何度も繰り返す膀胱炎におすすめの漢方薬【猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)】

【猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)】

何度も繰り返す膀胱炎におすすめの漢方薬『猪苓湯合四物湯(ちょれいとうごうしもつとう)』です。

血尿など尿路感染症における長期的な症状を改善します。

ハルくん
ハルくん

女性は尿路感染症になりやすいと思うのだけど、

何度も繰り返したり、症状が長く続いたりするときにおすすめの漢方薬はあるのかな~?

のんびり太郎
のんびり太郎

そんなときには『猪苓湯』という漢方薬に『四物湯』という漢方薬を合わせた『猪苓湯合四物湯』がおすすめです。
四物湯は、東洋医学的に ”血虚” といわれる状態に使用される漢方薬なのです。

血虚とは体力虚弱で、冷え症で皮膚が乾燥、色つやの悪い体質ってイメージです。

膀胱炎とはどのような状態なの?

排尿時に痛みを起こす最も一般的な病気は急性膀胱炎です。

急性膀胱炎は女性に多く、頻尿(おしっこが近い)、血尿(おしっこに血が混じる)、排尿時の痛みが特徴的な症状です。

多くは排尿の終わりごろに尿道に不快な痛みを感じます(排尿終末時痛)。

特に問題となる基礎疾患がなくても、尿道から細菌が膀胱へ侵入することによって起こり、尿検査により炎症細胞(白血球)や細菌が認められますが、抗生剤治療あるいは無治療でも数日以内に完治することがほとんどです。

高熱や倦怠感などの全身症状、背部痛などを伴う場合には腎盂腎炎を併発している可能性もあり、重症化するリスクもありますので、すみやかに医療機関を受診することが必要です。

男性で排尿時の痛みを起こす病気には、前立腺炎や尿道炎があります。

                             (引用:日本泌尿器科学会

【猪苓湯合四物湯】の生薬構成

当帰(トウキ)、芍薬(シャクヤク)、川芎(センキュウ)、地黄(ジオウ)、猪苓(チョレイ)、茯苓(ブクリョウ)、滑石(カッセキ)、沢瀉(タクシャ)、阿膠(アキョウ)

【猪苓湯合四物湯】の効能効果

皮膚が枯燥し、色つやの悪い体質で胃腸障害のない人の次の諸症:排尿困難、排尿痛、残尿感、頻尿

【猪苓湯合四物湯】の特徴・説明

  • 慢性再発性の尿路感染症などに使用されることが多い漢方薬です。

  • 効果が出てくるまでに数週間かかることが多いです。気長に服用しましょう!

  • 足先などの末端冷え性のかたにおすすめの漢方薬です。

  • 『猪苓湯』は急性期に、『猪苓湯合四物湯』は再発慢性期に使用すると理解していただくとわかりやすいと思います。

  • 味は表現法が難しいですが、わずかな甘味があります。

【猪苓湯合四物湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。
のんびり太郎
のんびり太郎

『猪苓湯合四物湯』はホノミ漢方から【ホノマリア】という商品名で販売されています。

コメント

スポンサーリンク

PAWDEA
タイトルとURLをコピーしました