感染症予防に『手洗い』が大切なわけ!【手洗いの回数と時間】

感染症予防に『手洗い』が大切なわけ!【手洗いの回数と時間】 コロナ関連

 新型コロナ感染の終息がなかなか見通せないコロナ禍において、再度、注意喚起として『手洗い』についておさらいをしてみたいと思います

 まず、手洗いの仕方で、除菌率が大きく異なるため、そのデータを示したいと思います。

ハルくん
ハルくん

なかなか、終息する気配がない「コロナ」だけど、大切なことは、自分が出来る感染予防を徹底することだよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

今回は、感染予防に重要な『手洗い』についてもう一度、確認してみたいと思います!

手洗いの効果【手洗いの時間・回数】

引用:内閣府 食品安全委員会

接触感染のリスク

 新型コロナを含め、「ウイルス・細菌」は、「口・目・鼻」などの粘膜からおもに感染するといわれています。

 ひとは、無意識のうちに自分の顔を何度も触ってしまうというのです。ちなみに、あるデーターでは、ひとが顔を触る回数は次のように示されました。

ひとが一定時間に無意識のうちに顔を触る回数

 ニューサウスウエールズ大学の医学生を対象に行動観察試験を行った。医学生は感染制御に関連のない講義を受講時に、顔に触る行動をビデオテープに記録された。標準的スコアシートを用い、顔の粘膜や粘膜以外の部分に手が接触した頻度を集計し、解析した。合計26人の学生が観察され、240分間で顔に2,346回触れていた。

 そのうち56%(1,322/2,346)は顔の粘膜以外の部位に触れ、44%(1,024/2,346)は粘膜部に触れていた。1,322回の顔の粘膜以外の部位への接触では、あごが31%と最も多く、次いで頬が29%、髪28%、首8%、耳4%であった。

 1,024回の顔の粘膜部位接触では、口が36%と多く、鼻が31%、目が27%、複数の粘膜部位が6%であった。

 26人の学生の1時間当たりの顔への接触回数は平均23回(範囲4〜153回)で、平均接触時間は口が2秒(範囲1〜12秒)、鼻が1秒(範囲1〜10秒),目が1秒(範囲1〜5秒)であった。

(引用文献:Kwok YLA, Gralton J, McLaws ML Face touching:A frequent habit that has implications for hand hygiene. Am J Infect Control 2015;43:112-114.

 日常生活をするうえでは、どうしても不特定多数のひとが触れたものに接触する機会が生まれてしまいますよね。その都度、使い捨て手袋をするのも現実的ではないことも多いと思います。

 そのために、こまめな『正しい手洗い』が大切なのです!そもそも、新型コロナを含め、「ウイルス・細菌」が付着していなければ、顔をいくら触ろうが何をしようと当然、感染はしません。

 海外を含め、日本でも新型コロナの感性が急速に拡大している環境では、どこにウイルスが潜んでいるかわかりません。全く症状のない『不顕性感染』のひとも多いようですし・・。

 調剤薬局での支払いの際も、いまだに「つばをつけてお金をめくる」ひとも存在しますし、買い物をしていてもあちこち商品を触って品定めをしているひとも普通に見受けられます。

 個人的には、『感染経路不明』のひとのなかには、このような『接触感染』が原因のひとも多いのではないかと思っています。

 接触感染といっても、皮膚に触れただけでは、通常は感染しません。ウイルス・細菌が付着した物を触った手で、「口・目・鼻」などの粘膜を触ってしまうために感染が成立してしまいまうのですね。

その消毒液の使い方は『逆効果』かも⁉

 あと、調剤薬局で働いていて気になることがあるのですが、手指の消毒をする際の正しい方法は、消毒液のポンプは最後まで押し切る(きちんと下までワンプッシュ)が正解です。

 押し切ると手のひらから溢れそうになると思いますが、その量をきちんと手のひらから手の甲・手首にかけて乾燥するまですり込んでくださいね!

 きちんと、消毒液を使用できているひとは、1割にも満たないのが現場での実感です。

 自動噴霧される消毒液や、足のペダルで消毒薬が出てくるタイプであれば問題は無いのですが、よく店頭などに設置されている、自分でポンプを押すタイプの消毒液では、当然の如く、『不特定多数』のひとがポンプの頭に触れていますよね。

 つまりそこには、ウイルスがいてもおかしくはありません。なかには目視できるくらい汚れているようなポンプもあります。

 正しい消毒液の使い方を行えば、ウイルスは排除できますが、不適切な消毒液の使用法では排除できず、自分からウイルスを手に付着させに行っているようなものです。

 感染予防がきちんと出来ていないひとに説明すると「今まで、このやり方でやってきたけど感染してないし・・。」「周りにも感染したひとはいないし・・。」と反論されることもあります⤵。

 それは、感染予防に理解がある多くのひとの努力で感染が抑えられ、『たまたま運よくあなたの周りにウイルスがいなかっただけ』だということなのだろうと思うのですが・・。

 ひとの性格・意識・行動は、簡単には変わりません。諸外国のように感染爆発しないことを願うばかりです。

衛生的手洗い
引用:SARAYA

まとめ

 感染予防には、『正しい手洗い』『正しい消毒』がいかに重要であるか、理解していただいたと思います。『正しい手洗い』『正しい消毒』で自分が感染することを防ぐこともできますので、何度も同じことを聞いたかと思いますが、復習の意味も込めてつぶやいてみました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました