慢性閉塞性肺疾患などによる咳・痰におすすめの漢方薬【滋陰至宝湯(じいんしほうとう)】

慢性閉塞性肺疾患などによる咳・痰におすすめの漢方薬【滋陰至宝湯(じいんしほうとう)】 漢方薬

慢性閉塞性肺疾患(COPD)慢性気管支炎などで、咳や痰がつらいひとにおすすめの漢方薬が『滋陰至宝湯(じいんしほうとう)』です。

やせ型の虚弱体質のひとに使用されることが多い方剤です。

のんびり太郎
のんびり太郎

そのほか『 滋陰至宝湯 』は、ドライマウス、舌痛症、口腔異常感症などの症状が改善されたという報告もあがっています(※日本東洋医学雑誌 66(1), 22-27, 2015など)。

ハルくん
ハルくん

「舌痛症」ってどんな病気なの?

のんびり太郎
のんびり太郎

中高年の女性に好発する疾患で、口腔灼熱症候群(バーニングマウス症候群)の舌に限られる場合を「舌痛症」と呼んでいます。

口腔の粘膜に明らかな病変がないにも関わらず、常に舌の痛みを感じる疾患のようです。

のんびり太郎
のんびり太郎

滋陰至宝湯においては、滋陰(潤す)作用を有する生薬である「当帰、白朮、麦門冬」などによって口腔の乾燥を改善して、理気(メンタル系)作用を有する「柴胡、薄荷、香附子」などによってストレスなどが関与している可能性のある口腔の異常感を改善していると考えられますね。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)とは

出典:メディカルノート

慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称です。

タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病といえます。

最大の原因は喫煙であり、喫煙者の15~20%がCOPDを発症します。治療によっても元に戻ることはありません。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状とは

歩行時や階段昇降など、身体を動かした時に息切れを感じる労作時呼吸困難や慢性のせきやたんが特徴的な症状です。

一部の患者では、喘鳴や発作性呼吸困難などぜんそくの様な症状を合併する場合もあります。

(引用:日本呼吸器学会

ハルくん
ハルくん

禁煙を検討している方にタバコの代わりとしてご提案です!

「ニコチン0、タール0、副流煙0」のクリーンなフレーバーミスト『C-tec』は、カートリッジ内のリキッドを蒸気化し、 霧状の煙を吸引しフレーバー(香り)を楽しむ商品です。


滋陰至宝湯(じいんしほうとう)の生薬構成

香附子(コウブシ)、 柴胡(サイコ)、 芍薬(シャクヤク)、 知母(チモ)、 陳皮(チンピ)、 当帰(トウキ)、 麦門冬(バクモンドウ)、 白朮(ビャクジュツ)、 茯苓(ブクリョウ)、貝母(バイモ)、 甘草(カンゾウ)、 薄荷(ハッカ)、地骨皮(ジコッピ)

滋陰至宝湯(じいんしほうとう)の効能効果

虚弱なものの慢性のせき・たん

滋陰至宝湯(じいんしほうとう)の特徴・説明

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)慢性気管支炎などで、咳や痰がつらいひとに使用されることが多い漢方薬です。ネバネバした感じで切れにくい痰の場合が多いです。
  • やせ型の虚弱体質のひとに使用されることが多い漢方薬です。
  • 構成生薬では、滋養作用のある解熱薬として結核などの慢性的な微熱や体力の低下に用いられる「地骨皮」を含んでおり、クコの根が骨のような形をしていることが名前の由来のようです。
  • 味は表現法が難しいですが、苦いです。

滋陰至宝湯(じいんしほうとう)の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

滋陰至宝湯(じいんしほうとう)の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました