メンタルにも効果あり!虚弱体質のひとの風邪症状におすすめの漢方薬!【香蘇散(こうそさん)】

虚弱体質のひとの風邪におすすめの漢方薬【香蘇散】 漢方薬
体が弱いひとの風邪に、おすすめの漢方薬が『香蘇散(こうそさん)』です。風邪薬を飲むと胃の調子が悪くなるようなひとにもおすすめです。また、うつ状態などのメンタル疾患にも効果があります。

 体が弱いひとの風邪に、おすすめの漢方薬が『香蘇散(こうそさん)』です。風邪薬を飲むと胃の調子が悪くなるようなひとにもおすすめです。また、うつ状態などのメンタル疾患にも効果があります。

ハルくん
ハルくん

風邪の漢方薬といえば、『葛根湯』だよね!

のんびり太郎
のんびり太郎

 ただ、『葛根湯』が合わないひともいるんだよ。虚弱体質のひとは、葛根湯に含まれている「麻黄」が合わずに動悸がしたり、ムカムカしたりするんだよ。

ハルくん
ハルくん

そんな時は、何を飲んだらいいの?

のんびり太郎
のんびり太郎

そこで、虚弱体質のひとの風邪に、おすすめの漢方薬が『香蘇散』なんだ。『香蘇散』には、「麻黄」が含まれていないので、心臓がドキドキしたり。胃がムカムカするような症状が出ないんだよ。

【香蘇散】の生薬構成

 香附子(コウブシ)、蘇葉(ソヨウ)、陳皮(チンピ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)

【香蘇散】の効能効果

 胃腸虚弱で神経質の人の風邪の初期

「風邪のひきはじめ」に使用される漢方薬

#上から実証(体が丈夫)⇒中間⇒虚証(虚弱体質)に使用される順の漢方薬になります。

【香蘇散】の特徴・説明

  • 漢方薬で風邪によく使用される「葛根湯」などには「麻黄」という生薬が含まれていますが、この麻黄に敏感に反応する人はムカムカするなどと胃の症状が出ることがあります。そのような場合には、「麻黄」が含まれていない『香蘇散』がおすすめです。
  • 「気剤」の一種であり、うつなどのメンタル疾患に効果があります。構成生薬の「蘇葉」に鎮静作用が認められています。「蘇葉」とはシソ科のシソまたはチリメンジソの葉および枝先を乾燥したものです。
  • 抗アレルギー作用もあり、蕁麻疹などにも効果があります。
  • 味は表現法が難しいですが、甘くて辛いです。

【香蘇散】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【香蘇散】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました