末梢の冷えにおすすめの漢方薬【当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)】

末梢の冷えにおすすめの漢方薬【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】 漢方薬

 寒冷などによって、手足の先の冷えがつらい方におすすめの漢方薬が『当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)』です。呪文のようなネーミングですね!

ハルくん
ハルくん

冬の寒い時期に、指や耳たぶがなんだか痒くなっていたり、赤くなったりすることあるよね~。

のんびり太郎
のんびり太郎

子供のころは、しもやけによくなっていた記憶があるけどね。

そんな「しもやけ」や冬の末梢の冷えにおすすめの漢方薬が【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】です。

凍瘡(しもやけ)とは

 「凍瘡」とは、いわゆる「しもやけ」のことです。冬期間に気温が4~5度で一日の気温の差が10度以上になると、しもやけを起こしやすくなると言われています。

 冷たい外気に曝された後、血行の悪くなりやすい場所、すなわち手足の指先、耳朶(耳たぶ)、頬、鼻などに症状が出ます。皮膚が赤く腫れあがり、ひどい時には水ぶくれを起こすこともあります。痒みを伴い、入浴などにより痒みが強くなることも特徴です。

 子供に多い病気ですが、女性では大人になっても繰り返す人もいます。

 しもやけの原因は、もちろん冷たい空気に曝されることですが、同じように寒気に当たっても、しもやけを起こしやすい人と起こしにくい人がいることが知られています。

 つまり、冷気に曝された後の血流の障害の程度とそこからの回復には遺伝的な差があって、しもやけになりやすい体質の人と、なりにくい体質の人がいると考えられています。

凍瘡(しもやけ)【治療】

 ビタミンEの塗り薬が使われます。症状が強い場合や、広範囲にわたる場合、毎冬のようにしもやけを繰り返す人の場合などには、ビタミンEの飲み薬も有効です。

                          (引用:日本臨床皮膚科医会)

【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】の生薬構成

当帰(トウキ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、木通(モクツウ)、細辛(サイシン)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)、呉茱萸(ゴシュユ)、生姜(ショウキョウ)

【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】の効能効果

 しもやけ、頭痛、下腹部痛、腰痛

【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】の特徴・説明

  • 体質的には、手足が冷えやすい方で、冷えで症状が悪化するような場合に使用されます。冬場であれば、「しもやけ」などに、夏場であれば、「クーラーでの冷え」などに使用されます。血行をよくして冷えた体を温め、冷えによる痛みをとります
  • 末梢血流を改善して、体を温めて、鎮痛・鎮痙・健胃などの作用を示します。
  • 「四逆」の「四」とは四肢、「逆」とは「逆冷」のことで、体の末端から冷えが上がっていくことを意味します。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘くて辛いです。

【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】のクリニカルパールを紹介!

 クリニカルパール(Clinical pearl)とは、経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

  • レイノー症状ばね指に効果があることがあります。(参照:新見正則先生談より)

【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【当帰四逆加呉茱萸生姜湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました