頭痛・しゃっくりにおすすめの漢方薬【呉茱萸湯(ごしゅゆとう)】

頭痛におすすめの漢方薬【呉茱萸湯】 漢方薬

 日頃、頭痛に悩まされているひとにおすすめの漢方薬が『呉茱萸湯(ごしゅゆとう)』です。西洋薬でよく使用されている鎮痛剤の「ロキソニン・ボルタレン・カロナール」などで胃の調子が悪くなるに人には、一度試してもらいたい漢方薬です。

 呉茱萸湯は、かなり苦くて飲みにくい漢方薬ですが、頭痛を改善しながら、胃の調子も良くする作用を兼ね合わせている「一石二鳥的な漢方薬」です。

 漢方薬は即効性がないというイメージがあると思いますが、呉茱萸湯には「即効性」があります。

スポンサーリンク

片頭痛(偏頭痛)とは

 片頭痛という名称は、頭の片側が痛むことに由来しますが、実際には、4割ちかくの片頭痛患者さんが両側性の頭痛を経験しておられます。

 片頭痛は、前兆の有無と種類により「前兆のある片頭痛」「前兆のない片頭痛」などに細分類されています。疑い例を含めると、年間有病率は8.4%と推定され、かなり患者数が多い疾患です。

 また、片頭痛は女性に多いのも特徴です。

 前兆は、頭痛より前に起こる症状で、「キラキラした光」「ギザギザの光(閃輝暗点)」などの視覚性前兆が、最も多くみられます。

 通常は60分以内に前兆が終わり、引き続いて頭痛が始まります。漠然とした頭痛の予感や、眠気、気分の変調などは、前兆と区別して予兆といいます。

 片頭痛発作は通常4~72時間続き、片側の拍動性頭痛が特徴です。頭痛の程度は中等度~高度で日常生活に支障をきたします。

 また、階段の昇降など日常的な運動により頭痛が増強することも特徴のひとつです。悪心(吐き気)、嘔吐を伴うことが多く、頭痛発作中は感覚過敏となって、ふだんは気にならないような光、音、においを不快に感じる方が多いです。

                             (引用:日本神経学会

【呉茱萸湯】の生薬構成

 大棗(タイソウ)、呉茱萸(ゴシュユ)、人参(ニンジン)、生姜(ショウキョウ)

【呉茱萸湯】の効能効果

 習慣性偏頭痛、習慣性頭痛、嘔吐、脚気衝心

【呉茱萸湯】の特徴・説明

  • 構成生薬は少なく4種類で、即効性があります。(※漢方薬は、構成生薬が少ない方が即効性があります。)
  • 「呉茱萸」は、ミカン科のゴシュユの果実で、薬理的にはカルシウム拮抗作用、鎮痛作用が認められています。
  • 継続服用することで頭痛の予防にも効果が認められています。(※通常の鎮痛剤は、予防的に用いると副作用のデメリットしかありません⇒薬物乱用頭痛になる・胃腸障害が起こる)
  • ロキソニンなどのNSAIDs鎮痛剤、トリプタン製剤である片頭痛薬などの西洋薬との併用は、全く問題はありません。
  • 『呉茱萸湯』を定期服用をして、それでも頭痛が辛くなってきた時に、西洋薬を頓服することによって、西洋薬の使用量を減らすことがが期待できます。
  • 味は表現法が難しいですが、かなり苦いです。しばらくは口の中に苦味が残ります。
  • 「しゃっくり」が止まらないときに使用すると、すぐにしゃっくりが止まります。

薬物乱用頭痛とは

 頭痛薬を月に10日以上飲み続けている場合には、「薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)」に陥っている可能性があります。

 頭痛薬の飲み過ぎにより、頭痛薬が痛みを引き起こす原因になって、かえって毎日のように、頭痛が起こるようになった状態です。

【呉茱萸湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

片頭痛におすすめの予防体操とは

※片頭痛予防体操で脳の痛みの記憶を消そう!

 「片頭痛予防体操」は、頭と首を支えている筋肉(インナーマッスル)を、ストレッチするのが目的です。

 この体操を、片頭痛が起きていない時に続けることで、痛みの窓口である「圧痛点」が消滅します。

 ストレッチすることで、新たな刺激が、神経を逆行して脳に送り返され、やがて脳から痛み信号が発信されなくなります。これが片頭痛予防体操の発想になっています。

 リラックスした状態で、テンポ良く体操を行うことで、ストレッチ信号が、リズムに乗って脳へと送られます。脳の痛み回路に良いリズムが送られるので、脳が活性化され、片頭痛の予防に効果があるのです。

片頭痛予防体操のポイント!
  • 「笑顔」で行うことが大切!
  • 普段動かさないインナーマッスルを動かすのは、想像以上に疲れますので、長く行うのは逆効果!。※「1日2分」の片頭痛予防体操で大丈夫とのことです。
片頭痛予防体操
片頭痛予防体操

        (監修:埼玉精神神経センター 埼玉国際頭痛センター長 坂井 文彦先生)
                               (引用:沢井製薬HP

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました