『卵』の摂取が認知症予防になるの⁉【ホスファチジルコリンとは?】

『卵』の摂取が認知症予防になるの⁉【ホスファチジルコリンとは?】 介護・認知症関連

『卵』を適度に摂取している人は、認知症を発症するリスクが低下していることが、東フィンランド大学の研究で明らかに!

アルツハイマー認知症の原因については未だはっきりとは解明されていませんが、アルツハイマー認知症を発症した患者さんは、神経伝達物質である「アセチルコリン」が低下していることが確認されています。

このアセチルコリンの材料となる原物質が『コリン』です。食事などからコリンを摂取すると、体内でアセチルコリンに変換されます。

ハルくん
ハルくん

認知症予防におすすめの食べ物ってなんだろう?

のんびり太郎
のんびり太郎

 何かを食べていたら認知症にならないというわけではないけど、『卵』が認知症のリスク低下になるという研究結果が発表されているよ!

スポンサーリンク

【ホスファチジルコリン】に関する「東フィンランド大学の研究結果」

被験者のうち、食事から摂取するホスファチジルコリンの量が、下位25%の群と比較して、上位25%の群の認知症リスクは28%低いことが示されています。

また、総コリン摂取量とホスファチジルコリン摂取量が上位25%の群では、記憶力と言語能力のテストでもポイントが高かったようです。

「コリン」とは?

「コリン」は、体内で作られるビタミンに似た物質です。ビタミンA、B、C、D、Eなどの「必須ビタミン」とは分類が異りますが、高血圧の予防や神経障害改善など、体の健康にとって有効であることがわかっています。

のんびり太郎
のんびり太郎

栄養素としてのコリンは次の形で存在しています。

  • ホスホコリン
  • グリセロホスホコリン
  • ホスファチジルコリン
  • スフィンゴミエリンの一部。

コリンを多く含む食品

牛乳や卵、レバー、大豆、ナッツ類などに多く含まれています。アメリカ食品医薬品局(FDA)では、推奨するコリンの摂取量は、成人男性で550mg/日、女性425mg/日、耐容上限量3.5g(3500㎎)/日とされています。

しかし、日本人が一般的な食事をとっている中でのコリンの摂取量は、およそ300mg/日程度のようです。

ハルくん
ハルくん

日本人は、 コリンの摂取量 が足りていないようだね!

米国農務省のデータベースでは、食品100g中のホスファチジルコリンの含有量は、牛乳14㎎、たまご(全卵生)250㎎、鶏(肝臓、生)190㎎、大豆(完熟種子、生)120㎎、ピーナッツ(生)53㎎、アーモンド52㎎、バナナ9.8㎎となっています。

【ホスファチジルコリン】についてのまとめ

なかなか、推奨量の「ホスファチジルコリン」を、食べ物から摂取するのが難しいひとは、健康食品やサプリメントを利用するのも一つの方法かもしれません!

認知症の発症リスクが高まるのが60代以降といわれ、その20年前くらいから脳の変化が起きているといわれているので、早めの予防が大切です。

画像引用:株式会社トウ・キユーピー

サプリメントでは、「キューピーマヨネーズ」で有名なメーカー「キューピー」から『卵黄コリン』が発売されています!『卵』のことを知り尽くした「キューピー」が開発した商品で信頼性は問題ありませんね!

この『卵黄コリン』は、キューピーの長年の研究によって、ビタミンB12と一緒に摂ることで効果がアップすることがわかりました。

からだに吸収しやすくしたコリンを含む厳選した卵黄油を原料に使用し、4種類のビタミンB群とビタミンE、健康維持にかかせない亜鉛が組み合わせてあります

スポンサーリンク

コメント

スポンサーリンク

種類2
タイトルとURLをコピーしました