高齢者の体力低下(フレイル)の時に元気が出るおすすめの漢方薬【人参養栄湯(にんじんようえいとう)】

フレイルにおすすめの漢方薬【人参養栄湯】 漢方薬
体力が低下しているひとの、様々な症状を改善するおすすめの漢方薬が『人参養栄湯(にんじんようえいとう)』です。

 体力が低下しているひとの、様々な症状を改善するおすすめの漢方薬が『人参養栄湯(にんじんようえいとう)』です。

ハルくん
ハルくん

最近、「フレイル」って言葉を耳にするようになったけどどんな意味なの?

のんびり太郎
のんびり太郎

「フレイル」とは、加齢により心身が老い衰えた状態のことを指しているんだよ。

ハルくん
ハルくん

フレイルになるとどんなことが起こるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

高齢者がフレイルという状態になると、生活の質を落とすだけでなく、さまざまな合併症を引き起こす危険があるんだよ。

統計によると、死亡率も上昇することも確認されているんだ。

フレイルとは

 人は年を取ると段々と体の力が弱くなり、外出する機会が減り、病気にならないまでも手助けや介護が必要となってきます。

 このように心と体の働きが弱くなってきた状態を「フレイル(虚弱)」と呼びます。

         引用:公益社団法人 東京都医師会

【人参養栄湯】の生薬構成

人参(ニンジン)、当帰(トウキ)、芍薬(シャクヤク)、地黄(ジオウ)、白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、桂皮(ケイヒ)、黄耆(オウギ)、陳皮(チンピ)、遠志(オンジ)、五味子(ゴミシ)、甘草(カンゾウ)

【人参養栄湯】の効能効果

 病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血

【人参養栄湯】の特徴・説明

  • 「フレイル」という状態のときに効果が期待できます。「フレイル(Frailty)」とは、日本老年医学会が提唱している「高齢者が筋力や活動が低下している状態(虚弱)」のことです。
  • 構成生薬に「五味子」を含んでいるため、呼吸器疾患をともなう際の補剤と考えるとよいと思います。
  • 構成生薬に「地黄」が含まれているため、胃もたれなどの症状が起きることがあります。
  • 構成生薬に「遠志(オンジ)」が含まれているために、血糖値のコントロールをみる指標である『1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5-AG)』が正しく測定できない可能性があります。
  • 悪性腫瘍や難治性疾患などの大病で体力が低下している場合に効果的な方剤です。抗がん剤治療や放射線治療の副作用軽減も期待でき、補助的に併用すると治療が上手くいくこともあります。
  • 「十全大補湯」と構成生薬が似ています。十全大補湯は気血両虚のひとに、人参養栄湯は呼吸器疾患がある場合が目標となります。
  • 味は表現法が難しいですが、渋くて甘いです。
おすすめの「補剤(ほざい)TOP3!」

#「補剤」には凄い可能性が秘められています!「免疫アップ」「アンチエイジング」も⁉

血糖値コントロールの指標のひとつ『1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5-AG)』に影響を与える漢方薬の構成生薬「遠志(オンジ)」とは

ハルくん
ハルくん

『1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5-AG)』って何?

のんびり太郎
のんびり太郎

『1,5-AG』は、検査(採血)時点から過去数日間の血糖レベルがわかる指標です。

尿糖の排泄量に伴い数値が下がるという仕組みから、食後だけ高血糖になっているケースなど、病状が比較的軽度の時点から、より敏感に反応が現れるので、糖尿病の早期発見に役立つ血液検査になります。

のんびり太郎
のんびり太郎

『1,5-AG』は、ほかの血糖値の指標となる検査項目『HbA1C(ヘモグロビン・エーワンシー)・グリコアルブミン(GA)』とは異なり、数値が低い方が糖尿病の状態が悪いので勘違いしないようにしてくださいね!

出典:糖尿病ネットワーク
ハルくん
ハルくん

お薬の中には、検査結果に影響を与えることもあるって言っていたよね!

のんびり太郎
のんびり太郎

そうなんです!

漢方薬の中にも『1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5-AG)』の検査結果に影響を与えてしまうものもあるので紹介しておきますね。

『1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5-AG)』に影響を与える生薬「遠志」を含む漢方薬一覧!
のんびり太郎
のんびり太郎

「遠志(オンジ)」には、1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5-AG)が多く含まれているので、本来の血糖コントロール状態に比べて『1,5-AG 値が高くなる』可能性があります。

のんびり太郎
のんびり太郎

ただ、この数値の結果は、糖尿病の病気の状態が悪くなったり良くなったりするということではなくて、正確に検査結果が反映されないということなので、糖尿病のひとが「遠志(オンジ)」を含む漢方薬を飲んではいけないということではありません。

ハルくん
ハルくん

「遠志(オンジ)」は、ヒメハギ科のイトヒメハギの根を乾燥したもので、漢方的には、精神を安定させたり、動悸、健忘、不眠、咳嗽、多痰、腫れ物などの改善が期待できる生薬だったよね!

遠志(オンジ)【出典:漢方.jp】
のんびり太郎
のんびり太郎

物忘れを改善するという市販薬の中にもこの「遠志(オンジ)」が含まれていることがあるので『1,5-アンヒドロ-D-グルシトール(1,5-AG)』の検査をしているひとはお医者さんに話すようにしてくださいね!

【人参養栄湯】のエビデンスとは

 エビデンスとは、科学的根拠、つまり実験や調査などの研究結果から導かれた「裏付け」があることを指します。

  • 放射線治療中の白血球減少の予防と自覚症状の改善
  • 慢性C型肝炎のリバビリン併用療法における貧血軽減効果

【人参養栄湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【人参養栄湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

ヨヤクスリ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました