副鼻腔炎におすすめの漢方薬【葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)】

副鼻腔炎におすすめの漢方【葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)】 漢方薬

副鼻腔炎鼻炎におすすめの漢方薬が『葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)』です。

風邪をひいた後の鼻づまりや・鼻水に効果が認められています。

のんびり太郎
のんびり太郎

副鼻腔炎によく使用される漢方薬は次のようなものがあります。

  • 『葛根湯加川芎辛夷』:急性期といわれる症状が出始めの頃で、透明で水っぽい鼻水が出るようなときが目安。
  • 『辛夷清肺湯』:症状が長引いてきて、粘稠度があり色のついた鼻水が出るようなときが目安。

副鼻腔炎とは

副鼻腔炎とは、鼻腔(鼻の中)の周囲には副鼻腔と呼ばれる粘膜に覆われた空洞があり、細い穴で鼻腔に通じています。

頬・額の下・両目の間の骨の中にあります。この副鼻腔に炎症が起こることを副鼻腔炎といいます。

鼻づまりや鼻水、頭痛や咳などの症状がみられるほか、匂いがわからなくなることがあります。

のんびり太郎
のんびり太郎

副鼻腔はこんな形をしています!

出典:神谷耳鼻咽喉科医院

副鼻腔炎に使用されるお薬とは

  • 抗菌薬:急性副鼻腔炎であれば、7~10日間の服用が一般的です。一方、慢性副鼻腔炎の場合は、少量のマクロライド系とよばれる抗菌薬を 3ヵ月間くらいを目安に長期間服用する治療が行われます。
  • ステロイド剤:基本的には点鼻薬です。炎症を抑える効果があり、鼻症状改善を目的として使用されます。
  • 抗ヒスタミン剤:ヒスタミンの働きを抑えることでアレルギー反応を抑える薬です。
  • 去痰剤:粘液成分の粘りをとったりすることで、老廃物の排泄を助ける薬です。
のんびり太郎
のんびり太郎

抗ヒスタミン剤の「フェキソフェナジン(アレグラ🄬)」は、便秘で使われる「酸化マグネシウム」と一緒に飲むと フェキソフェナジン の効果を弱めてしまう可能性があります。

そのほか、マクロライド系抗生物質の「エリスロマイシンステアリン酸塩(エリスロシン🄬)」と一緒に飲むと、アレグラの血液中の濃度を上昇させ、副作用のリスクが高まる可能性があります。

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の生薬構成

葛根(カッコン)、大棗(タイソウ)、麻黄(マオウ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、辛夷(シンイ)、川芎(センキュウ)、生姜(ショウキョウ)

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の効能効果

鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の特徴・説明

  • 副鼻腔炎・鼻炎では、漢方薬のなかで、第一選択薬とされています。

  • 風邪をひいた後の鼻づまり膿性鼻汁副鼻腔周囲の鈍痛などに即効性があり、服用後30分くらいで症状が改善してくることもあります。

  • 生薬構成は、『葛根湯』に「川芎」と「辛夷」を加えた方剤です。葛根湯と同様に「麻黄」が含まれているため胃腸が弱いひとには、消化器症状が出ることがあります。

  • 味は表現法が難しいですが、辛いです。

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

コメント

スポンサードリンク

さくらの恋猫
タイトルとURLをコピーしました