ペットに漢方薬は使えるの?【家族の一員であるペットの健康維持に東洋医学と漢方治療もおすすめ!】

ペットに漢方薬は使えるの?【家族の一員であるペットの健康維持に!】 ペット漢方薬

 現在、愛犬マルチーズの『ハルくん』と一緒に生活しています。もうペットというより家族の一員です。いつまでも元気に健康でいてほしいというのが飼い主さんたちの共通の願いだろうと思います。

ハルくん
ハルくん

『ハル』といいます。よろしくね!

我が家の愛犬マルチーズの「ハルくん」です!

 薬剤師として仕事をしていくうちに、漢方薬の愛飲者である自分にも効いたのだから、「ペットにもいいのでは?」と思うのは必然のことでした。

 実際に薬効・薬理などを実証する試験では、「マウス」が使われることが多く、近年は様々なことが実証されてきています。

 つまり、人間でも効果が確認されていて、マウスでも効果が確認されているのなら犬や猫などの動物にも効果はあるはずという答えにたどり着きました。

 そこで、色々と調べてみると現在は多くの動物病院でも漢方薬は処方されており、数多くのペットたちが漢方薬によって健康を維持できてるというわけです!

のんびり太郎
のんびり太郎

ブログ『のんびり太郎』では、ペットにおすすめの漢方薬を少しずつ紹介していきたいと思います!

お肉おいしそう・・・。たべたいなぁ~
スポンサーリンク

ペットに対する漢方薬の投与量とは

ハルくん
ハルくん

ペットの場合、どれくらいの量を飲んだらいいのかな?

ペットに対する漢方薬の投与量換算

体重を目安にした場合、人間成人の1日量が7.5gの漢方薬エキス剤では、ペットの体重1kgあたり漢方薬エキス剤0.15gが1日量としての目安になります。

※ペット投与量(1日量)=漢方薬エキス剤0.15g×ペットの体重kg

のんびり太郎
のんびり太郎

これは人間の小児の体重換算と同じ計算式です。

のんびり太郎
のんびり太郎

例)5㎏の体重の犬であれば0.15g×5=0.75g(1日量)となります。

 ※人間の場合、中国では日本で使用されている漢方薬の10倍ほどの量を使用することもあることを考えれば、服用量にそこまでの厳密さは必要ないのかもしれません。

ペットに漢方薬を飲ませる場合のポイント!

ハルくん
ハルくん

漢方薬って、苦かったりして飲みづらいってイメージが強いけど、ペットの場合はどのように飲ませているんだろう?

のんびり太郎
のんびり太郎

 基本、漢方薬と食べ物で混ぜてはいけないものはありません。人間の子供と同じで、色々なものに混ぜてみたりして上手に飲ませてください。

 注意点として、人間の子供にも同じことが言えるのですが、メインの主食にいきなり混ぜるのは避けてください。というのは、その主食自体を嫌がって食べなくなるということがあります。

ハルくん
ハルくん

何かに混ぜると飲んでくれそうだね!

のんびり太郎
のんびり太郎

おすすめは、スライスチーズに包むとペロッと食べてくれることが多く簡単でいいように思います。

自家製クッキーに混ぜ込んだり、カボチャや肉団子に混ぜ込むこともおすすめです!

ペット漢方薬の副作用について

 漢方薬は食べ物の延長線上にあるようなものなので、重大な副作用が起こることはかなり少ないと言えますが、人間でも蕎麦アレルギーなどのように「食物アレルギー」があるように漢方薬といえども副作用はゼロではありません。

のんびり太郎
のんびり太郎

人間と異なり、ペットは体調の変化をしゃべってくれません。いつもとペットの体調が違うと感じたらすぐにやめましょう。

そうすれば、漢方薬の場合、大事に至るようなことはないですよ!

ペット漢方薬と西洋薬との併用は可能なの?

ハルくん
ハルくん

他にも、持病があってお薬を飲んでいるようなときは、漢方薬は一緒に飲んでもいいのかな?

のんびり太郎
のんびり太郎

 何かお薬を飲んでいる場合でも、西洋薬と併用してはいけない漢方薬はありません。

ペット漢方薬の急性毒性とは

 通常、市販されている漢方薬を構成する生薬は120種類ほどありますが、マウス」では、一急性毒性を示すものがあります。それが『山椒(さんしょう)』です。

のんびり太郎
のんびり太郎

「マウス」に山椒を体重換算で人間の10倍投与すると、3分後には死んでしまうことがあるようです。他の動物で同じことが起きるかは検索できませんでした。すみません。

のんびり太郎
のんびり太郎

山椒を含むおもな漢方薬は、大建中湯(だいけんちゅうとう)、当帰湯(とうきとう)です。

漢方治療を行っている動物病院を探すには?【日本ペット中医学研究所/JPCM】

 【日本ペット中医学研究所/JPCM】とは、”ペットと飼い主が少しでも長く楽しい時間を過ごせること”をコンセプトとして2013年1月に設立された団体です。

上田裕 会長
上田裕 会長

中国の伝統医学である「中医学」の理論を基に研修と臨床を重ね、ペット(犬・猫)を中医学的に弁証論治することを目的とし、中医師から学びながら、ペットの治療に当たっている獣医師を中心としたオフィシャルメンバー同士が経験交流を行う研究会です。

(日本ペット中医学研究所/JPCMより引用)


ハルくん
ハルくん

日本ペット中医学研究会は、中医師による研修会や獣医師の臨床経験などで得た情報を幅広く共有することで、健康と病気の間の状態をコントロールする養生法を発展させ、ペットと飼い主さんのために日々研鑽してくれています。

出典:【日本ペット中医学研究所/JPCM】

全国各地にある【日本ペット中医学研究所/JPCM】の会員病院を検索できるサイトがあります!(漢方治療も行っている動物病院検索)

のんびり太郎
のんびり太郎

自分の住んでいる近所で、中医学を取り入れ、漢方治療もしてくれる獣医師さんが見つけられます!気になる方は検索してみてくださいね!

【日本ペット中医学研究所/JPCM】会員病院紹介はこちら!

ペットの健康について有益な情報発信しているサイトを紹介!【老犬&老猫と暮らす】

ハルくん
ハルくん

 日本ペット中医学研究会(JPCM)監修のペットの健康長寿を願うペット漢方サイト【老犬&老猫と暮らす】がおすすめだよ!

ハルくん
ハルくん

肉球の状態に『体質のヒント』が隠されているということで、肉球チェックの結果から、かかりやすい病気などの注意点・その原因・食養生に適した食材を紹介してくれる【中医学的肉球チェック!】も興味が出てくるよね!

ssyしゅ出典:出典:【老犬&老猫と暮らす】

自宅でできる漢方での全く新しい治療を提案!錦戸獣医科病院【ペット漢方研究会】

出典:錦戸獣医科病院【ペット漢方研究会
ハルくん
ハルくん

熊本県熊本市東区にある錦戸獣医科病院【ペット漢方研究会では、癌や腫瘍、白血病・猫エイズ・伝染性腹膜炎などの免疫系の病気や、難治性皮膚炎やアカラス、脱毛・湿疹などの皮膚病、また心臓肥大や心臓弁膜症などの循環器系疾患など、難病治療を専門として、西洋医学と東洋医学の融合によるまったく、新しいペットの難病治療を提案してくれます。

出典:錦戸獣医科病院【ペット漢方研究会

ペット用オリジナル漢方を販売している薬局【漢方専門薬局元気堂】

ハルくん
ハルくん

神奈川県相模原市にある【漢方専門薬局元気堂】では、ペット用オリジナル漢方を販売しています。

ペットだけではなく、人間に対しても漢方の本道を深めるためにも煎じ薬療法を中心にエキス剤、丸薬も取り扱っています。なお、鍼灸療法も併設しているみたいなのでぜひ相談してみてくださいね!

家族(ペット)との思い出をフィギュアで残してみませんか!【3Dペットショップ】

ハルくん
ハルくん

【3Dペットショップ】では、ペット(犬/猫)の写真をもとに弊社デザイナーが3Dデータを制作し、世界に一つしかないオリジナル・フィギュアを作製してくれるよ!

のんびり太郎
のんびり太郎

フィギュアの素材を石膏から「フルカラー樹脂」に変更!。石膏より細かい造形/色表現が可能となり、より壊れにくくなっています。

ハルくん
ハルくん

 現在ペットを飼われている方・大切なペットを亡くされた方・ご家族/ご友人へのプレゼント等にも最適だね!

高齢犬と暮らしている飼い主さんに!高齢犬向けの通販サイト【ペットベリー】がおすすめ!

 高齢犬向けの通販サイト【ペットベリー】 は、高齢犬向けの通販サイトです! 犬も人と同じく高齢化が進み、平均寿命が延びている一方で、 痴呆や寝たきりなど「老犬介護」の問題も増えてきました。

そんな高齢犬と飼い主さんをサポートするため、 高齢犬の介護アイテムや高齢犬の情報を提供するのがペットベリーです。

ハルくん
ハルくん

高齢犬向けの通販サイト【ペットベリー】では、老犬介護をするにあたり、どんな介護をすれば良いかを獣医師が解説してくれる特集や、犬を飼育するうえで気を付けたいポイントを学べる、獣医師わんにゃんコラムなど 犬猫のプロが監修した特集ページもあり、読んでいるだけで愛犬との暮らしに役立つコンテンツもたくさんあるよ!

出典:ペットベリー
のんびり太郎
のんびり太郎

高齢犬向けの通販サイト【ペットベリー】では、「犬用車椅子」や食事を補助するための「介護クッション」、寝たきりの犬の体に負担がかかりにくい「介護ベッド」など品揃えが豊富ですよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました