不妊症・女性の月経異常におすすめの漢方薬【温経湯(うんけいとう)】

不妊症におすすめの漢方薬【温経湯(うんけいとう)】 漢方薬

 女性の不妊症に用いられる漢方薬の代表が『温経湯』『当帰芍薬散』です。男性が原因の不妊症には『補中益気湯』が用いられます。

ハルくん
ハルくん

晩婚化も相まって、「不妊」に悩んでいる夫婦も多いと聞くことが多くなったよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

 不妊の頻度は25歳~29歳では8.9%、30~34歳では14.6%、35~39歳21.9%、40~44歳では28.9%と報告されており、30歳から不妊症が増加、つまり自然に妊娠する確率が減っていることがわかります。

 目安として次のような公式が、あるようですね。

のんびり太郎
のんびり太郎
画像引用:浅田レディースクリニック

不妊とは

 「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものをいいます。日本産科婦人科学会では、この「一定期間」について「1年というのが一般的である」と定義しています。

 不妊の原因は、男性側、女性側、あるいはその両方にある場合がありますが、何も原因がない場合もあります。男性側に理由がある割合と、女性側に理由がある割合は、ほぼ半々だと言われています

(引用:日本産科婦人科学会

【温経湯(うんけいとう)】の生薬構成

麦門冬(バクモンドウ)、 半夏(ハンゲ)、 当帰(トウキ)、 甘草(カンゾウ)、 桂皮(ケイヒ)、 芍薬(シャクヤク)、 川芎(センキュウ)、 人参(ニンジン)、 牡丹皮(ボタンピ)、呉茱萸(ゴシュユ)、 生姜(ショウキョウ)、阿膠(アキョウ)

【温経湯(うんけいとう)】の効能効果

 月経不順、月経困難、こしけ、更年期障害、不眠、神経症、湿疹、足腰の冷え、しもやけ

【温経湯(うんけいとう)】の特徴・説明

  • 駆於血作用があり、婦人科系の疾患に使用されます。
  • 「冷えのぼせ」といわれる気の上逆に効果があります。
  • 構成生薬に「滋潤作用」のある「麦門冬」「人参」「当帰」「阿膠」が含まれているため、乾燥傾向のある皮膚疾患に使用されることも多いです。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに辛くて渋いです。

温経湯(うんけいとう)】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

温経湯(うんけいとう)】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります

 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました