便秘におすすめの漢方薬【調胃承気湯(ちょういじょうきとう)】

漢方薬

 体質・体格を問わずに便秘に幅広く使えるおすすめの漢方薬が『調胃承気湯(ちょういじょうきとう)』です。

 『大黄甘草湯』は、中等症以下の便秘に用いられることが多い漢方薬ですが、これに「芒硝(ボウショウ)」を加えたものが『調胃承気湯』で、やや切れ味がよくなります。

ハルくん
ハルくん

つらい便秘だけど、調べるとたくさんの漢方薬が便秘に効果があると記載されているのだけど、どの漢方薬でも効果は同じなの?

のんびり太郎
のんびり太郎

そうだよね~。
漢方薬は、便秘にはもってこいのお薬なんだよ。体質・体格や便秘の状態によって最適なお薬を選べるってことなんだよ。

のんびり太郎
のんびり太郎

今回は、便秘におすすめの漢方薬の中のひとつである【調胃承気湯】について解説してみるね!

【調胃承気湯】の生薬構成

 大黄(ダイオウ)、芒硝(ボウショウ)、甘草(カンゾウ)

【調胃承気湯】の効能効果

 便秘

「便秘」に使用される漢方薬!
  • 桃核承気湯:気逆・瘀血がある場合
  • 通導散:気うつ・瘀血がある場合
  • 大黄甘草湯:体力にかかわらず使用できます。腹部膨満がある場合
  • 大黄牡丹皮湯:右下腹部痛・瘀血がある場合
  • 麻子仁丸:気うつがある場合・便秘の際のファーストチョイスです。高齢者におすすめ!
  • 調胃承気湯:胃部不快感・お腹の張りがある場合
  • 潤腸湯:硬い便・血虚がある場合
  • 桂枝加芍薬大黄湯:腹痛・お腹の張りがある場合
  • 大建中湯:お腹の冷え・蠕動不穏がある場合

【調胃承気湯】の特徴・説明

  • 体質・体格を問わずに便秘に幅広く使える漢方薬です。『大黄甘草湯』に塩類下剤である「芒硝(ボウショウ)」を加え、効果を強めた処方です。
ハルくん
ハルくん

『調胃承気湯』と『大黄甘草湯』と違いは、「芒硝(ボウショウ)」が入っているか入っていないかということなんだね。

  • 「芒硝(ボウショウ)」(含水硫酸ナトリウム)には、緩下作用があるとされ、『桃核承気湯』を代表に『承気湯類』と呼ばれる漢方薬に含まれています。
  • 味は表現法が難しいですが、酸味を帯び、特異です。

【調胃承気湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【調胃承気湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

便秘とはどんな状態なの?

 共通の便秘の定義というものは無いようなのですが、日本内科学会では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」としています。

  また、2017年慢性便秘症診療ガイドラインでは、「本来体外へ排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義されています。

ハルくん
ハルくん

便秘には正確に定められた定義はないんだね。

様々な便秘のタイプとは

  • 大腸や直腸の働きの異常による「機能性便秘」
     ※生活習慣やストレス、加齢などが原因で便秘になることがあります。
  • 便の通過が物理的に妨げられる「器質性便秘」
     ※大腸などの手術などが原因で便秘になることがあります。
  • 全身の病気の症状として起こる「症候性便秘」
     ※甲状腺機能低下症などが原因で便秘になることがあります。
  • 別の病気の薬の副作用で起こる「薬剤性便秘」
     ※抗うつ薬、抗コリン薬(喘息に使用する薬の一部・頻尿治療薬・パーキンソン病などの薬)、せき止めなどは大腸のぜん動運動を抑えるので、副作用で便秘になることがあります。
画像引用:一般社団法人 日本臨床内科医会

(参考資料:一般社団法人 日本臨床内科医会

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました