免疫力も『老化』するって本当?【免疫老化(immunosenes-cence)】

免疫力も『老化』するって本当? 医療・健康情報

 しわが増えたり、白髪が増えたり、シミが増えたり、老眼がでてきたり、年齢を重ねていくうちに体にも様ざまな変化が起きてくるのは、誰しも感じることと思います。

 目に見みえる『老化』は、分かりやすいと思いますが、目には見えない『免疫力』にも『老化』があるというのです。

 未曽有の『コロナ禍』に見舞われている昨今ですが、新型コロナウイルス感染症の罹患者の分析結果が発表されています。

 2020年2月、中国疾病予防管理センターが、発表したデータによると罹患者4万4672人のうちの死亡者数は1023人(致死率2.3%)。その内訳は、81%が60歳以上というものでした。

 新型コロナに対するデータが蓄積されてきた現在において、高齢者の感染が最も危惧されていますね。高齢者の重症化・死亡率が高い理由が示されている記事がありましたので、紹介させていただきます。

 名古屋大学・生体管理医学講座(臨床感染統御学分野)教授の「八木哲也」氏によると、感染症リスクの高い理由は、次の4つの側面があると指摘されていました。

  • 加齢による免疫学的変化
  • 加齢による生理学的変化
  • 合併する慢性疾患の影響
  • 慢性疾患の治療による影響
スポンサーリンク

加齢による免疫学的変化とは

 免疫には、『獲得免疫』『自然免疫』の2種類があります

 まず、獲得免疫とは、病原体や毒素などの異物と接することで得られる免疫です。この獲得免疫はさらに、『液性免疫』『細胞性免疫』に分類されます。

  • 液性免疫は、病原性の細菌やウイルスなどの抗原に対して抗体をつくり駆除する「B細胞」が中心となって働く免疫です。
  • 細胞性免疫とは、ヘルパーT細胞の指令によって「キラーT細胞」や「マクロファージ」が直接、病原体に感染した細胞を攻撃・排除する免疫です。

 ※ここで、重要なポイントがあります!

※高齢者の液性免疫においては、新型コロナウイルスのような新規抗原に対して、防御能力の劣る(役に立たない)抗体の割合が多い状態である

 詳しく説明すると、高齢者の液性免疫では、末梢のリンパ組織中のB細胞の全体数自体は、若年者と変わりはないのですが、新たな抗原に反応するB細胞数が減少して、これまでに抗原刺激を受けたメモリーB細胞数が多くなるというのです。

 つまり、兵隊はいるけど、新しい敵と戦う能力がある兵隊が少ない状態だということのようですね。また、生まれながらに備わっている「自然免疫」についても、高齢になるにつれ、その機能が減弱することが示唆されています。

 このことが、加齢により免疫機能が変化すること。いわゆる『免疫の老化(immunosenes-cence)』と呼ばれる状態になります。

加齢による生理学的変化

 新型コロナウイルスは、呼吸器系に影響が出ることが多いのですが、この呼吸器において、次のようなことが、加齢によって引き起こされます。

  • 異物を排除するための気道分泌液の低下
  • 異物を排除するための繊毛運動能の低下
  • 嚥下・咳反射の低下

合併する慢性疾患の影響

 高齢になるにつれ、心臓病・生活習慣病など多くの病気を患うことも多くなってきます。

慢性疾患の治療による影響

 高齢者ばかりではありませんが、膠原病などの免疫の病気に使用される「ステロイド剤」「免疫抑制剤」によって免疫能が低下するため感染リスクが高まります

まとめ

 新型コロナウイルスにおいて、データや免疫の仕組みからも分かる様に、高齢者をウイルスから遠ざけることが、大切なようです。

 若年者の方も、自分は大丈夫だからと言わず、感染予防に努めてくださいね。新型コロナウイルス感染において医療がひっ迫することで、その他の病気においても受診できずに健康が確保されない事が危惧されています。『医療崩壊』をみなさんの協力によって回避しましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました