免疫力を高めるおすすめの漢方薬【補中益気湯(ほちゅうえっきとう)でコロナ禍を乗り切ろう】

免疫力を高めるおすすめの漢方薬【補中益気湯でコロナ禍を乗り切ろう】 漢方薬

 疲れやすく、季節の変わり目に体調を崩しやすい、1年に何度もかぜをひくなど、「基礎体力が低下」したようなときに、おすすめの漢方薬が『補中益気湯(ほちゅうえっきとう)』です。

ハルくん
ハルくん

新型コロナなどの感染症が蔓延しているときに、おすすめの漢方薬はあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

気力・体力を回復し、免疫力を高める作用が認められている漢方薬があるんだけど、その中でもおすすめな漢方薬が【補中益気湯】です。

のんびり太郎
のんびり太郎

この補中益気湯の「新型コロナ」に対する研究結果は、まだないけれど、「インフルエンザ」に対しての研究結果は発表されていて、インフルエンザ予防効果が認められています。

 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、簡単に説明すると『元気になる漢方薬』です。

 ※気力・体力を改善し免疫力を高める作用が認められ、新型コロナ感染症の予防効果が期待できる薬の候補として日本感染症学会から発表されています。

COVID-19感染症に対する漢方治療の考え方

スポンサーリンク

【補中益気湯】の生薬構成

 人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)、黄耆(オウギ)、当帰(トウキ)、陳皮(チンピ)、大棗(タイソウ)、柴胡(サイコ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、升麻(ショウマ)

【補中益気湯】の効能効果

 体力虚弱で、元気がなく、胃腸のはたらきが衰えて、疲れやすいものの次の諸症:虚弱体質、疲労倦怠、病後・術後の衰弱、食欲不振、ねあせ、感冒

おすすめの「補剤(ほざい)TOP3!」

#「補剤」には凄い可能性が秘められています!「免疫アップ」「アンチエイジング」も⁉

【補中益気湯】の特徴・説明

  • 体力の低下した虚弱者によく用いられる方剤です。
  • 『参耆剤』と呼ばれる補剤の代表的方剤です。参耆剤とは生薬の「人参」「黄耆」を一緒に含む方剤の一群を指します。人参の効能は健胃・強壮強精、黄耆は止汗・利尿・強壮です。
  • 漢方薬の王者という意味で別名を『医王湯』と言われます。
  • 補中益気湯という名前の由来は、「中」とは消化器(胃・腸)を表し、「気」は元気のことを表すので、胃腸を整え、元気を増すということになります。
  • 味は表現しづらいですが、わずかに甘い感じです。

補中益気湯によるインフルエンザ予防効果

 体力を充実させる補中益気湯には免疫力を高める効果も期待できます

 補中益気湯が免疫を活性化させるメカニズムについての研究が多数行われ、エビデンスも蓄積されてきています。また、インフルエンザの感染を抑えることができたという研究成果も報告されています。

 2009年 新型インフルエンザ(A/H1N1 pdm2009)が流行した際、愛生病院の職員を対象として、補中益気湯の服用の有無がインフルエンザ感染に影響するかどうかの研究が行われました。(帝京大学 新見正則氏)

 対象は358人の職員で、補中益気湯を服用しなかった179名のうち7例がインフルエンザに感染、補中益気湯を服用した179名(途中でやめた人を含める)のうち1例がインフルエンザに感染しました。

 この結果から、補中益気湯で新型インフルエンザを予防できる可能性があることがわかります。

【補中益気湯】のエビデンス

 エビデンスとは、科学的根拠、つまり実験や調査などの研究結果から導かれた「裏付け」があることを指します。

  • 免疫栄養改善効果
  • Th1/Th2バランスの調整作用
  • 虚弱高齢者に対する効果
  • 帯状疱疹後神経痛の予防効果
  • アトピー性皮膚炎に対する効果
  • 手術侵襲ストレスによる免疫抑制を防ぐ効果
  • がん化学療の全身倦怠感に対する効果
  • NK細胞活性に及ぼす作用と抗腫瘍作用
  • 腫瘍免疫に対する作用・抗腫瘍作用

臨床医のための漢方薬概論:稲木一元著より引用

【補中益気湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【補中益気湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

「腸」が「免疫」の司令塔だった!

 いま話題の「腸内細菌」が、腸に集結する「免疫細胞」と不思議な会話を交わしながら、私たちの全身をさまざまな病気から守る「免疫力」をコントロールしている。そんな驚きの腸の実像が見えてきました。

 NHKスペシャル「人体」では、タモリさん・山中伸弥さんをW司会に、アメリカ大リーグで活躍する田中将大投手と、小島瑠璃子さんをゲストに迎え、腸と免疫の研究最前線に迫っていました!

シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク第4集 万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった
NHKスペシャルの番組公式サイトです。

漢方薬の効果にも腸内細菌が関係!

 漢方薬の有効成分として多くの配糖体が知られています。糖がついた結果、水溶性が高く、脂質でできた消化管の細胞膜を通りにくいものが多く、簡単には吸収されません。

 下部消化管に届き、腸内細菌によって糖を外されて初めて吸収されるものが多いのです。

腸内細菌叢の違いが、漢方薬の薬効の個人差の一つの大きな根拠となっています。

 おすすめの整腸剤であるファスコン整腸錠プラス』 には、有益な腸内細菌である乳酸菌(フェカリス菌)(アシドフィルス菌)(ビフィズ ス菌)と、有益な腸内細菌の増殖を促す(納豆菌)の4種に加え、消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を配合し 、お腹の調子を整え、日頃乱れがちな便通を改善します。

 4種の生菌が腸内バランスを整える ため多くの方が体調の変化を実感されています!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました