体力があって、便秘がちの人でお腹を押さえると痛みが出る時におすすめの漢方薬【通導散(つうどうさん)】

体力があって、便秘がちの人におすすめの漢方薬【通導散(つうどうさん)】 漢方薬

 体力があって、下腹部を押さえると痛みが出る便秘がちの人におすすめの漢方薬が『通導散(つうどうさん)』です。

 「瘀血」を改善する「駆瘀血剤(くおけつざい)」の代表的な漢方薬です。

ハルくん
ハルくん

「便秘・瘀血」というキーワードでは、「駆瘀血剤(くおけつざい)」の代表的な漢方薬に『桃核承気湯』もあると思うけど、『通導散』とはどのように使い分けているの?

のんびり太郎
のんびり太郎

鋭い質問だね!

まず、『通導散』には生薬の「枳実」「厚朴」が含まれているので、「気滞」「気鬱」の傾向があるときに使用してみたい漢方薬だね!

『桃核承気湯』は、「小腹急結」といって、下腹部に押さえると痛み(圧痛)や硬い感じ(硬結)を顕著に認めるときに使用するとよいとされています。

スポンサーリンク

【通導散】の生薬構成

当帰(トウキ)、大黄(ダイオウ)、芒硝(ボウショウ)、枳実(キジツ)、厚朴(コウボク)、陳皮(チンピ)、木通(モクツウ)、紅花(コウカ)、蘇木(ソボク)、甘草(カンゾウ)

【通導散】の効能効果

比較的体力があり下腹部に圧痛があって便秘しがちなものの次の諸症
 ※月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

「便秘」に使用される漢方薬!
  • 桃核承気湯:気逆・瘀血がある場合
  • 通導散:気うつ・瘀血がある場合
  • 大黄甘草湯:体力にかかわらず使用できます。腹部膨満がある場合
  • 大黄牡丹皮湯:右下腹部痛・瘀血がある場合
  • 麻子仁丸:気うつがある場合・便秘の際のファーストチョイスです。高齢者におすすめ!
  • 調胃承気湯:胃部不快感・お腹の張りがある場合
  • 潤腸湯:硬い便・血虚がある場合
  • 桂枝加芍薬大黄湯:腹痛・お腹の張りがある場合
  • 大建中湯:お腹の冷え・蠕動不穏がある場合

【通導散】の特徴・説明

  • 「瘀血」を改善する「駆瘀血剤(くおけつざい)」の代表的な漢方薬です。
  • 体質的には、丈夫な「実証」とよばれるタイプの人に使用されます。便秘や下腹部の圧痛が目安になります。
  • 『通導散』は、元来は打撲傷に使用されていた処方です。森道伯による一貫堂流によって、応用が拡がったとされています。
  • 味は表現法が難しいですが、えぐくて苦いです。

【通導散】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました