月経障害・更年期障害・冷え性に悩んでいる女性におすすめの漢方薬【四物湯(しもつとう)】

漢方薬

 婦人科系疾患(月経障害など)・末梢神経障害(冷え性・しびれ・乾燥肌)などにおすすめの漢方薬が『四物湯(しもつとう)』です。

 「血虚」に使用される基本方剤で、カサカサ乾燥した肌に潤いをあたえる効果も期待できます。また、女性ホルモンの変動に伴って現れる体と心の症状である「血の道症」などにも使用頻度が高い漢方薬です。

ハルくん
ハルくん

女性は、ホルモンバランスで体調が変わるので大変だよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

そうだね。女性に特有の症状などの改善には、漢方薬がおすすめです!

漢方薬って、どちらかと言うまでもなく、女性のために作られていることが多いのも特徴だね!

のんびり太郎
のんびり太郎

そんな、婦人科系の症状におすすめの漢方薬が【四物湯】です。

更年期障害とは

 「閉経」とは、卵巣の活動性が次第に消失し、ついに月経が永久に停止した状態をいいます。月経が来ない状態が12か月以上続いた時に、1年前を振り返って閉経としています。

 日本人の平均閉経年齢は約50歳ですが、個人差が大きく、早い人では40歳台前半、遅い人では50歳台後半に閉経を迎えます。

 閉経前の5年間と閉経後の5年間とを併せた10年間を「更年期」といいます。更年期に現れるさまざまな症状の中で他の病気に伴わないものを「更年期症状」といい、その中でも症状が重く日常生活に支障を来す状態を「更年期障害」と言います。

更年期障害の【症状】

  • 血管の拡張と放熱に関係する症状:ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、発汗など
  • その他のさまざまな身体症状:めまい、動悸、胸が締め付けられるような感じ、頭痛、肩こり、腰や背中の痛み、関節の痛み、冷え、しびれ、疲れやすさなど
  • 精神症状:気分の落ち込み、意欲の低下、イライラ、情緒不安定、不眠など

(引用:日本産科婦人科学会

【四物湯】の生薬構成

 地黄(ジオウ)、芍薬(シャクヤク)、 川芎(センキュウ)、 当帰(トウキ)

【四物湯】の効能効果

 産後あるいは流産後の疲労回復、月経不順、冷え症、しもやけ、しみ、血の道症

【四物湯】の特徴・説明

  • 古典的漢方では、「血虚」に使用される基本方剤となります。「気虚」に使用される『四君子湯』とならぶ基本方剤です。
  • 「血虚」とは、栄養素である「血」が不足している状態。循環が悪くなることで、全身に栄養が行き渡らないため、貧血の傾向やめまい、しびれやけいれんなどの症状も現れやすいです。また肌がカサカサしたり、抜け毛や白髪が増える傾向があります。
  • 「気虚」とは、「気」が不足してエネルギーが足りていないので、疲れや倦怠感があり、体が冷えやすい状態です。胃腸も弱く、食欲不振や胃もたれ、軟便・下痢をしやすい人も。体力も無く免疫機能も低下し、風邪を引きやすい傾向があります。
  • 皮膚症状として、凍傷(しもやけ)・肝斑(しみ)・乾燥肌などにも効果があるとされています。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘味を帯びて特異です。

【四物湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました