手足の荒れにおすすめの漢方薬【桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)】

手足の荒れにおすすめの漢方薬【桂枝茯苓丸加薏苡仁】 漢方薬

 手足の荒れ、肝斑(しみ)、にきびなどの皮膚疾患に、おすすめの漢方薬が『桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)』です。

 女性の生理などの婦人科系疾患にも使用されます。

 桂枝茯苓丸加薏苡仁が美肌効果を示す理由は、『瘀血』を改善することにあります。血流を改善することで、肌に充分な栄養素をいきわたらせ、皮膚のターンオーバーを正常化させます。

 そうすると、肌は日々生まれ変わり、「しみ」や「にきび」、「手足のあれ」などの肌のお悩みを体の中から改善します。 

スポンサーリンク

肝斑 (かんぱん)とは

 肝斑とは、いわゆるシミのことをいいます。 ほほ骨のあたりや額、口の周辺などに左右対称にできることが特徴です。 稀に額等にできることもありますが、目の周囲にはできないという特徴があります

※ニキビ、赤みのあるニキビ痕、シミ、肝斑、乾燥、敏感肌、くすみ、シワ、たるみなどの肌トラブルのある方におすすめ!

シミが気になる。でもレーザー治療はしたくない。
ビタミンA導入で気になるシミにアタック!

【桂枝茯苓丸加薏苡仁】の生薬構成

薏苡仁(ヨクイニン)、桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、桃仁(トウニン)、茯苓(ブクリョウ)、牡丹皮(ボタンピ)

【桂枝茯苓丸加薏苡仁】の効能効果

 月経不順、血の道症、にきび、しみ、手足のあれ

「にきび」に使用される漢方薬

【桂枝茯苓丸加薏苡仁】の特徴・説明

  • のぼせ気味だが足は冷えるなどの症状があるような場合の皮膚疾患や婦人科系疾患に使用されます。
  • 生薬構成は、駆瘀血剤の代表である『桂枝茯苓丸』「薏苡仁」を加えた方剤です。
  • 味は表現法が難しいですが、わずかに甘くてわずかに苦いです。

【桂枝茯苓丸加薏苡仁】の注意点

 むくみ・体重増加・血圧上昇などが現れた場合は医師・薬剤師に相談するようにしてください。

【桂枝茯苓丸加薏苡仁】の入手方法

  • 病院で処方してもらう
  • ドラッグストアや楽天・Amazonなどのインターネットで購入できます。

 漢方薬のメーカーは「ツムラ」「クラシエ」が2大メーカーです。そのほか、「三和」「コタロー」などあります。どこのメーカーが優れているかは自分は正直わかりません

 同じ方剤名でもその中に含まれる生薬は植物などが原料になっているので、生産地・生産時期・天候などで変わります。ただ、しっかりと厳しい基準をクリアしたものですので心配はありません。

 ちなみに、「ツムラ」さんの粉末は、粒子が大きいですがお湯に溶かすときれいに完全に溶けてしまいます

 「クラシエ」さんの粉末は、粒子が細かいですが、お湯に完全には溶けず、粒子が沈殿した感じになります。 実際に飲み比べて、お好みのメーカーを選んでいただければ良いと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. たれぞう より:

    『桂枝茯苓丸加薏苡仁』を男性が服用しても問題ないでしょうか?

    また、どの位の期間飲み続ければ、効果が現れるのでしょうか?

    • nonnbiri-taro nonnbiri-taro より:

      返信遅れてすみません。
      『桂枝茯苓丸加薏苡仁』は、男性が服用しても全く問題はありませんよ。
      服用してからの効果発現までの期間は、まずは、2週間くらいを目安にされたら良いと思います。少しでも改善を感じることが出来れば、継続してみてくださいね。
      皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)は、1か月くらいと言われていますので、漢方薬との相性が良ければ1か月程度で目に見えて効果が出ていると思います。
      参考になれば幸いです。

    • nonnbiri-taro nonnbiri-taro より:

      『桂枝茯苓丸加薏苡仁』は試されましたか?また何か気になるようなことがあれば気軽に連絡してくださいね!
      つらい症状が少しでも改善するといいですね!

タイトルとURLをコピーしました