コロナ禍の猛暑日!室内換気時のエアコンはつけっぱなしが電気代がお得!

コロナ禍の猛暑日!室内換気時のエアコンはつけっぱなしが電気代がお得! コロナ関連

 毎日の猛暑日!熱中症対策にもエアコンは必須!そんな中、「コロナ禍」では、数時間おきの室内換気が推奨されています。

 「夏場の日中に、リビングの窓開け換気をする場合、エアコンの運転はどうしたらいいの?」と思いますよね!

 そこで、気になる電気代!節約できる方法を知りたくはないですか?

 調べてみると、空調機器の大手メーカー『ダイキン』さんが、こんなデーターを発表していました。

ハルくん
ハルくん

空気を入れ替えているとき、こまめにエアコンの電源を切ったりしているあなたは、実は損をしているみたいです

 ※ある条件の下で、日中に換気をするたびにエアコンの電源をオフにするよりも“つけっぱなし”にした方が、電気代が1日で約45.7円(1カ月換算で約1,371円)安く、室温の上昇も抑えられるという結果が発表されていました!

「夏場の日中にリビングの窓開け換気をする場合、エアコンの運転はどうしたらいいの?」窓開け換気時のエアコンは“つけっぱなし”が正解! | ニュースリリース | ダイキン工業株式会社
ダイキン工業株式会社は、空気で答えを出す...

エアコンには『換気システム』は常備されているの?

 ほとんどのエアコンには、『換気システム:外気を取り入れる機能』は装備されていないようです

 室内の空気を、室内機に取り入れて、冷却しているだけです。つまり、空気は、同じ室内だけで循環させているだけなのです。

 自動車の空調のように「外気循環」と「室内循環」を切り替えるような機能はありません。そのため、室内換気をするには、窓を開けるしかありません。

換気効率を高める方法とは

窓を開けて換気する場合

  • 1か所の窓だけでなく、2か所の窓を開けることで、空気の通り道ができて効率的な換気ができます。 
  • 部屋の対角線上の窓を2か所開けることで、さらに換気効率がアップします!

換気するときの時間と回数

 条件により変わりますが、窓を開けて換気するときの時間と回数の目安は、1時間に5~10分程度と言われています。

 同じ時間換気する場合は、できるだけ換気の回数を多くする方が、換気効率が高くなるようです。

 例)1時間に10分の換気を1回するよりも、1時間に5分の換気を2回する方が換気の効果は高くなります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました