コロナうつ おすすめの予防法【瞑想編】

コロナうつ おすすめの予防法【瞑想編】 メンタル疾患

 昨今、「ミランダ・カー」「スティーブ・ジョブズ」などの著名人や「グーグル」や「インテル」など欧米の大手企業、シリコンバレーの大手IT企業の「Apple(アップル)」がこぞって社員研修に取り入れていることで話題になった『瞑想』ですが、今回は瞑想の驚くべき様々な効果を深掘りしたいと思います。

 世界中で蔓延しているコロナ禍のなかでは、メンタル・身体に不調を感じていることも多いと思います。そんな「コロナうつ」の予防には『瞑想』がおすすめなのです。

ハルくん
ハルくん

『瞑想』『マインドフルネス』は、未経験なんだけど、おすすめの指南書はあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

 自分の体験談としておすすめの書籍が、『1日10分で自分を浄化する方法 マインドフルネス瞑想入門』(著者:吉田 昌生)です。

 CDがついていて、「朝の瞑想」「日常生活の瞑想」「3分でできるミニ瞑想」「祈りの瞑想」「夜の瞑想」と区分されて、著者本人の穏やかな語りかけもあって初心者でも実践しやすかったよ。

のんびり太郎
のんびり太郎

自分は瞑想後、頭がすっきりした感じになりました。

吉田昌生
一般社団法人マインドフルネス瞑想協会代表の吉田昌生のチャンネルです。マインドフルネス瞑想の誘導やヨガ、仏教、心理学について解説しています。

瞑想(英: meditation、英: contemplation)とは

 瞑想とは、「心を静めるために何かに心を集中させること、心を静めて無心になること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすこと」です。 瞑想を行うことによって、深く自分を見つめ直すことができるようになります。

 今回紹介する『マインドフルネス瞑想』には、宗教的な要素はありません。

マインドフルネスの効果とは

  • ストレスが解消され心が穏やかになる
  • EQ(心の知能指数)が高まり、心が安定する
  • 眠りに質が上がる
  • 幸福感が高まる
  • 内面・外面ともに若々しく、美しくなる
  • 直感力・創造性が高まる
  • 頭が明晰になり、洞察力が高まる
  • 集中力が高まり、仕事・スポーツ・勉強などの効率があがる
  • ゆるぎない自信が育まれる

マインドフルネス瞑想のやりかた

 基本的には、姿勢を正して、ただ自分のしている「呼吸」に意識を向けるだけです。意識が呼吸からずれたことに気づいたら、注意を呼吸に戻していくことを繰り返すだけです。

 「今この瞬間」、自分の内側で起こっていることに100%注意を集中させて観察し続ける、脳のトレーニングです。毎日、少しづつでも続けることが大切です。時間は最初は3分でもいいです。とにかく続けてみましょう!

マインドフルネス瞑想と脳科学に関する論文を紹介

 MRI(磁気共鳴画像診断装置)を使った研究では、マインドフルネスを続けた人は、左海馬や側頭頭頂接合部において灰白質(かいはくしつ)の密度が増加したとされています。

 「左海馬」は、感情コントロールに関係し、うつやPTSD(心的外傷後ストレス障害)の人では小さくなっていることが知られている部位であり、「側頭頭頂接合部」は思いやりや共感に関わっている部位と言われています。

(参考文献:Holzel BK, et al., Mindfulness practice leads to increases in regional brain gray matter density, Psychiatry Res.:Neuroimaging 2011 Jan 30; 191(1): 3643.)

(※引用先:2016早稲田大学教授:越川房子)

定額で受け放題!オンラインヨガスタジオ【Olulu(オルル)】とは

 「ヨガ」とは、サンスクリット語で「つながり」という意味です。具体的には、心と体が繋がっている状態のことを表します。呼吸・姿勢・瞑想を組み合わせることで、心身の緊張をほぐし、心の安定とやすらぎを得ることができます。

  • OluluオンラインヨガOlulu-オルル- は、予約不要、定額受け放題のオンラインヨガスタジオです。 スマートフォンやパソコンを使って、スキマ時間にインストラクターと繋がってレッスンに参加できます。
  • マインドフルネス を意識したヨガ、カラダの内側から綺麗になるヨガ、メディテーションなどのレッスンを毎日開催。
  • 1ヶ月毎の定額制、月200以上のライブレッスンが予約不要で受け放題だからとっても便利!
  • 『コロナ禍』において、おすすめの「オンライン形態」です!

カラダとココロをととのえるオンラインヨガ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました