うがい薬で感染症は予防できるの?意外な結果が発表されました!【ポピドンヨード・アズレンスルホン酸の違いとは⁉】

うがい薬で感染症は予防できる?【意外な事実】 コロナ関連

小さい頃から『家に帰ったら、うがい・手洗いをしましょう!』といわれ続けてきたと思います。

突然ですが、そもそもインフルエンザ・新型コロナ・風邪など、感染症の予防に本当に『うがい』は効果があるのでしょうか?

のんびり太郎
のんびり太郎

そんな疑問に、答えてくれる検証結果が示されていましたので、ここで紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

うがい薬にはどんな効果があるの?【うがいの殺菌効果・抗炎症効果】

まず、うがい薬には、「殺菌効果」が目的の成分と「抗炎症効果」が目的の成分に分類されます。

うがい薬の分類
  • 殺菌効果を示す成分:『ポピドンヨード』『セチルピリジウム』
  • 抗炎症効果を示す成分:『アズレンスルホン酸』『グリチルリチン酸』
ハルくん
ハルくん

成分によって目的が変わってくるんだね!

ハルくん
ハルくん

頻用されているうがい薬では、見た目が茶色い方が「ポピドンヨードうがい薬」で、青い方が「アズレンスルホン酸うがい薬」だったよね!

のんびり太郎
のんびり太郎

正解!★

のんびり太郎
のんびり太郎

その他にも、うがい薬には、スースーして気持ちがいい清涼感を出すために『メントール』も配合されていることも多いですね。

うがい薬には成分によって使用を避けるべき病気があるので要注意です!【うがい薬の副作用】

甲状腺疾患があるひとには、使用できないうがい薬があります。うがい薬くらいだったら大丈夫と考えてはいけません。

ポピドンヨードに含まれる「ヨウ素」に注意!

※ポピドンヨードに含まれる『ヨウ素』は甲状腺ホルモン分泌に影響するため、『甲状腺疾患』のある方は状態を悪化させる可能性があるので要注意です!

のんびり太郎
のんびり太郎

甲状腺疾患のひとは、「ヨウ素」を多く含んでいる『昆布』などの食材の摂取にも注意してくださいね!

うがい薬に感染予防効果はあるの?【『ポピドンヨードうがい薬』より『水道水』でうがいした方が感染予防の効果が高かった⁉】

うがいには、一定の感染症予防効果があると言われています。ところが、「うがい薬」を使うことで・・・。意外な結果が発表されているではないですか!

のんびり太郎
のんびり太郎

こんな論文がありました!!!

ポピドンヨードうがい薬』より『水道水』でうがいした方が感染予防の効果が高かった!

ハルくん
ハルくん

殺菌成分の入ったうがい薬よりも「水道水」だけの方が感染予防効果が高いってビックリの結果だよね!

水うがいで風邪の発症が4割減少【世界初の無作為化試験で実証】

『水うがい』をした場合は、風邪の発症確率は、うがいをしない場合に比べて 40%低下します

一方『ヨード液うがい』では 12%の低下にとどまり、統計学的にも意味のある抑制効果は認められなかったようです。

水の乱流によって、ウイルスそのものではなく、埃の中にあってウイルスにかかりやすくする『プロテアーゼ』という物質が洗い流されること、水道水に含まれる『塩素』が何らかの効果を発揮したことなどが考えられるようです。

またヨード液でそれほど効果が出なかったことについては、ヨード液がのどに常在する細菌叢を壊して風邪ウイルスの侵入を許したり、のどの正常細胞を傷害したりする可能性が考えられると結論づけられていました。

(参考文献:American Journal of Preventive Medicine2005(米国予防医学会機関誌)

ポピドンヨードうがいに感染予防効果が得られなかった理由とは

  • 『ポピドンヨード』では、殺菌作用により、口の中にいる常在菌(人には悪さをしない菌)も殺菌してしまい『口腔フローラ』と言われる細菌叢のバランスが乱れ、悪い細菌の侵入を助長してしまう
  • 『ポピドンヨード』の直接的な作用により、口腔内の細胞が障害され、バリア機能が低下して感染しやすい状態になってしまう

正しいうがいの方法を紹介

  1. 1回目は口の中の食べかすなどをきれいにするように、「ブクブク」と口に含んで強くうがいします。
  2. 2回目は、上を向いて、のどの奥をきれいにするように「ガラガラ」と15秒程度うがいします。
  3. 3回目はもう一度「ガラガラ」うがいをします。
画像引用:東京都医学総合研究所

感染症を予防するには

のんびり太郎
のんびり太郎

当然のことかもしれませんが、細菌・ウイルスが体内に入らないようにすることが基本になります!

ハルくん
ハルくん

じゃあ、どうすればいいの?

感染予防のポイント【引用:内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室】
  • 手をこまめに清潔にします。石けんで手を洗うか、手指消毒用アルコールで手を消毒します。
  • 咳やくしゃみをしている人から安全な距離を保ちます。
  • 対人距離を維持できない場合はマスクをします。自分の目、鼻、口に触ってはいけません。
  • 咳やくしゃみをするときは、肘の内側またはティッシュ ペーパーで鼻と口を覆います。
ハルくん
ハルくん

感染症予防は、基本を徹底することが大切なようだね!

のんびり太郎
のんびり太郎

休日診療・夜間診療で医師が自宅まで往診してくれるシステムがこちらです!

新型コロナにも対応してくれます!

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました