nonnbiri-taro

スポンサーリンク
介護・認知症関連

幻覚が起こる認知症!『レビー小体型認知症』とは

認知症にも様々なタイプがあります。一番有名なのが『アルツハイマー型』といわれる認知症で罹患者数も多いです。 そして、『第二の認知症』といわれるのが、あまり聞き慣れないと思いますが、『レビー小体型』と呼ばれるものになります。
医療・健康情報

スポーツ貧血とは

スポーツ貧血は、運動による過度の鉄の消費、赤血球の破壊、栄養不足、生理的な変化、過度のトレーニング、または栄養不良によって引き起こされることがあります。症状には疲労感、息切れ、めまい、筋力の低下などが含まれます。
医療・健康情報

血圧について素朴な疑問に答えます!

血圧は、健康診断でも必ず検査する項目の一つですよね。血圧は、高くても低くても何かと問題が起きてきます。今回は、血圧について簡単に解説してみます!
薬剤師・薬学生向け情報

薬剤師の資格を活かして年収1000万円を実現する!

薬剤師の資格は、年収1000万円を実現するための強力な武器です。 この記事では、薬剤師がその資格を最大限活かし、高収入を手にする方法を紹介します。 薬剤師の資格を活かして年収1000万円を実現する方法 1. 転職サイトを活用する 薬剤師の資...
薬剤師・薬学生向け情報

必携のポケットアイテム!薬剤師向け便利グッズ

薬剤師の日常業務を支援するための便利なポケットアイテムを紹介します。 医薬品の識別や情報収集に役立つスマートなデバイスから、急な処方箋の確認に使える便利なアプリまで、これらのグッズは薬剤師の効率性を向上させます。 薬剤師におすすめの便利グッ...
薬剤師・薬学生向け情報

薬剤師不要論を考える:AIとの共存で進む未来

近年、AIの台頭により、医療の分野でも大きな変革が始まっています。 薬剤師の役割についても、議論が沸き起こっています。 一部では、AIの進化により、薬剤師の存在が不要になるという見解もあります。 しかし、その一方で、AIと薬剤師が共存する未来もまた考えられます。 本稿では、AIと薬剤師の関係に焦点を当て、その可能性と課題について探っていきます。
医療・健康情報

血液検査の項目・BNPとは?

BNP値測定は、①心疾患のスクリーニング、②心不全の重症度評価、③心不全に対する治療効果判定、④心不全患者の予後予測指標などに有用とされています。
医療・健康情報

脂質異常症と卵の関係:コレステロールとの真実

コレステロールについての誤解が長らく広まってきました。特に、卵に含まれるコレステロールが脂質異常症の原因とされてきました。しかし、最新の研究結果は、この関係について新たな光を当てています。この記事では、脂質異常症と卵の関連性を探り、卵の栄養価、コレステロール含有量について詳しく解説します。
医療・健康情報

腸活マスタープラン: 元気と美容を手に入れる腸内環境改善メソッドとは⁉

『腸活マスタープラン』は、腸内環境改善を通じて、健康と美容を手に入れるための究極のガイドです。 このブログでは、腸内フローラのバランスを整え、消化吸収を最適化するための実践的なメソッドを紹介します。
わんこのいる暮らし

わんこの腸活!犬の腸内フローラのバランスを整えるための自然療法とは⁉

愛犬の健康は、腸内フローラのバランスからも大きな影響を受けます。 自然療法は、薬や化学物質に頼らず、食事やプロバイオティクス、漢方薬などの自然の力を活用して腸内環境を整えます。 この記事では、犬の腸活における自然療法の重要性と具体的な方法について解説していきます。
漢方的養生法

”湿熱” の漢方的養生法!【体質別養生法】

漢方的には体質は8つに分することが出来ます!体質ごとに養生法は異なります。それぞれの体質(タイプ)別に解説していきます。
漢方的養生法

”陽虚” の漢方的養生法!【体質別養生法】

漢方的には体質は8つに分することが出来ます!体質ごとに養生法は異なります。それぞれの体質(タイプ)別に解説していきます。
気虚体質

【杏(あんず)】βカロテン豊富で目に優しい!

杏(あんず)は、バラ科サクラ属の落葉小高木で、アプリコットと英名で呼ばれることもあります。β-カロテンが豊富に含まれており、体内ではビタミンAとして働くため目や皮膚の健康を保つ効果があります。また、ミネラル類やビタミン類、食物繊維も豊富に含まれているため、便秘解消や貧血予防にも効果的な薬膳素材です。
漢方的養生法

”痰湿(たんしつ)” の漢方的養生法!【体質別養生法】

「痰湿」とは、水分代謝がうまくいかず、余分な水分や脂肪が溜まっている状態です。 体が余分なものを外に排泄しようと、吹き出物や痰、軟便や下痢、水っぽいオリモノなどが現れます。
漢方的養生法

”陰虚” の漢方的養生法!【体質別養生法】

体に必要な潤いが不足すると、体内の熱を冷ますことができなくなり、微熱や乾燥といった症状があらわれやすくなります。このような状態を ”陰虚” といいます。潤いは加齢とともに不足していきますが、睡眠不足や慢性病が原因となることもあるので注意が必要です。