アンチエイジングにおすすめの漢方薬【牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)】

アンチエイジングにおすすめの漢方薬【牛車腎気丸】 漢方薬
アンチエイジングにおすすめの漢方薬【牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)】

 年齢を重ねてきて、少し体力などが落ちてきていると感じてきている方に、おすすめの漢方薬が『牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)』です。

 足腰の衰えや、尿漏れなどの泌尿器系の衰えにも効果があります。「アンチエイジング」「ウィズエイジング」を目的に使用されることが多い漢方薬です。

ロコモティブシンドロームとは

 運動器の障害のために、移動機能の低下をきたした状態を 「ロコモティブシンドローム」、略して「ロコモ」といいます。

 人間が立つ、歩く、作業するといった広い意味で、運動のために必要な身体の仕組み全体を「運動器」といいます。

 運動器は、「骨・関節・筋肉・神経」などで成り立っていますが、これらの組織の障害によって、立ったり歩いたりするための身体能力(移動機能)が低下した状態が、「ロコモ」なのです。

 「ロコモ」が進行すると、将来、介護が必要になるリスクが高くなります。

「ロコモティブシンドローム」のチェック方法を紹介!

 ※日本整形外科学会から、ひとりでも簡単にできるチェック方法が紹介されていました!

出典:ロコモONLINE 日本整形外科学会

「ロコモティブシンドローム」対策に!【ロコトレ】で元気に長生き! 

 宮崎大学医学部付属病院 整形外科 「帖佐悦男先生」監修のもと、「ロコモティブシンドローム」予防に効果が認められている運動が、発案されています。

 毎日の継続が大切です!みんなで、元気に運動しましょう!

出典:ロコモ対策 宮崎大学医学部付属病院 整形外科 帖佐悦男先生

【牛車腎気丸】の生薬構成

地黄(ジオウ)、牛膝(ゴシツ)、山茱萸(サンシュユ)、山薬(サンヤク)、車前子(シャゼンシ)、沢瀉(タクシャ)、茯苓(ブクリョウ)、牡丹皮(ボタンピ)、桂皮(ケイヒ)、附子(ブシ)

【牛車腎気丸】の効能効果

 下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ

「アンチエイジング」「腎虚(じんきょ)」に使用される漢方薬

【牛車腎気丸】の特徴・説明

  • 構成生薬の面からは、『八味地黄丸』「牛膝」「車前子」を加えた方剤です。この2種の生薬が加わることで、八味地黄丸に比べて、利尿作用・鎮痛作用が強化されると考えられています。
  • 「腎虚」といわれる状態に効果があります。腎虚とは、簡単に言うと「本来持ち合わせている元気」が無くなっている状態です。
  • 糖尿病や抗がん剤使用による「末梢神経のしびれ・痛み」などにも効果があります。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘くて酸味があるです。

【牛車腎気丸】のエビデンス

 エビデンスとは、科学的根拠、つまり実験や調査などの研究結果から導かれた「裏付け」があることを指します。

  • 抗がん剤(FOLFOX療法など)による末梢神経障害を抑制

【牛車腎気丸】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【牛車腎気丸】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました