長期服用もOK!「便秘症」のファーストチョイス!おすすめの漢方薬【麻子仁丸(ましにんがん)】

便秘におすすめの漢方薬【麻子仁丸】 漢方薬
長期服用もOK!便秘におすすめの漢方薬【麻子仁丸(ましにんがん)】

 「便秘症」のファーストチョイスに、おすすめの漢方薬が『麻子仁丸(ましにんがん)』です。

 女性に多く、つらい便秘症には、漢方薬がおすすめです。便秘だけではなく、色々な体調不良も一緒に改善することも期待できますよ。

ハルくん
ハルくん

便秘に使われる漢方薬は多いようだけど、最初に飲んでみると良さそうな漢方薬ってあるの?

のんびり太郎
のんびり太郎

 そんな時におすすめの漢方薬が【麻子仁丸】だね!

 作用の強さも中間くらいで、「甘草」という生薬も含まれていないので、長期的に服用しても副作用の心配も少ないんだよ。

便秘が原因で起こる様々な症状とは!

 便が長時間とどまっていると、便の腐敗が進行して、「有害物質」を発生します。この有害物質が、血流にのって全身にいきわたることで、次のような症状が起こります。

ハルくん
ハルくん

便秘の原因のひとつが食事なので、この著書【便秘解消の毎日ごはん】は、すごく参考になったよ!

良かったら読んでみてね!

肌荒れ・吹き出物

 便秘になることで、腸内で便の腐敗が進み、悪玉菌が増えて、「アンモニア」などの有害物質が発生します。

 この有害物質は、血液中に取り込まれるため、「皮膚のターンオーバー」を妨げる原因になります。

体臭・口臭

 血液中の有害物質が、皮膚または、呼気により排出されると、「体臭」や「口臭」の原因となります。

免疫力の低下

 「腸内細菌」が、腸に集結する「免疫細胞」と不思議な会話を交わしながら、私たちの全身を、さまざまな病気から守る「免疫力」をコントロールしています。

 便秘によって、悪玉菌が増加し腸内環境が悪化すると、「腸管免疫」という仕組みが上手く働かなくなるため、免疫力が低下してしまいます。

ハルくん
ハルくん

【Dr.クロワッサン 免疫力アップの決め手、腸内環境を強くする】は、腸を第一に考えて健康な体を手にいれるための食事、運動、日頃の心がけ、呼吸法などを専門家から指南してもらえる本だったよ!

「腸」が「免疫」の司令塔だった!

ハルくん
ハルくん

NHKスペシャル「人体」では、タモリさん・山中伸弥さんをW司会に、アメリカ大リーグで活躍する田中将大投手と、小島瑠璃子さんをゲストに迎え、『腸と免疫の研究最前線』に迫っていたよ!

漢方薬の効果にも腸内細菌が関係!

 漢方薬の有効成分として、多くの配糖体が知られています。糖がついた結果、水溶性が高く、脂質でできた消化管の細胞膜を通りにくいものが多く、簡単には吸収されません。下部消化管に届き、腸内細菌によって糖を外されて初めて吸収されるものが多いのです。

のんびり太郎
のんびり太郎

腸内細菌叢の違いが、漢方薬の効き方が個人で異なる一つの大きな理由となっています。

 おすすめの整腸剤である【ファスコン整腸錠プラス】には、有益な腸内細菌である乳酸菌(フェカリス菌)(アシドフィルス菌)(ビフィズ ス菌)と、有益な腸内細菌の増殖を促す(納豆菌)の4種に加え、消化酵素(ビオヂアスターゼ2000)を配合し 、お腹の調子を整え、日頃乱れがちな便通を改善します。

のんびり太郎
のんびり太郎

【ファスコン整腸錠プラス】は、4種の生菌が腸内バランスを整える ため多くの方が体調の変化を実感されています!

『麻子仁丸』の生薬構成

麻子仁(マシニン)、芍薬(シャクヤク)、枳実(キジツ)、厚朴(コウボク)、大黄(ダイオウ)、杏仁(キョウニン)

『麻子仁丸』の効能効果

 便秘

「便秘」に使用される漢方薬!
  • 桃核承気湯:気逆・瘀血がある場合
  • 通導散:気うつ・瘀血がある場合
  • 大黄牡丹皮湯:右下腹部痛・瘀血がある場合
  • 麻子仁丸:気うつがある場合・便秘の際のファーストチョイスです。高齢者におすすめ!
  • 調胃承気湯:胃部不快感・お腹の張りがある場合
  • 潤腸湯:硬い便・血虚がある場合
  • 桂枝加芍薬大黄湯:腹痛・お腹の張りがある場合
  • 大建中湯:お腹の冷え・蠕動不穏がある場合

『麻子仁丸』の特徴・説明

  • 植物性下剤である「大黄」が含まれ、大黄の構成成分である「センノサイドA,B」は、大腸腸内細菌叢により代謝されて「レイン-アンスロン」となり、この成分が大腸を刺激して、排便効果を示します。
  • 「麻子仁」「桃仁」は、潤滑油の作用があります。
  • 体質は気にせず使用できる方剤です。「甘草」が含まれていませんので、長期服用しても心配するような副作用が起こることは、ほとんどありません。
  • 味は表現法が難しいですが、苦くて渋いです。

『麻子仁丸』の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません。

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました