夏バテで疲れが溜まったときにおすすめの漢方薬【清暑益気湯(せいしょえっきとう)】

夏バテにおすすめの漢方薬【清暑益気湯】 漢方薬

 異常気象と連日のように報道されるようになった昨今。マスク着用の推奨などコロナ禍も相まって夏バテしているひとは多いと思います。

 こんな時、おすすめの漢方薬が『清暑益気湯(せいしょえっきとう)』です。高温多湿によって起きる様々な身体症状を改善してくれます。暑い夏を元気に乗り切りましょう!

ハルくん
ハルくん

こんなに暑い日が続くと、食欲も落ちるし、疲れが取れなくなってくるよね⤵

のんびり太郎
のんびり太郎

「夏バテ」におすすめの漢方薬があるので、今回は『清暑益気湯(せいしょえっきとう)』について解説してみるね!

スポンサーリンク

夏バテとは

夏バテの原因とは

  • 体内の水分・ミネラル不足⇒脱水症状
  • 暑さによる食欲の低下⇒栄養不足
  • 暑さとエアコンによる冷えの繰り返し⇒自律神経失調症。

夏バテのおもな症状とは

  • よく眠れない
  • 食欲がなく体がだるい
  • めまいがあったり、息苦しいことがある

夏バテを予防する対策とは

  • こまめに水分補給をする:普通の生活においても毎日2.5Lの水分が身体から失われています。水分補給というとスポーツ飲料や経口補水液をイメージすることが多いと思いますが、スポーツ飲料は糖分が多く含まれており血糖値の急激な変化が起こり自律神経の乱れや糖尿病を招くことがありますので適度な補給をお勧めします。

    また、経口補水液には塩分が多めに含まれているため、ナトリウムの過剰摂取となり「血圧上昇・むくみ」などを招くとともあります。汗が滴ってくるよな環境でなければ、水分補給には水のみや麦茶などがお勧めです。
  • 温度差や体の冷やし過ぎに注意する:設定温度は28度くらい。外気温との温度差を5度以内にする
  • 睡眠をしっかりとる
  • 食事は栄養バランスを心がける。冷たいものをとりすぎないようにする。

夏場にも起きる「ヒートショック」とは

ヒートショック』と言えば、冬のイメージが強いと思いますが、意外にも夏場にも多いのです!

 冬場の場合は、暖房の効いた部屋から、トイレやお風呂場などの寒い部屋に移動した際に起こりやすいのですが、ヒートショックは、温度差によって生じるために夏場にも起こります。

 真夏の暑い屋外から冷房の効いた屋内に移動するときや、逆に冷房の効いた部屋から暑い屋外に移動するときの温度差で血圧が変動し、ヒートショックが起きてしまいます。

ヒートショック』が起きやすい条件とは!

10度以上の温度差がある場所は危険と考えられています

のんびり太郎
のんびり太郎

『ヒートショック』とは、急激な温度差により血圧が大きく変動することで、「失神」や「心筋梗塞」、「脳梗塞」などを引き起こす怖い状態です。

冬場にかかわらず、急激な温度変化には要注意です!

【清暑益気湯】の生薬構成

 蒼朮(ソウジュツ)人参(ニンジン)、 麦門冬(バクモンドウ)、 黄耆(オウギ)、陳皮(チンピ)、当帰(トウキ)、 黄柏(オウバク)、甘草(カンゾウ)、 五味子(ゴミシ)

【清暑益気湯】の効能効果

  夏バテ(食欲不振、下痢、全身倦怠)、夏やせ

【清暑益気湯】の特徴・説明

  • 『参耆剤』と呼ばれる補剤の代表的方剤です。参耆剤とは生薬の「人参」「黄耆」を一緒に含む方剤の一群を指します。人参の効能は健胃・強壮強精、黄耆は止汗・利尿・強壮です。
  • 『補中益気湯』から「升麻・柴胡」を去り、「黄柏・五味子・麦門冬」を加えた構成で、「補剤」の仲間です。
  • 味は表現法が難しいですが苦くてわずかに甘い感じです。

【清暑益気湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【清暑益気湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました