めまいは、フワフワとするような場合や、グルグル回るよな場合のどちらにも使用できます。
  • 生薬構成として、「沢瀉」がめまいに、「天麻」が頭痛によいとされています。
  • 『参耆剤』と呼ばれる補剤の代表的方剤です。参耆剤とは生薬の「人参」と「黄耆」を一緒に含む方剤の一群を指します。人参の効能は健胃・強壮強精、黄耆は止汗・利尿・強壮です。
  • 味は表現法が難しいですが、苦いです。

【半夏白朮天麻湯】のクリニカルパール(Clinical pearl)を紹介!

 クリニカルパール(Clinical pearl)とは、経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

江川美保先生
江川美保先生

月経前症候群(PMS)、月経前不快気分障害(premenstrual dyspholic disorder : PMDD)に対して、三大婦人科系漢方薬(当帰芍薬散加味逍遥散桂枝茯苓丸)が効果がないような時に使用すると劇的に症状が改善する可能性があります。

            (参考:江川美保先生 京都大学医学部付属病院 産婦人科医2021年現在)

京大病院産科婦人科/江川美保先生ってどんな医師?

 2010年春に京大病院産科婦人科において「ヘルスケア」の専門外来を開設し、以来思春期から老年期まであらゆる年代の女性に寄り添う診療を行っておられる医師です。

 科学的根拠にもとづいた「婦人科的ホルモン療法」や「こころとからだの症状にも、漢方療法も取り入れた心身一如の治療」など患者さんの悩みを一緒に解決してくれる医師です。

 京大病院産科婦人科/江川美保先生は、【産婦人科医師によるカウンセリング】というホームページを作成されており、「女性のこころとからだに関する悩みや心配に幅広く対応する自由診療」も行っておられます。

のんびり太郎
のんびり太郎

ひとりで悩まずに一度アクセスしてみることをお勧めします!

月経前の悩みに寄り添う会とは

 江川美保先生がTwitterにて、月経前の悩みに寄り添う会〜 PMS/PMDD/PMEのみかた〜 」を立ち上げられています。つらい症状に困っている方は、ぜひ参照してみてください!

【半夏白朮天麻湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました