頑固な便秘におすすめの漢方薬【桃核承気湯(とうかくじょうきとう)】

頑固な便秘におすすめの漢方薬【桃核承気湯】 漢方薬

普通の便秘薬では、効果がない頑固なつらい便秘におすすめの漢方薬が『桃核承気湯(とうかくじょうきとう)』です。

月経不順や月経困難症、月経痛、月経時や産後の精神不安のほか、腰痛、痔、打撲などに用いられます。高血圧の随伴症状の頭痛・肩こり・めまいの改善にも用いられます。

ハルくん
ハルくん

女性は、便秘で悩まされていることが多いよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

女性は、ホルモンバランスで便秘しやすくなるようですね。

排卵後や妊娠中に増加する「黄体ホルモン」「プロゲステロン」は身体に水を貯める作用があり、腸内の水分が不足し便秘の傾向になるといわれています。

GMBT

痔核とはどんな状態なの?

      引用:ボラギノール公式ブランドサイト

いぼ痔(痔核)は、その名のとおり、肛門にいぼ状のはれものができる状態です。

歯状線をはさんで肛門の内側にできるものを「内痔核(ないじかく)」、外側にできるものを「外痔核(がいじかく)」と呼びます。

主に排便時のいきみや便秘などによって、肛門部に負荷がかかることで直腸肛門部の血液循環が悪くなり毛細血管の集まっている静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血して、はれ上がることで起こります。

同じ「いぼ痔(痔核)」ですが、できる場所に違いがあるため、その症状は異なります。

のんびり太郎
のんびり太郎

痔におすすめのお薬に『ボラギノール🄬』があります。

お薬の特徴として、4種の有効成分が痔による痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を発揮します。

  • 炎症をしずめる プレドニゾロン酢酸エステル(ステロイド剤)
  • 痛みやかゆみをしずめる リドカイン(局所麻酔剤)
  • 傷の治りをたすける アラントイン
  • うっ血の改善をたすける ビタミンE酢酸エステル(トコフェロール酢酸エステル)
出典:天藤製薬株式会社
ハルくん
ハルくん

ボラギノールA注入軟膏はこちらから購入できます!

【桃核承気湯】の生薬構成

桃仁(トウニン)、桂皮(ケイヒ)、大黄(ダイオウ)、芒硝(ボウショウ)、甘草(カンゾウ)

【桃核承気湯】の効能効果

月経不順、月経困難症、月経痛、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)、痔疾、打撲症

「便秘」に使用される漢方薬!
  • 桃核承気湯:気逆・瘀血がある場合
  • 通導散:気うつ・瘀血がある場合
  • 大黄牡丹皮湯:右下腹部痛・瘀血がある場合
  • 麻子仁丸:気うつがある場合・便秘の際のファーストチョイスです。高齢者におすすめ!
  • 調胃承気湯:胃部不快感・お腹の張りがある場合
  • 潤腸湯:硬い便・血虚がある場合
  • 桂枝加芍薬大黄湯:腹痛・お腹の張りがある場合
  • 大建中湯:お腹の冷え・蠕動不穏がある場合

【桃核承気湯】の特徴・説明

  • 漢方的には「於血」「気逆」「小腹急結」が使用の目安となります。
    「於血」とは、血行障害やうっ血など、血液の巡りが悪くなった状態
    「気逆」とはイライラしているような状態
    「小腹急結 (しょうふくきゅうけつ)」とは、 下腹部(特に左下腹部)に抵抗感があり、硬結や痛みも伴う瘀血の腹証のこと。
  • 便秘に使用する漢方薬で、一番強い作用を示すといわれています。体質的には「実証」といわれるがっちり型のひとに使用されることが多いです。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘く特異です。

【桃核承気湯】のクリニカルパール

クリニカルパール(Clinical pearl)とは、経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

地野充時Dr
地野充時Dr

術後の腸管麻痺性イレウスの予防に大建中湯を処方しても、イレウスを起こしてしまう患者がいます。

そういう患者を診察すると、熱っぽい感じが見られます。大建中湯は本来、冷えに伴う腹痛や膨満感を温めて治す漢方薬であり、別の病態の患者に使用していたわけです。

こういう患者の場合は、『大建中湯』でなく熱を冷ます『桃核承気湯』が適していたりするわけです。

(引用:千葉中央メディカルセンター(千葉市若葉区)和漢診療科部長の地野充時氏)

新見正則Dr
新見正則Dr

『桂枝茯苓丸』が良く効く人で、便秘傾向が強い場合は『桃核承気湯』もおすすめです!

【桃核承気湯】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【桃核承気湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました