薬剤師推奨!免疫力を高める漢方薬【補中益気湯㊶(ほちゅうえっきとう)】でコロナ禍を乗り切ろう!

補中益気湯 漢方薬
  • 疲れやすく、季節の変わり目に体調を崩しやすい
  • 1年に何度も風邪をひく
  • 食が細くて、体力が無い
  • 気力が湧かない
のんびり太郎
のんびり太郎

上記のような症状が当てはまるような「基礎体力が低下」したようなときに、おすすめの漢方薬が『補中益気湯(ほちゅうえっきとう)』です。

ハルくん
ハルくん

ところで、”新型コロナなどの感染症が蔓延しているようなときに飲んでおきたい時” におすすめの漢方薬はあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

気力・体力を回復し、免疫力を高める作用が認められている漢方薬(補剤)はいくつかあるのですが、その中でもおすすめな漢方薬が『補中益気湯』です。

ハルくん
ハルくん

そうなんだ~。

『補中益気湯』は免疫力をアップしてくれるんだね!

のんびり太郎
のんびり太郎

『補中益気湯』には「インフルエンザ感染症」に対しての研究結果が発表されていて、インフルエンザの予防効果があることが認められています。

ということは、「新型コロナ感染予防」に対する効果も十分期待できそうですよね!

のんびり太郎
のんびり太郎

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)の効果を、簡単に説明すると『気力・体力ともに元気にさせてくれる漢方薬』です。
気力・体力を改善し免疫力を高める作用が認められていることで、補中益気湯は新型コロナ感染症の予防効果が期待できる薬の候補として日本感染症学会から発表されています。

スポンサーリンク

【補中益気湯】の生薬構成(ツムラ)

人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、陳皮(チンピ)、大棗(タイソウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、升麻(ショウマ)

のんびり太郎
のんびり太郎

「朮」「蒼朮」・「白朮」のどちらかが使われていることがあり、製薬メーカーによって中身が違うことがあります!

「蒼朮」は水毒を去る作用が優れ、「白朮」は気を補う作用が優れていると言われています。

ちなみに吉益東洞『薬徴』では「朮、利水を主る。 水を利するは、蒼は白に優る。 故に余は蒼朮を取るなり」と記されています。

【補中益気湯】の効能効果(ツムラ)

体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒

のんびり太郎
のんびり太郎

「免疫アップ」「アンチエイジング」など「補剤」には凄い可能性が秘められています!

補剤とは胃腸の働きを良くし、滋養強壮して自然治癒力を高める薬をさします。 

体力や気力などの生体のもつエネルギーを向上させる働きがあります。

【補中益気湯】は自律神経機能も調節してくれることが論文に発表されました!

日本東洋医学雑誌で、『六君子湯・補中益気湯の副腎皮質機能・自律神経機能に及ぼす影響の検討(岡孝和・小宮山博朗・中川哲也・松浦達雄・岡佳恵)』というタイトルで、六君子湯および補中益気湯の血清コルチゾル値および心電図R-R間隔変動係数 (CVR-R) に及ぼす影響を検討した結果が発表されていました!

のんびり太郎
のんびり太郎

六君子湯・補中益気湯』は、副腎皮質および自律神経機能に対して調整的に作用するようです。

結果として、この作用はストレス性疾患に対しては有用な作用と考えられることがまとめられていました!

ハルくん
ハルくん

自律神経失調症などで、つらい思いをしている人は『補中益気湯』を試してみるのも良さそうだね!

【補中益気湯】の特徴・説明

  • 体力の低下した虚弱者によく用いられる方剤です。
  • 『参耆剤』と呼ばれる補剤の代表的方剤です。参耆剤とは生薬の「人参」「黄耆」を一緒に含む方剤の一群を指します。人参の効能は健胃・強壮強精、黄耆は止汗・利尿・強壮です。
のんびり太郎
のんびり太郎

豆知識とし、10種類ある「参耆剤」の中で「柴胡」を含んでいる方剤は『補中益気湯』と『加味帰脾湯』の2種類になります。

「柴胡」を含んでいると “こじれた症状がある場合” に効果が期待できます。

  • 漢方薬の王者という意味で『医王湯』とも呼ばれてます。
  • 補中益気湯という名前の由来は、「中」とは消化器(胃・腸)を表し、「気」は元気のことを表すので、胃腸を整え、元気を増すということになります。
  • 味は表現しづらいですが、わずかに甘い感じです。

補中益気湯によるインフルエンザ予防効果の研究結果を紹介

気力・体力を充実させる補中益気湯には免疫力を高める効果が期待できるようなのです。

補中益気湯が免疫を活性化させるメカニズムについての研究が多数行われ、エビデンスも蓄積されてきています。

また、インフルエンザの感染を抑えることができたという研究成果も報告されているのです。

2009年 新型インフルエンザ(A/H1N1 pdm2009)が流行した際、愛生病院の職員を対象として、補中益気湯の服用の有無がインフルエンザ感染症に対してどう影響するのかという内容の研究が帝京大学 新見正則氏によって行われました。

対象となったのは358人の職員で、補中益気湯を服用しなかった179名のうち7例がインフルエンザに感染し、補中益気湯を服用した179名(途中でやめた人を含める)では1例のみがインフルエンザに感染しました。

この結果から、補中益気湯で新型インフルエンザを予防できる可能性があることが推測できます。

ハルくん
ハルくん

『補中益気湯』は、インフルエンザの予防も出来るんだね!

インフルエンザ流行時にはぜひ飲んでみたいな。

【補中益気湯】のエビデンス

エビデンスとは、科学的根拠、つまり実験や調査などの研究結果から導かれた「裏付け」があることを指します。

  • 免疫栄養改善効果
  • Th1/Th2バランスの調整作用
  • 虚弱高齢者に対する効果
  • 帯状疱疹後神経痛の予防効果
  • アトピー性皮膚炎に対する効果
  • 手術侵襲ストレスによる免疫抑制を防ぐ効果
  • がん化学療の全身倦怠感に対する効果
  • NK細胞活性に及ぼす作用と抗腫瘍作用
  • 腫瘍免疫に対する作用・抗腫瘍作用

(臨床医のための漢方薬概論:稲木一元著より引用)

【補中益気湯】のクリニカルパール

クリニカルパール(Clinical pearl)とは、経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

竹越哲男先生
竹越哲男先生

慢性扁桃炎(匂い玉:口蓋扁桃の膿栓)には、まず小柴胡湯加桔梗石膏+抗生剤によって炎症を抑え、その後『補中益気湯』+マクロライド長期投与(1~3か月間)を行った後、『補中益気湯』のみでかなりの効果が期待できます。

(引用:明解!西洋医学で耳鼻科漢方

竹越哲男先生
竹越哲男先生

”耳管開放症” には『補中益気湯』が効果が期待できます。

というのは、”耳管開放症” の病態がいわゆる ”虚” の状態にあることが要因となっています。

治療としては同時にATP(アデホスコーワ腸溶錠®)も併用すると良いです。

『八味地黄丸』、『八味丸』を使用すると良いことも多いです。

『補中益気湯』で効果が得られないような際は『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』が効くことがあります。

(引用:明解!西洋医学で耳鼻科漢方

のんびり太郎
のんびり太郎

”耳管開放症” について分かりやすく解説している動画ありましたので紹介しておきますね!

引用:YouTube【ミルメディカル 家庭の医学】
松田邦夫Dr
松田邦夫Dr

経産婦で腹圧性尿失禁がある場合に『補中益気湯』が功を奏することがあります。

(引用:漢方.jp)

宮本信宏Dr
宮本信宏Dr

肺炎・気管支炎の予防に補気剤である『補中益気湯』が良いと考えています。

(引用:漢方.jp)

竹越哲夫Dr
竹越哲夫Dr

急性低音障害型感音難聴には『補中益気湯』+『桂枝加苓朮附湯』が良い場合があります。

または、『釣藤散』+『桂枝加苓朮附湯』も選択肢のひとつです。

(引用:漢方.jp)

竹越哲夫Dr
竹越哲夫Dr

慢性扁桃炎でよく熱を出している人で、扁桃腺摘出手術をする予定だった人が、『補中益気湯』の服用によって手術回避できた経験があります。

マクロライド系の少量投与を併用することもあります。

(引用:漢方.jp)

【補中益気湯】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【補中益気湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

「腸」が「免疫の司令塔」だった⁉

いま話題の「腸内細菌」が、腸に集結する「免疫細胞」と不思議な会話を交わしながら、私たちの全身をさまざまな病気から守る「免疫力」をコントロールしている。

のんびり太郎
のんびり太郎

そんな驚きの「腸」の実像が見えてきたようです。

先日、NHKスペシャル「人体」ではタモリさん・山中伸弥さんをW司会に、アメリカ大リーグで活躍する田中将大投手と、小島瑠璃子さんをゲストに迎え、「腸と免疫」の研究の最前線に迫っていました!

シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク第4集 万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった
NHKスペシャルの番組公式サイトです。
ハルくん
ハルくん

興味ある内容が記されていたよ!

漢方薬の効果にも腸内細菌が関係していた⁉

漢方薬の有効成分として多くの配糖体が知られています。

糖がついた結果、水溶性が高く、脂質でできた消化管の細胞膜を通りにくいものが多く、簡単には吸収されないのです。

そのため、漢方薬はそのまま下部消化管に届いた後、腸内細菌によって糖を外されて初めて吸収されるものが多いのです。

腸内細菌叢の違いが、漢方薬の薬効に個人差がでる一つの大きな要因となっています。

のんびり太郎
のんびり太郎

漢方薬の効果を感じられにくい人が、腸内環境を改善することで漢方薬が効くようになる可能性があるんです!

ハルくん
ハルくん

腸内環境の改善に何かおすすめの方法はないのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

整腸剤を利用するのもひとつの方法です。

おすすめの整腸剤であるファスコン整腸錠プラス』 には、有益な腸内細菌である乳酸菌(フェカリス菌)(アシドフィルス菌)(ビフィズ ス菌)と、有益な腸内細菌の増殖を促す(納豆菌)の4種に加え、消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)が配合されています。

お腹の調子を整え、乱れがちなお通じを改善してくれます。

ハルくん
ハルくん

ファスコン整腸錠プラス』 は、4種の生菌が腸内バランスを整えるため、多くの方が体調の変化を実感しているんだって!

Sowan(ソワン)
20代~30代向け
スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました