突然グルグル回るようなめまい・吐き気におすすめの漢方薬【苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)】

漢方薬

 ぐるぐる回るような回転性のめまいにおすすめの漢方薬が『苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)』です。

ハルくん
ハルくん

 耳の調子が悪いな~って思っていたら、突然グルグル回るようなめまいが起きたんだよね。びっくりしちゃった。

のんびり太郎
のんびり太郎

めまいには、グルグル回ったり、フワフワしたり色々な『めまい』があるんだよ。

のんびり太郎
のんびり太郎

原因も様々で、命にかかわる場合もあるので、早めの受診も大切です。

ただ、ほとんどの場合は耳の三半規管が原因だったり、自律神経の不調によるものなどなので、心配しすぎないで下さいね!

メニエール病とは

 『メニエール病』とは、蝸牛症状を伴う発作性のめまいを反覆する「内耳性めまい疾患」です。

 発作時はめまい・平衡障害のため就床を要し、悪心・嘔吐などの自律神経症状を伴うことが多いとされています。

 間歇期には正常に回復する例もあるが、発作を反覆すると聴力障害、前庭・半規管障害が不可逆となることもあります。発作間隔は数日から数年に及ぶものがあり症例により異なります。

「メニエール病」の診断基準とは
  1. 発作性の回転性(時に浮動性)めまいを反覆する。
  2. めまい発作に伴って変動する蝸牛症状(耳鳴・難聴)がある。
  3. 第8脳神経以外の神経症状がない。(※内耳神経と呼ばれ聴覚・平衡感覚を支配しているものが第8脳神経です)
  4. 原因を明らかにすることができない。

※1),2),3),4)が存在する時はメニエール病を疑う(90%)

(参考文献:日本めまい平衡医学会)

【苓桂朮甘湯】の生薬構成

 茯苓(ブクリョウ)、蒼朮(ソウジュツ)、桂皮(ケイヒ)、 甘草(カンゾウ)

【苓桂朮甘湯】の効能効果

 神経質、ノイローゼ、めまい、動悸、息切れ、頭痛

「めまい」に使用される漢方薬
  • 五苓散(ごれいさん):水分代謝の異常をともなうめまいに
  • 沢瀉湯(たくしゃとう):グルグル回るめまいに(回転性めまい)
  • 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう):起立性調節障害による立ちくらみに
  • 苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう):メニエル病や良性発作性頭位めまい症に!めまいの第一選択薬
  • 真武湯(しんぶとう):フワフワするようなめまいに(浮遊性めまい)

【苓桂朮甘湯】の特徴・説明

  • 回転性(メニエール病など)・発作性・頭位性のめまいに効果があります。
  • 構成生薬数は少なめの4種類で、即効性が期待できます。
  • 体質に関係なく、めまいなどの症状があれば服用して問題ありません。
  • 「痰飲(水毒)」、「気逆」によって起こるめまい・立ちくらみ・のぼせなどに用いられる方剤です。
  • 生薬構成面では、激しいのぼせや動悸に用いられる『桂枝甘草湯』に、水毒に用いられる茯苓・朮を加味したものです。
  • 味は表現法が難しいですが、甘いです。
  • 「気象病」は、気候や天気の変化が原因でおこるカラダの不調の総称で、頭痛やめまい、疲労感、関節痛、気持ちの落ち込み(うつ)、吐き気、喘息などさまざまな症状が出るのが特徴です。このようなときに、おすすめの漢方薬が『苓桂朮甘湯』です。

【苓桂朮甘湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【苓桂朮甘湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました