バナナを長持ちさせる方法とは!【保存方法・保存期間】

バナナを長持ちさせる方法とは! 食材・食事

 バナナを買ったのはいいけど、一人暮らしなどの場合、一房を自分の好みの状態で食べきることが難しいと感じたことはありませんか?

ハルくん
ハルくん

バナナって、5本程度が一房単位で売っているよね!すぐに黒くなったり、柔らかくなりすぎたりして、自分の好きな状態で全部食べきることって難しいよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

そうだね。自分は、まだ茶色い斑点が出ていない少し硬めのバナナが好きなんだけど、すぐに熟してしまうよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

そこで今回は、「バナナの保存方法」について調べてみたので紹介してみるね!

バナナの保存法は3通り!【常温保存・冷蔵保存・冷凍保存】

常温保存の場合【1週間程度保存可能】

 バナナの保存に適した温度は15~20℃と言われています。また、13.5℃以下になると追熟が遅くなるという特徴があるようです。

 青みがかかった状態で購入した場合は、茶色い斑点(シュガースポット)が出てくるまでは、包装されているビニル袋から出して、1本ずつに切り離して、風通しのいい場所で保存するとよいようです。

 出来れば、カーブしている部分を上にして山型にしておくと、バナナの重みを受けにくいので傷みにくくなります。

冷蔵保存の場合【10日以上保存可能】

 夏の暑い時期やシュガースポットが出てきた場合は、冷蔵庫の野菜室で保存すると長持ちするようです。

 その場合も、コツがあります。切り離して1本ずつラップで包んだり、ビニル袋に入れたりしてください。新聞紙で包んだうえで、ラップをするとより良いようです。

バナナを長持ちさせることが出来る理由とは
  • バナナは自らが発生する「エチレンガス」で追熟するので、切り離さないと同じ房のバナナの追熟も早めてしまいます。
  • バナナは、低温に弱いので冷蔵保存すると低温障害を起こして皮が黒く変色してしまいます。それを防ぐために新聞紙がおすすめのようです。

冷凍保存の場合【1か月程度保存可能】

 皮をむいて丸ごとラップに包んでもよいですが、輪切りやペースト状などにしてから、用途によって変えて保存すると使い勝手がよいです。

皮をむいたりカットしたバナナが黒くなるのを予防する方法とは

 バナナやリンゴなどは、カットするとすぐに黒くなってしまいますよね!

 バナナには、ポリフェノール類や酵素が含まれています。ポリフェノール類は空気中の酸素と反応すると酸化するので、黒くなってしまうのです。

レモン汁で変色を防ぐ

 レモン汁によって酸化が抑えられて黒くなるのが防げますが、若干バナナがレモン汁によって酸っぱくなってしまいます。

砂糖水で変色を防ぐ

 水200ccに対して大さじ1の割合で砂糖水を作り、バナナをくぐらせます。バナナの切り口が砂糖水でコーティングされるため、黒くなるのを防ぐことが出来ます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました