バナナを長持ちさせるおすすめの方法とは!【バナナの保存方法/保存期間】

バナナを長持ちさせる方法とは! 食材・食事
バナナを長持ちさせる方法とは!【おすすめのバナナの保存方法/保存期間】

 バナナを買ったのはいいけど、一人暮らしなどの場合、一房を自分の好みの状態で食べきることが難しいと感じたことはありませんか?すぐに、黒くなったり、柔らかくなりすぎたりしてしまいますよね。

 最近では、スーパーでまだ「緑色の熟れていないバナナ」が「黄色いバナナ」とは別に分けて販売されているのも、保存のことや熟れすぎていない硬いバナナが好きな人向けのためなんでしょうね!

ハルくん
ハルくん

バナナって、5本程度が一房単位で売っているけど、すぐに黒くなったり、柔らかくなりすぎたりして、自分の好きな状態で全部食べきることって難しいよね。

のんびり太郎
のんびり太郎

そうだね。自分は、まだ茶色い斑点が出ていない少し硬めのバナナが好きなんだけど、すぐに熟してしまうよね・・。

のんびり太郎
のんびり太郎

そこで今回は、「バナナの保存方法」について調べてみたので紹介してみるね!

バナナの保存法は3通り!【常温保存・冷蔵保存・冷凍保存】

ハルくん
ハルくん

バナナっていろんな保存法があるんだね!

のんびり太郎
のんびり太郎

バナナは保存法によって保存可能な期間が変わってきます。

  • バナナを常温保存する場合:【1週間程度保存可能】
  • バナナを冷蔵保存する場合:【10日以上保存可能】
  • バナナを冷凍保存する場合:【1か月程度保存可能】

バナナを常温保存する場合【1週間程度保存可能】

 バナナの保存に適した温度は15~20℃と言われています。また、13.5℃以下になると追熟が遅くなるという特徴があるようです。

 青みがかかった状態で購入した場合は、茶色い斑点(シュガースポット)が出てくるまでは、包装されているビニル袋から出して、1本ずつに切り離して、風通しのいい場所で保存するとよいようです。

 出来れば、カーブしている部分を上にして山型にしておくと、バナナの重みを受けにくいので傷みにくくなります。

バナナを冷蔵保存する場合【10日以上保存可能】

 夏の暑い時期やシュガースポットが出てきた場合は、冷蔵庫の野菜室で保存すると長持ちするようです。

 その場合も、コツがあります。切り離して1本ずつラップで包んだり、ビニル袋に入れたりしてください。新聞紙で包んだうえで、ラップをするとより良いようです。

バナナを長持ちさせることが出来る理由とは
  • バナナは自らが発生する「エチレンガス」で追熟するので、切り離さないと同じ房のバナナの追熟も早めてしまいます。
  • バナナは、低温に弱いので冷蔵保存すると低温障害を起こして皮が黒く変色してしまいます。それを防ぐために新聞紙がおすすめのようです。

バナナを冷凍保存する場合【1か月程度保存可能】

 皮をむいて丸ごとラップに包んでもよいですが、輪切りやペースト状などにしてから、用途によって変えて保存すると使い勝手がよいです。

皮をむいたりカットしたバナナが黒くなるのを予防する方法を紹介!

ハルくん
ハルくん

バナナやリンゴなどは、カットするとすぐに黒くなってしまうよね!

バナナの皮をむいたり、カットしたときに表面が黒くなる原因とは?

 バナナには、ポリフェノール類や酵素が含まれています。ポリフェノール類は空気中の酸素と反応すると酸化するので、バナナの皮をむいたり、カットしたときに表面が黒くなってしまうのです。

レモン汁を使ってバナナが黒くなるのを防ぐ方法とは

 バナナの表面にレモン汁を直接塗るだけです。少量の水に絞ったレモン汁を薄めたものにバナナをくぐらせてるのもおすすめです。

 ただ、レモン汁によって酸化が抑えられて黒くなるのが防げますが、若干バナナがレモン汁によって酸っぱくなってしまいます。

ハルくん
ハルくん

手軽に食卓に取り入れられるポッカなど様々な人気メーカーから販売されている「レモン果汁」を使うのもおすすめです!

砂糖水を使ってバナナが黒くなるのを防ぐ方法とは

 水200ccに対して大さじ1の割合で砂糖水を作り、バナナをくぐらせます。バナナの切り口が砂糖水でコーティングされるため、黒くなるのを防ぐことが出来ます。

黒く変色したバナナは食べても大丈夫なの?

 黒くなったバナナは、一見すると傷んで食べてもいいのか躊躇するかもしれませんが、基本的に色が黒く変わってしまっても、からだには何の害もありませんので心配せずに食べて大丈夫です。

ハルくん
ハルくん

通常の保存期間を大幅に過ぎてしまっている場合は、自己責任で食べるか食べないか判断してくださいね。

バナナの皮が黒くなっている場合

 バナナの皮に黒い斑点が出てきますが、これは「シュガースポット」「スイートスポット」といわれるもので、バナナが熟した証ですので、傷んで食べられなくなっているわけではなく、甘くなっているサインです。

 もし、冷蔵庫にそのままの状態で保存した場合に皮全体が黒くなってくることがあります。これは、「低温障害」といって、南国原産のバナナにとっては冷蔵庫の温度は低すぎるために起こる現象ですが、この場合も傷んで食べられなくなっているわけではありません。

 冷蔵庫の場合も黒くなっている原理はポリフェノールの酸化です。低温状態によってバナナの皮が障害を受けて酸化しやすくなったわけですね。

皮をむいてみるとバナナの実が黒くなっている場合

 バナナを輸送しているときやちょっと強く握ってしまったような時にバナナの実が黒くなってしまいます。

 これは、外部からの衝撃によってバナナに傷がついたために、そこから空気との接触が起こってしまってポリフェノールが酸化することで黒くなっているのです。

 この場合も、特に異臭がしたり、いつものバナナの味と違うような場合でなければ、基本的に食べても問題はありません。 

のんびり太郎
のんびり太郎

自分は、硬い触感のバナナが好きなので、黒くドロッとなった部分は避けてしまいます・・・。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました