クーラー病・冷え性におすすめの漢方薬【五積散(ごしゃくさん)】

クーラー病・冷え性におすすめの漢方薬【五積散(ごしゃくさん)】 漢方薬

クーラーのかけ過ぎや寒冷など、生活や職場の環境または気象の変化によって、体が冷えて神経痛・関節痛などの痛みが出たり、体の冷え、肩こり、疲労感、便秘、腰痛、手足のむくみ、肌あれ、睡眠不足、生理痛、月経不順、頭痛、めまい、のぼせ、だるさなど自律神経失調症におすすめの漢方薬が『五積散(ごしゃくさん)』です。

ananバナー
アロマコレクションアソート

クーラー病(冷房病)とは

『クーラー病(冷房病)』とは、夏場の冷房が原因と考えられる様々な健康障害の俗称です。

冷房が強く効いた場所に長時間いた後、暑い外気温にさらされることを繰り返したときに起こる体調不良と言われ、自律神経のバランスが崩れることが原因と言われています。

ハルくん
ハルくん

ギンギンに冷房をかけたところから外に出たりすると体調がおかしくなってくるよね⤵

自律神経は、体温調節も行っていて、”5度以上の急激な気温変化”には素早く対応することが難しいと言われています。

気温の著しい変化が繰り返されることで、体温調節している交感神経や副交感神経のバランスがおかしくなってしまうんだね。

クーラー病(冷房病)の予防と対策

冷房の設定温度を26~28℃くらいにして、冷やしすぎないことが前提になります。

職場では暑がりのひとが権力を持っているとなかなか難しいかもしれませんが・・。

ハルくん
ハルくん

神経が図太い人は、周りの人が寒がっているのが分かっていても平気でクーラーの設定温度を22℃くらいにしたり自分のことしか考えていないよね・・。

のんびり太郎
のんびり太郎

いるよね~そんな人・・。

そっと温度設定を上げるとすぐに気づいて元に戻されてしまう・・。

そんな人に係わるとどんどんストレスが溜まっていくから、諦めてひざ掛けなど防寒対策した方が心身ともに健全かもしれません。

そのほか、ウォーキングなどのリズム運動をして自律神経を整えたり、筋トレも加えて筋肉量を増やすのも冷え性対策になります。

寝る前にぬるめの風呂にゆっくり入り体を温め、ストレッチやマッサージなどを行うのも効果的です。

ハルくん
ハルくん

バスタイムでリラックスしてね!

スポンサーリンク

五積散(ごしゃくさん)の生薬構成

蒼朮(ソウジュツ)、陳皮(チンピ)、当帰(トウキ)、半夏(ハンゲ)、茯苓(ブクリョウ)、甘草(カンゾウ)、桔梗(キキョウ)、枳実(キジツ) 、桂皮(ケイヒ)、厚朴(コウボク)、芍薬(シャクヤク)、生姜(ショウキョウ)、川芎(センキュウ)、大棗(タイソウ)、白芷(ビャクシ)、麻黄(マオウ)

五積散(ごしゃくさん)の効能効果

胃腸炎、腰痛、神経痛、関節痛、月経痛、頭痛、冷え症、更年期障害、感冒

五積散(ごしゃくさん)の特徴・説明

  • クーラーのかけ過ぎや寒冷などからだが冷えることによって起こる神経痛、関節痛、自律神経失調症に使用されます。漢方的には、「寒湿」による状態を指します。

  • 下半身が冷えて、上半身がほてっているようなことが使用の目安になります。漢方的には「上熱下寒」とあらわします。

  • 冷えや痛みが強い場合は、「附子」を加えることで効果が増強することがあります。

  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘くて辛いです。

五積散(ごしゃくさん)の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

五積散(ごしゃくさん)の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

コメント

スポンサードリンク

さくらの恋猫
タイトルとURLをコピーしました