免疫を最適な状態にする生薬「フアイア」とは⁉【肝臓がん再発防止で高いエビデンスが!】

免疫を最適な状態にする生薬「フアイア」とは⁉肝臓がん再発防止で高いエビデンスが! 医療・健康情報

2018年から中国や米国で高い注目を集めている生薬があります。その名は「Huaier(フアイア)」という生薬です。

2018年、英文医学雑誌「Gut」において、「フアイア」により肝臓がんに対して効果が認められたという大規模臨床研究の結果が掲載され世界的に注目を集めました。

のんびり太郎
のんびり太郎

医学雑誌「Gut」は、世界五大医学ジャーナルのひとつである「BMJ」から発行されています。

生薬「Huaier(フアイア)」とはどのようなもの?

「Huaier(フアイア)」(出典:日本フアイア研究会)

「Huaier(フアイア)」は、エンジュ(槐)の老木に発生するキノコで、学術名Trametes Robiniophila Murrというキノコの菌糸体から抽出されたものです。

槐の老木にしか寄生しないキノコであるため、大量に採ることが出来ないため、菌糸体を増殖させ、培養してエキス化しています。

ハルくん
ハルくん

見た目は、「サルノコシカケ」と呼ばれているキノコにそっくりだよね!

のんびり太郎
のんびり太郎

ちなみに、さるのこしかけとは、「科名」であり総称で、ちょうど猿が椅子のように腰をかけたという形からこのような名前がつけられたんだって。

のんびり太郎
のんびり太郎

「霊芝」もサルノコシカケと呼ばれるキノコの仲間で、日本では「マンネンタケ」と呼ばれています。

「霊芝」(出典:ウキペディア)
のんびり太郎
のんびり太郎

「Huaier(フアイア)」は、米国、中国では薬として承認されていて、中国では1992年から抗がん新薬として使用されています。

2021年現在では、日本ではでは健康食品として流通しています。

フアイアから『TPG-1』という新しい成分が発見!

2019年に超一流の生化学ジャーナル「JBC」において、「TPG-1」という成分に、抗腫瘍・抗炎症・免疫調整の作用があることが発見され、フアイアの抗腫瘍効果のメカニズムのひとつとして報告されました。

「TPG-1」とはどんな成分なの?

TPG-1とは、「第三の生命鎖」と呼ばれる”糖鎖”の一種です。糖鎖は、細胞の表面を覆うように存在し、細胞の性質を示した「細胞の衣装」とも例えられています。

それ故に、個々の細胞に特異的な情報伝達や細胞間コミュニケーションなどの機能と役割を果たして、免疫システムの安定化はこの細胞間コミュニケーションにより機能していることもわかってきているようです。

ハルくん
ハルくん

NHK放送の番組『人体 神秘の巨大ネットワーク』でも、臓器同士が情報交換をするために使うメッセージ物質があって、免疫細胞を活性化させたり、炎症を抑えたりしていると説明されていたよね!

フアイアの免疫に作用する点でのすごいところとは⁉

免疫システムの不調を表す状態は、「免疫低下」「免疫亢進」「免疫混沌」の3つに大きく分類することができます。

「免疫低下」を起こせば、がんや感染症になりやすくなりますし、「免疫亢進」となってしまうとリウマチ・アレルギー疾患などの病気を発症してしまいます。

不妊症やメンタル疾患などは「免疫混沌」が関与している可能性が示唆されています。

ハルくん
ハルくん

不妊症やメンタル疾患なども免疫と関係があるかもしれないなんて驚き!

出典:フルフィルラボ

フアイアの凄いところは、一方的な免疫の上げ下げではなく、ある種のタンパク質に対する免疫は上げ、ある種のタンパク質に対する免疫を下げる働きがあります。

それゆえ、『体全体の免疫力を中庸に維持できる』といわれています。

また、予防的観点からも免疫中庸の効果があるフアイアが注目されているのです。

のんびり太郎
のんびり太郎

『中庸(ちゅうよう)』とは、 極端ではないことや、偏っていないという意味になります。

東洋医学の考え方に「陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる」とあって、何事も極端な方向に行き過ぎると良くないという教えに通ずるものがありますね。

糖鎖とは?

糖鎖(Glycan)は、各種の糖がグリコシド結合によってつながりあった一群の化合物です。

DNAを「第1の生命鎖」、タンパク質を「第2の生命鎖」と呼び、糖鎖は「第3の生命鎖」と言われています。

糖鎖は、糖の最小構成物質の一つで、「単糖」と呼ばれるグルコース、フルクトース、ガラクトースなどの単糖の結合で構成されます。

単糖は他にも多くの種類が自然界に存在し、それらが多彩に連なることで非常に長い直鎖状のものから複雑な分岐状のものまで、多様な構造を形成します。

糖鎖は、細胞の分化、代謝、老化、がんの転移・腫瘍マーカー、感染症(インフルエンザ、ピロリ菌、コレラ毒素等)、炎症、脳神経情報の伝達、免疫(免疫受容体調節、免疫細胞分化、抗体医薬等)、受精、バイオ医薬、脳、血液型などに関与して重要な役割を果たしていることがわかってきています。

生薬「Huaier(フアイア)」が安心して購入できる会社とは?

『株式会社フルフィルラボ』では、一般の方向けに生薬「Huaier(フアイア)」が購入することが出来ます。

フアイアはGAITIANLIの独自の技術で製造され、GMP認定工場での徹底した製造品質管理を行い、「安全」「安心」な製品原料を使用し、毒性高い鉛やヒ素、カドミウム等重金属検査も厳しく行われています。

のんびり太郎
のんびり太郎

フアイアは、多くの医療施設での調査を進められています。代表的なフアイアの市販後調査協力施設は次の通りです。

  • 国立がん研究センター中央病院
  • 国立がん研究センター東病院
  • 順天堂大学医学部附属順天堂医院
  • 東京歯科大学市川総合病院
  • 帝京大学医学部附属病院

生薬「Huaier(フアイア)」について、もっと詳しく知りたいときは?

『日本フアイア研究会』では、生薬「Huaier(フアイア)」に関する様々な論文や大規模臨床試験などの情報などが発信されています。

『漢方.jp』でもお馴染みの新見正則先生(新見正則医院院長/帝京大学医学部大学院東洋医学講座指導教授)も学術担当理事として活躍され、自身のクリニックでも生薬「Huaier(フアイア)」を使った診療されておられます。

のんびり太郎
のんびり太郎

新見医師自身も新型コロナ感染対策としてフアイアを毎日3グラム服用しているとのこと。

新見正則 先生
新見正則 先生

がんの治療や再発予防にも生薬「Huaier(フアイア)」を使用しています。漢方薬と併用することも多いですよ。

併用している漢方薬に『補中益気湯』『人参養栄湯』などがありますが、どんな漢方薬と併用しても問題はありません。

生薬「Huaier(フアイア)」の副作用は「下痢」くらいのもので、それも飲み始めの頃だけのことが多いです。

のんびり太郎
のんびり太郎

2021年7月に新見正則先生著書【抗がんエビデンスを得た生薬フアイア(各種がん・免疫疾患に科学的根拠が続々登場)】も出版されています。


医療に携わっていないひとでも理解できるようにわかりやすく書かれています。

スポンサーリンク

コメント

  1. KEIKO より:

    はじめまして。
    最近になって「糖鎖」を知りました。
    フアイアという生薬には糖鎖が主成分なのでしょうか?
    フアイアは癌治療や再発防止など凄い効果があるのですね!

    新見先生の著書を読んでみます!

    • nonnbiri-taro nonnbiri-taro より:

      はじめまして!
      フアイアの主成分が糖鎖?という質問ですが専門家ではないのでどれくらいの割合で含まれているのかはお答えできないのですが、TPG-1という、「第三の生命鎖」と呼ばれる糖鎖の一種が他の生薬などに比べて多いのではないでしょうか。
      新見先生は、YouTubeチャンネル【漢方.jp】などでもズバズバと本音を語りますので面白いと思います。

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました