鼻づまり・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの漢方薬【辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)】

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)

鼻づまり・慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの漢方薬が『辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)』です。

のんびり太郎
のんびり太郎

慢性副鼻腔炎は、なかなかスッキリ治らないことも多い病気ですね!

ハルくん
ハルくん

慢性副鼻腔炎は、何度も繰り返して症状が出てくるけどそんなに頻繁に病院に行く時間が取れないよって人も多いんじゃないかな・・。

のんびり太郎
のんびり太郎

そんなとき、症状もそこまでひどくない場合は、ドラッグストアなどでも購入できる市販薬でもある漢方薬もいいかもしれません。
今回は、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの漢方薬『辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)』を紹介してみますね!

副鼻腔炎とはどんな病気なの?

副鼻腔炎とは、鼻腔(鼻の中)の周囲には副鼻腔と呼ばれる粘膜に覆われた空洞があり、細い穴で鼻腔に通じています。

頬・額の下・両目の間の骨の中にあります。

この副鼻腔に炎症が起こることを副鼻腔炎といいます。

鼻づまりや鼻水、頭痛や咳などの症状がみられるほか、匂いがわからなくなることがあります。

出典:MSDマニュアル

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの薬膳・飲み物ってあるの?

のんびり太郎
のんびり太郎

慢性副鼻腔炎は1度発症すると治りにくく長期化しやすい病気ですので、日頃からの体質改善を心がけるといいかもしれません。

ハルくん
ハルくん

慢性副鼻腔炎に対して、なにかおすすめの薬膳・飲み物はあるのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

黄色く粘りのある鼻水、嗅覚低下、頭痛がつらくて熱がこもっているような感じのときは、次のようなものがおすすめです!

  • 菊花茶
  • タンポポ茶
  • はとむぎ茶
  • どくだみ茶
  • くちなし
  • ミント
のんびり太郎
のんびり太郎

鼻水が濃く白い、冷え、疲労感 などがつらいときは、体を温めたり気力を回復させるような次のようなものがおすすめです!

  • 山芋
  • いんげん豆
  • 大豆製品
  • しょうが
ハルくん
ハルくん

食事などに上手に取り入れてみてね!

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)の生薬構成(ツムラ)

石膏(セッコウ)、 麦門冬(バクモンドウ)、 黄芩(オウゴン)、 山梔子(サンシシ)、 知母(チモ)、 百合(ビャクゴウ)、辛夷(シンイ)、 枇杷葉(ビワヨウ)、 升麻(ショウマ)

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)の効能効果(ツムラ)

鼻づまり、慢性鼻炎、蓄膿症

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)の特徴・説明

  • 『辛夷清肺湯』の生薬構成は「辛夷」が重要になります。
    「辛夷」は、モクレン科のコブシあるいはタムシバなどのつぼみを乾燥したものです。
    漢方的には解熱、発散、鎮痛の効能があり、鼻づまりや蓄膿症などに用いられます。
    副鼻腔炎に使用される『葛根湯加川芎辛夷』にも「辛夷」がふくまれています。
【コブシ】/出典:ウキペディア

  • 『辛夷清肺湯』には「麻黄」が含まれていないので、胃腸が弱いひとにも使用できます。

  • 『辛夷清肺湯』の味は表現法が難しいですが、苦いです。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)のクリニカルパール

クリニカルパール(Clinical pearl)とは、とは経験豊富な臨床医から得られる格言のようなものです。

竹越哲男先生
竹越哲男先生

副鼻腔炎に使用される主な方剤が次の2つです。

使い分けは次のような感じになります。

  • 辛夷清肺湯:
    どちらかと言うと慢性期に使用。
    冷やす方剤。
    「麻黄」が含まれていないために ”アレルギー鼻炎” には効果がない。

  • 葛根湯加川芎辛夷
    どちらかと言えば急性期に使用。
    温める方剤。
    「麻黄」が含まれているため、”アレルギー鼻炎” にも効果が期待できます。

※これらの2種類を併用すると効果がより期待できることが多いと実感しています。

(引用:漢方.jp)

長嶺荒人先生
長嶺荒人先生

鼻づまりには中医学で言う”肺”を温める作用のある『葛根湯加川芎辛夷』と”肺”を冷ます作用のある『辛夷清肺湯』を併用すると、今までの経験上、効果が高まるような感じがあります。

(引用:がんじゅうふぁみりー)

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。
のんびり太郎
のんびり太郎

『辛夷清肺湯』は小林製薬から「チクナイン」という商品で販売されています!

ほどよい堂
河邊甲介
河邊甲介

「宮崎県川南町」に位置する「ほどよい堂」において、「薬剤師×中医薬膳師×ペットフーディスト」として、健康相談を行っています。

代表の河邊甲介は、漢方医学、薬膳、そして腸活を組み合わせた独自のアプローチで、個々の健康に寄り添います。

漢方相談や薬膳に関するオンライン相談も提供し、遠方の方々も利用できます。

また、わんこの健康も見逃しません。

わんこ腸活に関するアドバイスも行っています。

「ほどよい堂」で、健康に関する様々な疑問や悩みを解決しませんか?

スポンサーリンク

赤坂メディカルMクリニック

コメント

スポンサーリンク

PAWDEA
タイトルとURLをコピーしました