インフルエンザ・かぜにおすすめの漢方薬【麻黄湯(まおうとう)】

インフルエンザ・かぜにおすすめの漢方薬【麻黄湯(まおうとう)】 漢方薬

 急性発熱性疾患(インフルエンザ・かぜ)の「初期」に、おすすめの漢方薬が『麻黄湯(まおうとう)』です。寒気・悪寒戦慄があり、まだ汗が出ていない様なときに使用すると効果的です。

のんびり太郎
のんびり太郎

『麻黄湯』は、寒気が出たときにすぐに飲むことをお勧めします。

スポンサーリンク

風邪とは

 主にウイルスが原因で起こる鼻・のどの急性の感染症を「風邪」と呼びます。風邪の原因は、ほとんどがウイルスです。

ハルくん
ハルくん

「ウイルス」と「細菌」は、全く違うんだって!

 風邪のほとんどの原因である「ウイルス」に対して抗生物質は効きません。抗生物質が効果があるのは「細菌」であり、「ウイルス」と「細菌」は全く別のものなのです

  実際、「抗生物質を飲めば風邪が早く治る!」という確かなデータは世界中どこにもありません。抗生物質の乱用による「薬剤耐性菌」の出現が世界的な問題になっています。

薬剤耐性菌とは

 「薬剤耐性菌」とは、抗菌薬が効かない薬剤耐性(AMR=Antimicrobial Resistance)を持つ細菌のことです。

 薬剤耐性菌が出現しやすい条件には、主に3つのケースがあります。1つは必要のない症例での抗菌薬の投与、2つめは必要以上の広域抗菌薬の投与、3つめは必要以上の抗菌薬の長期投与です。

 次々と現れる薬剤耐性菌に対し、抗菌薬の開発が追いつかなくなってきています。これはかなり危険な状態です。

麻黄湯(まおうとう)の生薬構成

 麻黄(マオウ)、桂皮(ケイヒ)、杏仁(キョウニン)、甘草(カンゾウ)

麻黄湯(まおうとう)の効能効果

 感冒、インフルエンザ(初期のもの)、関節リウマチ、喘息、乳児の鼻閉塞、哺乳困難

「風邪のひきはじめ」に使用される漢方薬
のんびり太郎
のんびり太郎

上から実証(体が丈夫)⇒中間⇒虚証(虚弱体質)の順で使用される漢方薬になります。

麻黄湯(まおうとう)の特徴・説明

  • 「麻黄」を含む麻黄剤です。麻黄の主要成分である「エフェドリン」は交感神経興奮作用・中枢神経興奮作用があります。また、「麻黄」+「桂皮」で発汗作用を増強させます。
のんびり太郎
のんびり太郎

発汗し解熱し始めたら、『麻黄湯』服用をやめるといった感じで使用するとよい漢方薬です。

ポイントは「汗がにじむように出るまで」です!

  • 不整脈・心疾患・甲状腺機能亢進症の方が服用すると、基礎疾患の状態が悪くなることもあるので注意が必要となります。

  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘くて渋いです。

生薬・漢方薬とスポーツ選手のドーピング問題とは

出典:onacadan

 オリンピックなどで、時折耳にするようになった「ドーピング問題」ですが、アスリートが風邪の対応に服用した漢方薬が原因となり、ドーピング検査で陽性反応が出たという事例が起きているのです。

のんびり太郎
のんびり太郎

「うっかりドーピング」と言われている風邪での漢方薬服用ですね。

WADA(World Anti-Doping Agency)が発表する禁止薬物とは

  1. 常に禁止される物質:ベータ2作用薬として「ヒゲナミン」など
  2. 競技会(時)に禁止される物質:興奮薬としてエフェドリン、プソイドエフェドリン、ストリキニーネなど
  3. 特定競技において禁止される物質

 エフェドリンやプソイドエフェドリンは「麻黄(まおう)」に含まれ、ヒゲナミンは「呉茱萸(ごしゅゆ)」「細辛(さいしん)」「丁子(ちょうじ)」「蓮肉(れんにく)」「附子(ぶし)」「南天実(なんてんじつ)」などに含まれています。

 風邪の引き初めにと使われる『葛根湯(かっこんとう)』や『麻黄湯(まおうとう)』には「麻黄」が含まれています。

 また、鼻かぜやアレルギー性鼻炎に用いる『小青竜湯(しょうせいりゅうとう)』には「麻黄」と「細辛」が含まれ、『麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)』にはそれらに加えて「附子」も含まれています。

麻黄湯(まおうとう)のエビデンスとは

のんびり太郎
のんびり太郎

「エビデンス」とは、科学的根拠、つまり実験や調査などの研究結果から導かれた「裏付け」があることを指します。

  • インフルエンザに麻黄湯を投与し、発熱時間短縮効果が認められました。
  • インフルエンザ治療において「麻黄湯」と「ノイラミニダーゼ阻害薬(タミフルなど)」が同等の効果を認められました。

麻黄湯(まおうとう)の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

麻黄湯(まおうとう)の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません。

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。


スポンサーリンク

コメント

スポンサードリンク

さくらの恋猫
タイトルとURLをコピーしました