つらい ”めまい” どうにかならないの?おすすめのめまいの対処法!

つらい ”めまい” どうにかならないの?おすすめのめまいの対処法! 医療・健康情報

「めまい」は、立ちくらみのように一瞬くらっとするようなめまいから、天井がグルグル回って立ち上がることさえできないようなめまいまで様々です。

「このつらいめまいどうにかならないの?」と悩んでいる方も多いと思います。

のんびり太郎
のんびり太郎

そこで今回は「めまい」について仕組みや対策など深堀してみようと思います。

まず、めまいが起きる原因には命にかかわる重大な病気が隠れている場合もありますので注意が必要です。

めまいが続くようであれば一度は病院を受診しましょう。

かかりつけの医師がいれば、まずはその医師に相談するとよいと思います。

めまいの原因は様々ですが、まずは「耳鼻咽喉科・脳神経科・循環器科」などを受診されるのがよいと思います。

スポンサーリンク

めまいは主に3種類に分類されています

めまい
出典:Clker-Free-Vector-Images

回転性めまい:グルグル回るようなめまい

めまい全体の中で、最も多いめまいが「回転性めまい」といわれています。

内訳としては、「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」が一番多くめまい全体の30~40%くらいといわれています。

また、有名なめまいに「メニエール病」があります。どちらも平衡感覚をつかさどる内耳の異常によって引き起こされます。

浮動性めまい:フワフワするようなめまい

自律神経失調症や脱水症状、など様々な原因でこのような「浮動性めまい」が起きることがありますが、ほとんどの場合は命にかかわることはありません。

ただ、姿勢の維持や協調運動に働いている小脳で血管が詰まったり破れたりする「少脳梗塞」「小脳出血」が起こると命にも関わってきます。

また、「脳腫瘍」によって聴神経が侵されてもめまいを生じますので、早期の発見と治療が重要になってきます。

失神性めまい:目の前が暗くなるようめまい

不整脈などの循環器系の疾患でみられることが多いめまいです。

不整脈があると心臓から血液がきちんと全身に運ばれなくなるため、脳にまで必要な分の血液が届かなくなることがあります。

そうなると、脳が酸素不足や栄養不足になり一過性に目の前が暗くなるようなめまいが起きてしまいます。

頭も動かしてもなく安静にしている時に、このようなめまいが起きた時は、最初に循環器系の疾患を疑う必要があります。

自分でも簡単にできる『めまいリハビリ体操』とはどのようなもの?

めまいの中で一番多いのが『良性発作性頭位めまい症』ですが、耳の奥にある内耳は聴覚を司る『蝸牛』、平衡機能を司る『三半規管』と前庭内側の『耳石器』の3つの器官で構成されています。

三半規管は『動き・回転加速度』を感知し、耳石器は『傾き具合・直線加速度』を感知します。

良性発作性頭位めまい症は、その耳石器の中にある耳石という石が剥がれ、三半規管に入り込んでしまったために、異常な情報が脳に伝わることで起こります。

その剝がれた耳石を元へ戻す治療法に『頭位治療法』というものがあります。

のんびり太郎
のんびり太郎

『頭位治療法』『Epley法・エプレイ法・エプリー法』に関するYouTubeを紹介しますね!

     『頭位治療法』『Epley法・エプレイ法・エプリー法』
ハルくん
ハルくん

ただし、『頭位治療法』は素人が行うのはちょっと無理なんだって!

のんびり太郎
のんびり太郎

そこで、誰にでも簡単にできる「めまい治療法」として徳増厚二先生(北里大学医部名誉教授)が考案された『北里方式』をベースに、新井基洋先生独自のリハビリを追加した『めまいリハビリ体操』が完成したようです。


この体操は、小脳の平衡機能(バランス機能)を鍛えることで、ふらつきやめまいが起こらないようにするというものになります

例えば、フィギュアスケートの選手が激しく回転したあとに何もなかったかのように動き出せるのは、『めまいがする』『ふらつく』動作を何度も繰り返し行うことで、小脳がふらつきが起こらないよう補正しているからなのです。

のんびり太郎
のんびり太郎

ここでは、『目線を変えたときにクラっとするめまい』に有効な体操を紹介しますね。

1日2回くらいが目安のようです。

「めまい」に関するおすすめの書籍を紹介!

ハルくん
ハルくん

「めまい」に関するおすすめの書籍は、新井基洋先生考案の『めまいリハビリ体操』が記されたものです!

スーパードクターを現場の医師が紹介する『名医ログ』とは⁉

名医ログ」とは、医療の悩みや一番知病院検索、名医情報など誰もが知りたいと思っていたことを解決できるアイテムのひとつとして運営されているサイトなのです。

誰もが思う不安や疑問を解決する手がかりとして、または病院を探しているひとにとって最も知りたい情報が掲載されています。

のんびり太郎
のんびり太郎

『スーパードクター(名医)』を現場の医師が紹介している『名医ログ』というサイトがありましたので紹介しておきますね!

誰でも無料で利用できるのでおすすめですよ!

ハルくん
ハルくん

知らないだけで、身近に「スパードクター」がいるかもしれないね!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました