【生姜(しょうが / しょうきょう)】からだを温め冷え性予防に!

【生姜(しょうが / しょうきょう)】からだを温め冷え性予防に!

食材には、私たちの健康と調和に影響を与える不思議な力が宿っています。

その中でも、生姜は古くから世界中で健康の維持や病気の予防に重要な役割を果たしてきました。

その独特の風味と栄養価は、食事と薬膳の両面で高く評価されています。

生姜は、その辛みと温かみによって体を温め、消化を促進する特性を持っています。

古代の智恵と現代の研究が示すところによれば、生姜は解熱作用や抗炎症作用もあるとされ、健康をサポートする豊かな特性を秘めています。

この記事では、生姜の薬膳的効能と特徴にスポットを当て、次のポイントについて探求していきます。

  • 体内の温活効果:
    生姜は体を温める性質を持ち、血行を促進して体温を上昇させる作用があります。
    寒い季節や冷え性の改善に役立つとされています。

  • 消化力の向上:
    生姜に含まれるジンゲロールは胃液の分泌を促進し、食事の消化を助けます。
    胃もたれや消化不良の緩和に寄与します。

  • 免疫力の強化:
    生姜には抗酸化物質やビタミンが含まれ、免疫力を向上させ、体内の酸化ストレスを軽減する可能性があります。

  • 風邪予防と解熱:
    生姜には風邪の予防や症状緩和に役立つ作用があるとされ、喉の痛みや鼻づまりを軽減する効果が期待されます。

生姜の力は、薬膳としても料理の風味を豊かにし、健康の維持に貢献します。

次の章では、生姜を活用した薬膳レシピや食事の工夫についても詳しく探求していきます。

自然の恵みを生かして、健康と調和を追求する旅に出ましょう。

生姜の薬膳データ

  • 体質:陽虚・気虚・痰湿(水毒)
  • 五性:温
  • 五味:辛
  • 帰経:脾・胃・肺

データの項目の見方

のんびり太郎
のんびり太郎

薬膳の観点からの区別とその食材に合う体質が分かります。

五味(ごみ)

薬膳における五味とは、酸味、苦味、甘味、辛味、鹹味(塩辛い味)の5つの味のことです。

五味はそれぞれに対応する臓腑があり、その臓器に吸収されやすいといわれています。

  • 酸味 – 肝 – 胆
  • 苦味 – 心 – 小腸
  • 甘味 – 脾 – 胃
  • 辛味 – 肺 – 大腸
  • 鹹味かんみ – 腎 – 膀胱

五性(ごせい)

薬膳における五性とは、食材や生薬がもつ体を温めたり冷やしたりする性質のことです。

寒 / 涼 / 平 / 温 / 熱 があり、寒・涼の食材は体を冷やし、温・熱は体を温めます。

平は体を温めたり冷やしたりする性質のどちらもありません。

帰経(きけい)

薬膳における帰経とは、食材や生薬がどの臓腑・経絡に入り効果的に働くかを示した道しるべです。

臓腑や経絡、精神に影響を与えるといわれています。

個々の体質に合う帰経の食材を取り入れることで、体を良い状態に近づけられると考えられています。

体質(体質)

体質は、気滞体質 / 気虚体質 / 瘀血(血瘀)体質 / 血虚体質 / 痰湿体質 / 陰虚体質 / 湿熱体質 / 陽虚体質の8つに分かれ、それぞれの体質によっておすすめの食材や養生法が異なってきます。

その時の体質に合った食材・生薬を摂ることで体を良い状態に近づけられると考えられています。

生姜とおすすめの食べ合わせ食材

生姜を料理で美味しく活用するためのポイントを以下にまとめました。

  1. 下ごしらえ:
    生姜は皮を剥いて使用します。
    皮はスプーンなどで削るか、包丁で薄く剥いてから刻むと良いです。
    また、しわやくぼみがある部分は、硬くなっていることがあるので、そういった部分を避けることも大切です。

  2. 切り方:
    生姜はみじん切りや薄切り、千切りなど、料理に合わせて適切な切り方を選びます。
    細かく切ると風味が広がりやすく、太めに切ると食感が楽しめます。

  3. 風味を引き出す:
    生姜の風味を引き立てるため、調理の初めに軽く炒めることがあります。
    香りが立ち、辛味がマイルドになるので、料理全体に均一に味わいを広げる効果があります。

生姜は健康にも美味しさにも寄与する素材です。

料理のバリエーションを広げ、風味と栄養を引き出す工夫をすることで、様々な料理で活用し楽しむことができます。

米+なつめ(胃腸が疲れている時に)

薬膳食材【なつめ】

棗(なつめ)は、特に脾経と胃経に効果があるとされています。

脾経は消化吸収を担当し、胃経は食べ物の消化を促すため、これらを補強することで、健康維持に役立ちます。

なつめは鉄分やカルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル、葉酸やナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維などが豊富で、栄養価が高い食材です。

のんびり太郎
のんびり太郎

生姜が弱った胃腸を温めてくれて、お米となつめの補気作用で胃腸を元気にしてくれます。

青魚(殺菌作用と生臭さを取ってくれます)

青魚は、豊富なオメガ-3脂肪酸を含むことが特徴であり、心血管の健康を促進します。

薬膳的には体内の炎症を抑え、血液サラサラや動脈硬化予防に役立つとされます。

また、ドコサヘキサエン酸(DHA)は脳の健康に関連し、認知機能の維持に寄与します。

心身のバランスをサポートし、健康的な生活に欠かせない食材として重要です。

生姜を使ったおすすめレシピ

レシピ
ハルくん
ハルくん

おすすめレシピは ”COOKPAD(クックパッド)” から引用しています!

生姜の保存方法

のんびり太郎
のんびり太郎

新聞紙に包んで冷暗所で保存してください。

夏場は冷蔵庫に保存してください。

冷凍する場合はすりおろしてラップに包んで保存できます。

生姜

コメント

スポンサーリンク

PAWDEA
タイトルとURLをコピーしました