避妊・月経前症候群(PMS)に低用量ピルが使われています【オンラインシステムでも購入可能!】

避妊・月経前症候群(PMS)に低用量ピル【オンラインシステムでも購入可能!】 豆知識・生活情報


 『低用量ピル(OC:oral contraceptives)』とは、黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)の2種類の女性ホルモンを合わせてできた錠剤です。

 ホルモンバランスを整えることで、生理不順や生理周期の改善が期待できます。正しく使用することで「妊娠」と「月経」をコントロールできる、安全で確実な方法といわれています。

 また、低用量ピルは、コンドームよりもはるかに高い避妊効果が認められています。正しく使用することで、ほぼ100%確実に避妊できます。そのため、『経口避妊薬』とも呼ばれています。

 低用量ピルには、他に月経前症候群(PMS)の改善や、美肌効果、卵巣癌・子宮体癌の予防効果など様々な効果が認められています。

のんびり太郎
のんびり太郎

そんな低用量ピルが、24時間オンラインで購入できるのが【Pills U】 です。

低用量ピルの種類

 第一世代~第四世代と呼ばれる4種類の「低用量ピル」があります。それぞれにおいて、使用目的における特徴があります。

 1ヶ月分でワンシートとなっており、錠数は21錠タイプと、休薬期間に内服するための偽薬が含まれている28錠タイプがあります。

低用量ピルの副作用

 症状として、主に内服開始当初(ピルにまだ慣れていない時期)に吐き気や頭痛、乳房の張り、不正出血等の症状が出現しますが、通常は内服を継続することで改善していくことがほとんどです。

 また、「低用量ピルは太る」といわれますが、これは、「浮腫み」による体重増加がほとんどです。服用継続していると、数か月で改善してくることが多いようです。

 最も注意すべき副作用が『血栓症』です。服用開始から3ヶ月以内に発症する可能性が高いといわれています。血栓症とは血液の塊ができて、血管が詰まることで、そこから先の血流が途絶え、臓器が正常に機能しなくなりさまざまな障害を引き起こす病気です。

 低用量ピルを内服している方に血栓ができる割合は年間10,000人に対して3~9人といわれています。肥満、喫煙者、家族に血栓症を起こしたことのある場合は、特に注意が必要といわれています。

低用量ピルの効果

  • 望まない妊娠をしたくない
  • ニキビの改善、美肌効果
  • 生理周期の安定
  • つらい生理痛からの解放
  • 生理前のイライラ(PMS)を改善
  • 卵巣癌、子宮体癌を予防

「低用量ピル」の入手方法を紹介!

 低用量ピルは、現在日本においては、医療機関で処方をしてもらわなければ入手することができません。

 通信販売において、海外から個人輸入をした低用量ピルが販売されているケースがありますが、製品そのものの信頼性は担保できません。なかには偽造品などの場合もあるようです。法的にも、個人輸入での転売は禁じられているため法律違反なのです。

ハルくん
ハルくん

それじゃあ、病院を受診するしかないのかな?

 病院に行く時間がなかったり、「コロナ禍」においては、感染する可能性を極力避けたいなど、様々な事情があると思います。

のんびり太郎
のんびり太郎

そんな方におすすめなのが、『24時間オンラインで診療、処方、自宅配送』にて「低用量ピル」を購入できるシステムです。

低用量ピルの24時間オンライン診療・処方サービス【Pills U】

 【Pills U】は、スマホで簡単に受けられる低用量ピルのオンライン診察サービスです! 予約・会員登録不要でスマホで簡単に受診することが可能です。

 【Pills U】の低容量ピルは、継続しやすい価格設定で、コロナ禍でも安心してご利用できます。 また、国内正規品の薬のみを扱っています。医師が診断し処方しますので安心ですね!

【Pills U】が選ばれるポイント!
  • 待ち時間0分、最短3分で診察終了
  • お忙しい方も大丈夫!24時間、医師が診察
  • 国内正規品のお薬を最短当日発送
  • アフターフォローが充実(内服開始後2週間は無料で再診察)

【Pills U】のオンラインクリニックご利用方法

 オンライン診療とは、予約から診察、決済、処方までネット上で行う診療方法のことです。

  1. パソコン・スマホからお申し込み
  2. 医師の診察
  3. カード決済(選べるお支払い方法|コンビニ後払い、口座振替、カード決済)
  4. ご自宅へ配送(【Pills U】なら化粧品としてお届け)
ハルくん
ハルくん

【Pills U】では、パソコンだけでなく、 手持ちのスマホで手軽で便利に、いつどこからでもオンライン診療 が受けられます。

オンライン診療を活用すれば、 時間をかけず、さらには周りにもバレずにピルの処方が可能です。

「アフターピル」と「低用量ピル」の違いとは

 「アフターピル」と「低用量ピル」との大きな違いは、避妊する服用タイミングの違いです。

 アフターピルは、不可抗力などによってコンドームが外れ避妊を失敗してしまった時や男性からの行為を断れなく中出ししてしまった時など性行為後に服用する事で避妊を成功させます。

 その際は、アフターピルを1回1錠使用します。性行為後3日(72時間)以内~5日(120時間)以内で服用する必要があり、行為後早ければ早いほどその避妊成功率が上がります。

のんびり太郎
のんびり太郎

アフターピルの成分には、レボノルゲストレル【72時間タイプ】と、ウリプリスタール酢酸エステル【120時間タイプ】の2種類があります。

基本的に、2種類とも作用は同じで「排卵を抑制すること」「受精卵を着床させないようにすること」という2つの作用によって避妊効果を示します。

ハルくん
ハルくん

アフターピルの服用時間と避妊回避率の関係図がこちらです!

出典:前川クリニック

 一方で、低用量ピルは毎日服用する事で避妊する効果のあるお薬です。1シート21錠~28錠の物が多く、飲み忘れがないようプラセボ錠(偽薬)が入っている製剤と、入っていない製剤があります。

 低用量ピルは、毎日決まった時間に服用していれば、それだけで避妊効果が継続され、ほぼ99%の確率で妊娠する事はありません。ただし、飲み忘れると避妊効果が得られにくくなってしまいますので、飲み忘れには注意する必要があります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました