つらい肩の痛み・腕が上がらない/なかなか治らない四十肩・五十肩におすすめの漢方薬【二朮湯(にじゅつとう)】

四十肩・五十肩におすすめの漢方薬【二朮湯】 漢方薬

四十肩・五十肩におすすめの漢方薬『二朮湯(にじゅつとう)』です。頚肩腕症候群や上腕神経痛にも使用されることが多いです。

ハルくん
ハルくん

ある日突然、肩が痛くなって動かせなくなったんだけど、何か肩に影響があるようなことをした記憶はないんだよね~。

のんびり太郎
のんびり太郎

ハルくんは若いから「四十肩・五十肩」ではないかもしれないけど、50歳以上になってくると「四十肩・五十肩」なの可能性もあるよね。

ハルくん
ハルくん

「四十肩・五十肩」って言葉はよく聞くけど、どういう状態なのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

今回は、「四十肩・五十肩」について解説してみるね!改善するまでには長い時間を要することが多いので気長に付き合っていくくらいの心構えが必要かもしれないね。

スポンサーリンク

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)とは?【症状・状態】

中年以降、特に50歳代に多くみられ、その病態は多彩です。肩関節が痛み、関節の動きが悪くなります。

動かすときに痛むことが多いですが、夜中にズキズキ痛み、ときに眠れないほどになることもあります。

ハルくん
ハルくん

四十肩・五十肩は、肩を動かすような動作をしない人がなりやすいんだね。毎日少しでも肩を回すような体操などをして予防していきたいね!

出典:森外科医院

四十肩・五十肩の原因とは

関節を構成する骨、軟骨、靱帯や腱などが老化して肩関節の周囲に組織に炎症が起きることが主な原因と考えられています。

肩関節の動きをよくする袋(肩峰下滑液包)や関節を包む袋(関節包)が癒着するとさらに動きが悪くなります(拘縮または凍結肩)。

(参考資料:日本整形外科学会)

出典:森外科医院

四十肩・五十肩におすすめのストレッチ体操を紹介!

のんびり太郎
のんびり太郎

「五十肩セルフ治し方!毎日1分、超簡単ストレッチ」としてYouTubeにアップされていました!

ハルくん
ハルくん

すぐにはよくならない「四十肩・五十肩」ですので、毎日のケアが大切だよね!少しでも楽に過ごせるといいな!

【五十肩】セルフ治し方!毎日1分、超簡単ストレッチ
腰痛・肩こり駆け込み寺【山内義弘】
「腰痛・肩こり駆け込み寺、山内義弘」では整体、治療法を紹介します。 どこに行っても改善しない腰痛、肩こり、首痛、ヘルニア、坐骨神経痛、ストレートネック、脊柱管狭窄症 などの痛み改善の最後の砦となるべくこれまで活動してきました。 このチャンネルでは私が長年研究してきた整体テクニック・手技を惜しみなく伝授します。 習熟度...

『運動器カテーテル治療』という画期的な方法で五十肩を治療する名医を紹介!【オクノクリニック/奥野祐次医師】

東京都港区南青山にある『医療法人社団 祐優会/オクノクリニック』の総院長を務める『奥野祐次』医師は、運動器カテーテル治療という画期的な方法で五十肩を治療する名医です。

『運動器カテーテル治療』とは、長引く痛みの原因である「モヤモヤ血管」を根本的に撃退する治療法です。

出典:オクノクリニック

「モヤモヤ血管」は、痛みの原因部位にできてしまう「異常な血管」で、五十肩や腰痛、ひざの痛みや肩こりをはじめとした”治りにくい関節の痛み”の部位にそのような異常な血管が存在することが解明されてきたようです。

ハルくん
ハルくん

「モヤモヤ血管」が痛みの原因となる部位に出来るのはわかったけど、どうしてモヤモヤ血管が出来ると痛くなるの?

のんびり太郎
のんびり太郎

奥野祐次先生によると、人間の身体は「血管と神経が一緒になって伸びる」という基本ルールがあって、血管が増えているところには、神経も一緒になって増えていくので、過剰に増えた神経から多くの痛みの信号が脳に送られるので痛みが起きるんだって!

出典:オクノクリニック

「モヤモヤ血管」を撃退する『運動器カテーテル治療』について解説してくれている動画を紹介!

のんびり太郎
のんびり太郎

痛みのカテーテル治療(運動器カテーテル治療)は、次のようなあらゆる原因の痛みにも効果があるようです。

  • 五十肩
  • 肩こり・首こり
  • 膝、足、股関節の痛み
  • スポーツによる痛み:テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、ジャンパー膝、アキレス腱炎など多数
  • 手術後の痛み
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 関節リウマチ
  • 帯状疱疹後神経痛
  • 痔のカテーテル治療
出典:オクノクリニック

夏場は要注意!紫外線が湿布(シップ)の副作用の原因に⁉【光線過敏症・光接触皮膚炎】

ハルくん
ハルくん

湿布を貼っていて、『かぶれた』という経験があるひとは多いんじゃないのかな~?

のんびり太郎
のんびり太郎

湿布の素材(接着剤など)が体質に合わなかったという場合がほとんどだと思いますが、『太陽の光(紫外線)が原因でかぶれてしまう』ことがあるのです。医学的には【光線過敏症・光接触皮膚炎】と呼ばれています。

のんびり太郎
のんびり太郎

光線過敏症・光接触皮膚炎】は、簡単に言うと日焼けのようなもので、湿布を貼っていた部分に紫外線があたることでおこる皮膚炎のことです。
症状としては、赤くなったり、痒みが出たり、水ぶくれができたり、ひどくなると全身にひろがることもあります。

ハルくん
ハルくん

どんな湿布でも【光線過敏症・光接触皮膚炎】は起きるの? 

のんびり太郎
のんびり太郎

消炎鎮痛成分のケトプロフェンが含有されている湿布 (モーラステープ®・ミルタックス®など)はこの光線過敏症を起こしやすいことがわかっています。

のんびり太郎
のんびり太郎

注意のポイントは『湿布を貼っている間だけでなく、はがしてからも皮膚にその成分が残るので、4週間は紫外線を避けることが大切なのです!』

紫外線を通しにくい長そでや長ズボン・サポーターで覆い、直接貼付部分に紫外線があたらないようにしてくださいね!

出典:久光製薬

【二朮湯】の生薬構成

白朮(ビャクジュツ)、茯苓(ブクリョウ)、陳皮(チンピ)、天南星(テンナンショウ)、香附子(コウブシ)、黄芩(オウゴン)、威霊仙(イレイセン)、和羌活(ワキョウカツ)、半夏(ハンゲ)、蒼朮(ソウジュツ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)

【二朮湯】の効能効果

五十肩

【二朮湯】の特徴・説明

  • 正式には肩関節周囲炎といわれる「四十肩・五十肩」や腕の痛みに使用される漢方薬です。
  • 古典的には、「水毒」といわれる状態に使用するとよいとされていますが、あまり気にする必要はありません。
  • 『二朮湯』の名前は「白朮」「蒼朮」の2種類が含まれていることに由来しています。
  • 味は表現法が難しいですが、えぐくて苦いです。
「痛み」に使用される漢方薬

【二朮湯】の注意点

むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【二朮湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。
のんびり太郎
のんびり太郎

漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます。

「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。

実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

コメント

スポンサードリンク

さくらの恋猫
タイトルとURLをコピーしました