痔核の痛み・出血・脱肛におすすめの漢方薬【乙字湯(おつじとう)】

痔におすすめの漢方薬【乙字湯】 漢方薬
痔核の痛み・出血・脱肛におすすめの漢方薬【乙字湯(おつじとう)】

 軽症の痔核の痛み・出血、初期軽症の脱肛におすすめの漢方薬が『乙字湯(おつじとう)』です。『桂枝茯苓丸』と併用すると効果アップが期待できます。

ハルくん
ハルくん

なかなか言いづらいけど、意外とみんなが悩んでいるのが『痔』だよね~。

のんびり太郎
のんびり太郎

病院に行くのもちょっと抵抗があるよね。恥ずかしいし…。

のんびり太郎
のんびり太郎

 出血がある場合は、念のため悪い病気ではないことを確認するためにも、病院で検査してもらった方がいいよ。

 『痔』だった場合は、漢方薬もおすすめの治療法だよ。痔核・脱肛におすすめの漢方薬が『乙字湯(おつじとう)』です。

痔核とは

 いぼ痔(痔核)は、その名のとおり、肛門にいぼ状のはれものができる状態です。歯状線をはさんで肛門の内側にできるものを「内痔核(ないじかく)」、外側にできるものを「外痔核(がいじかく)」と呼びます。

 主に排便時のいきみや便秘などによって、肛門部に負荷がかかることで直腸肛門部の血液循環が悪くなり毛細血管の集まっている静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血して、はれ上がることで起こります。

 同じ「いぼ痔(痔核)」ですが、できる場所に違いがあるため、その症状は異なります。

      引用:ボラギノール公式ブランドサイト

【乙字湯】の生薬構成

当帰(トウキ)、 柴胡(サイコ)、 黄芩(オウゴン)、 甘草(カンゾウ)、 升麻(ショウマ)、 大黄(ダイオウ)

【乙字湯】の効能効果

 キレ痔、イボ痔

【乙字湯】の特徴・説明

  • 軽症の痔核の痛み・出血、初期軽症の脱肛に使用されます。『桂枝茯苓丸』と併用すると効果アップが期待できます
  • 肛門周囲の痒みや、女性の外陰部の湿疹や痒みにも効果が期待できます。
  • 構成生薬面では「柴胡」「升麻」が、痔疾患によいと考えられています。また「大黄」による消炎効果が期待されます。
  • 味は表現法が難しいですが、甘いです。

【乙字湯】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【乙字湯】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。



【生薬製剤ピーチラック 《乙字湯》】  第2類医薬品
 なかなか病院にいけずに困っている方!通常価格4980円のところを、約60%OFFの特別価格1980円(税込)! 送料・手数料は無料でとってもお得です!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました