高齢者の慢性頭痛・めまいにおすすめの漢方薬【釣藤散(ちょうとうさん)】

高齢者の頭痛におすすめの漢方薬【釣藤散(ちょうとうさん)】 漢方薬

慢性の頭痛、頭重感、めまいなどに効果のあるおすすめの漢方薬が『釣藤散(ちょうとうさん)』です。

高齢者に使用することが多いですが、若年者にももちろん効果があります。

ハルくん
ハルくん

なんとなく、頭が重くて、よく頭痛が起こるときに何かおすすめの漢方薬あるかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

いつも、頭がスッキリしないような頭痛におすすめの漢方薬を紹介するね!

頭痛の分類

緊張型頭痛とは

「緊張型頭痛」は、頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。

筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。

片頭痛とは

「片頭痛」は、何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して起きます。

脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して「片頭痛」を発症します。

群発頭痛とは

「群発頭痛」は、20代後半〜40代くらいの、働き盛りの、しかも圧倒的に男性に多い頭痛で、女性に起きることはまれです。家族歴もあまり関係ありません。

どちらか片方の目の奥が、「アイスピックで突き刺されるように」、あるいは「焼け火ばしを当てられたように」激しく痛むのが特徴で、そのような痛みが、 毎日、夜中から明け方ごろの決まった時間帯に起こり、1〜2時間続きます。

【釣藤散】の生薬構成

釣藤鈎(チョウトウコウ)、陳皮(チンピ)、半夏(ハンゲ)、麦門冬(バクモンドウ)、茯苓(ブクリョウ)、人参(ニンジン)、防風(ボウフウ)、菊花(キクカ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、石膏(セッコウ)

【釣藤散】の効能効果

慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるもの

【釣藤散】の特徴・説明

  • 頭痛の特徴として、起床時に頭痛が強く、起きて体を動かしていくうちに次第に痛みが楽になっていくような場合を目安に使用されます。
ハルくん
ハルくん

起きがけが一番つらいんだね。

  • 高血圧の傾向があり、脳血管障害を罹患している場合によいとされています。
  • めまいは、グルグル回る場合より、クラクラするような場合がよいとされています。
  • 構成生薬の面では、「釣藤鈎」「菊花」が中心となり効果を発揮していると考えられています。「釣藤鈎」は精神安定作用・脳細胞保護作用・血圧降下作用・鎮痛作用などが報告されています。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに辛くて酸味があります。
「高血圧に伴う随伴症状」に使用される漢方薬

【釣藤散】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【釣藤散】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました