ストレスによる喉のつかえ感・違和感におすすめの漢方薬【半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)】

のどのつかえにおすすめの漢方薬【半夏厚朴湯】 漢方薬
何かのどにつかえ感があるけど、耳鼻科で検査してもらっても見た目には異常はないといわれたときにおすすめの漢方薬が『半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)』です。

 何かのどにつかえ感があるけど、耳鼻科で検査してもらっても見た目には異常はないといわれたときにおすすめの漢方薬が『半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)』です。

 「咽頭異常感症」「ヒステリー球」、中医学的には「梅核気(ばいかくき)」「咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)」ともいわれる状態です。原因の一つとしてメンタル系の異常が考えられています。

ハルくん
ハルくん

なんだかのどに違和感が続いているけど、耳鼻科で診てもらっても腫れたり、炎症などは起きていないと言われるんだよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

原因が分からないのどの違和感におすすめの漢方薬があるので紹介してみるね!

咽喉頭異常感症とは

 「喉がイガイガ、ザラザラする」「喉に何かがつかえている感じがする」「物が飲み込みにくい」など、喉に何らかの異常感を訴える症状のうち、さまざまな検査をしても特に原因のはっきりしないものを総称して『咽喉頭異常感症』といいます。

 ストレスによって喉の違和感が生じやすくなることがわかっていますが、詳細なメカニズムは明らかになっていません。

 ストレスをため込みやすいまじめな人、責任感が強い人、我慢強い人などが発症しやすいといわれています。

(参考資料:佼成病院 耳鼻咽喉科部長 中村 健大 先生)

【半夏厚朴湯】の生薬構成

 半夏(ハンゲ)、茯苓(ブクリョウ)、厚朴(コウボク)、蘇葉(ソヨウ)、生姜(ショウキョウ)

【半夏厚朴湯】の効能効果

 不安神経症、神経性胃炎、つわり、せき、しわがれ声、神経性食道狭窄症、不眠症

【半夏厚朴湯】の特徴・説明

  • 心身症・不安障害などメンタル症状を背景とした、のどの違和感・つかえ感を主訴とした場合に使用されます。※器質的(見ため)には異常がないのに、症状はしっかり現れている場合です。
  • 吐き気を伴う消化器症状にも効果があります。
  • 構成生薬からの面では、『小半夏加茯苓湯』という吐き気止めの方剤にメンタル系の症状を改善する「厚朴」「蘇葉」を加えたものです。
    ※「蘇葉」とはいわゆる「シソ」です。 
    ※「小半夏加茯苓湯」は妊婦の「つわり」にも効果があります。
  • なんとなく気分が乗らないようなときにも効果があります。
  • 味は表現法が難しいですが、甘くて辛い感じです。

【半夏厚朴湯】のエビデンスとは

 エビデンスとは、科学的根拠、つまり実験や調査などの研究結果から導かれた「裏付け」があることを指します。

  • 咳反射改善作用
  • 誤嚥性肺炎予防効果

【半夏厚朴湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました