のぼせやほてり感におすすめの漢方薬【三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)】

三黄瀉心湯 漢方薬

体の熱や炎症を取り、神経過敏などのイライラを鎮める「瀉剤」(過剰な反応を抑える薬)の代表的な漢方薬です。

のぼせやほてり感におすすめの漢方薬が『三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)』です。

のんびり太郎
のんびり太郎

そのほか、『三黄瀉心湯』は、「不眠」にも効果があることがあります。

のんびり太郎
のんびり太郎

思い悩んだり、考え込み過ぎるなど悶々として目がさえて眠れない、胸苦しいときなどはこの証の特徴です。

このような状態を「心火」といい、心が過度の刺激を受けて高ぶり、熱を帯びていると考えます。

そのため、「不眠」を引き起こしてしまうのです。

ハルくん
ハルくん

『三黄瀉心湯』を服用する時の注意点はあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

『三黄瀉心湯』は、作用の強い薬です。

そのため、胃腸が丈夫でない場合は少量服用するか、『黄連解毒湯(おうれんげどくとう)』に変更するほうが良さそうです。

ハルくん
ハルくん

そのほか、『三黄瀉心湯』は、鼻血などの出血を止める効果も期待できるんだって!

スポンサーリンク

ほてりとはどのような状態なの?

一般的に異常な熱感のことを「ほてり」といい、それが頭や顔に起こったものを「のぼせ」といいます。

精神的に緊張したり恥ずかしい思いをしたときや熱があるときにあらわれやすい症状ですが、自律神経のバランスの乱れや更年期障害などの疾患によって、慢性的にほてりが起きる場合もあります。

(引用:井上修二 先生、共立女子大学名誉教授著書)


三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)の生薬構成(ツムラ)

黄芩(オウゴン)、 黄連(オウレン)、 大黄(ダイオウ)

のんびり太郎
のんびり太郎

『三黄瀉心湯』は製薬メーカーにより生薬含有量が異なっていて、”最大3倍” もの差があるので注意が必要です!

  • ツムラ:黄芩(3g)、 黄連(3g)、 大黄(3g)
  • クラシエ:黄芩(1g)、 黄連(1g)、 大黄(2g)
  • コタロー:黄芩(1g)、 黄連(1g)、 大黄(1g)
  • オースギ:黄芩(3g)、 黄連(3g)、 大黄(3g)

※『三黄瀉心湯』は苦い漢方薬でもあるので、飲みにくい場合は「コタロー」からカプセル剤も販売されています。

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)の効能効果(ツムラ)

高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症

「不眠」に使用される漢方薬

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)の特徴・説明

  • 生薬構成は、「黄連」「黄芩」を含むため「瀉心湯類」の一種です。瀉心とは「心下のつかえ感を去る」と定義され、胸やみぞおちにつかえ感がある人に用いられます。

  • 生薬名に ”黄” がつくものは、体を冷やす効果があります。

  • 体質的には、体が丈夫な「実証」タイプのひとに使用されることが多いです。

  • 味は表現法が難しいですが、苦いです。

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)のクリニカルパール

クリニカルパール(Clinical pearl)とは、とは経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

竹越哲男先生
竹越哲男先生

鼻血の治療には漢方薬が効果がかなり期待できます!

鼻血に使用する漢方薬は次の2剤がおすすめです!どちらの方剤も鼻血には冷服した方が良く効きます。

三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました