不安が多い今、『バナナ』に注目が!【うつ・自律神経失調症の予防改善やダイエットにもおすすめの食材】

不安が多い今、『バナナ』が熱い!【うつ・自律神経失調症・ダイエット】 食材・食事
不安が多い今、『バナナ』に注目が!【うつ・自律神経失調症の予防改善やダイエットにもおすすめの食材】

 スポーツ選手が試合の合間に「バナナ」を食べているのを目にしたことがあると思いますが、バナナには、人の体に欠かせない栄養素をがバランスよく含まれているのです!

ハルくん
ハルくん

「バナナ」って、今ではスーパーに行くと年中見かけるし、お手軽に買える果物の代表だよね!

のんびり太郎
のんびり太郎

そうだよね!自分は毎日のように「バナナ」を食べているけど、4本で100円くらいで売られていることも多いよね。

毎日食べているから、自分にとって、家計に優しい食材だよ。

ハルくん
ハルくん

でも、昔は高級食材のひとつだったって聞いたことがあるよ。

のんびり太郎
のんびり太郎

そうなんだよ。昭和32(1957)年頃のバナナは、現在の貨幣価値では、1本1,000円もしていたんだって。今では考えられないほどの「高級フルール」だったんだね。

ハルくん
ハルくん

バナナにもいろんな種類のバナナがあるみたいだよ!興味がある人はこちらも覗いてみてね!

バナナの優れた栄養素!とは

 バナナは、炭水化物やタンパク質、ビタミンB群、ミネラル(カリウム・マグネシウムなど)、食物繊維などバランスよく栄養素が含まれている優れた果物です。

 バナナ一本(約100g)で約86キロカロリーです。ご飯だとお茶椀半分、食パン半分に相当します。カロリーは意外と低いので、ダイエットなどにも最適ですね!

 バナナは食物繊維を豊富に含んでいるため糖質の消化吸収速度が緩やかなのです。そのため、血糖値が急激に上がることが避けられます。

バナナには食物繊維が豊富

 バナナ一本(約100g)で1.1gの食物繊維が含まれています。同じ量では、「レタス」「トマト」などと同じくらいなのです。便秘の予防・解消にも最適です。

バナナにはビタミンB群が豊富

 ビタミンB群は「代謝ビタミン」とよばれ、体に必要なエネルギーをつくるのに欠かせない存在なのです。

バナナにはカリウムが豊富

 人の体に必要なミネラルのひとつです。高血圧の原因のひとつである塩分に含まれる「ナトリウム」を排出する作用があるため、血圧を下げたり、むくみを改善する効果が期待できます。

バナナにはマグネシウムも含まれています

 マグネシウムは、骨の健康を保ったり、神経の異常な興奮を抑えたり、カルシウムの作用をコントロールして筋肉の収縮・弛緩を調整したりする役割を果たします。

バナナには強い抗酸化作用があるポリフェノール類も含まれている

 強い抗酸化作用があるポリフェノールは、ベリー類に多く含まれているのですが、実はバナナにも含まれています。熟したバナナほどポリフェノールの含有量が高いため、シュガースポット(茶色い斑点)が出てきた頃がおすすめです。

バナナには幸せホルモンと言われる「セロトニン」の原料となるトリプトファンが豊富に含まれている⁉

 脳内の3大神経伝達物質の代表である「セロトニン」のもととなるのが、必須アミノ酸である「トリプトファン」です。

 トリプトファンが減少すると、うつ状態や不眠などが起きると考えられています。果物の中で、トリプトファンを多く含む代表格がバナナなのです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました