皮ごと食べられるおすすめの「国産バナナ」を厳選紹介!

皮ごと食べられるおすすめの「国産バナナ」を厳選紹介! 食材・食事

 「国産バナナ」はとても珍しい貴重なバナナなのです!なんと、日本で流通しているバナナの99%は外国からの輸入品です。

ハルくん
ハルくん

皮まで一緒に食べられるバナナがあるって聞いたんだけど本当なのかな~?

のんびり太郎
のんびり太郎

「国産バナナ」は、完全無農薬で育てられているから、皮まで食べられるんだよ!びっくりだよね!

のんびり太郎
のんびり太郎

今日は、この貴重な「国産バナナ」について解説してみるね!

 輸入する場合は、害虫が日本に持ち込まれないように、輸入の際に厳しい検疫が行われています。そのため、害虫予防に農薬をたくさん使ってる場合が多く、通常は皮までは食べません。

 国産バナナは、農薬は使用せずに丁寧に育成されているため、安心して皮まで食べることが出来るのです!

スポンサーリンク

バナナの輸入検査とは

 日本に到着したバナナは、港に隣接した保税倉庫に搬入された後、植物防疫法に基づいた病害虫の検査、食品衛生法に基づいた残留農薬検査等が行われています。

 両方の検査に合格したバナナだけが、輸入が許可されます。

農薬等の残留基準

 2006年よりポジティブリスト制度が施行され、799農薬等について残留基準が定められています。厚生労働省では、残留農薬基準を、ADI(一日摂取許容量)をもとに設定しています。

 ADI(一日摂取許容量)とは、ある物質について、人が生涯その物質を毎日摂取しつづけたとしても、健康への悪影響がないと推定される1日あたりの摂取量のことです。

国産バナナ【岡山もんげーバナナ】

ハルくん
ハルくん

「もんげー」ってどういう意味なのかな~?

のんびり太郎
のんびり太郎

調べてみたんだけど「もんげー」とは、岡山弁で「ものすごい」という意味のようです。

ニュアンスが近い「でーれー」「ぼっけー」に押され、地元の人は、だんだん使わなくなってきているとも書かれていましたね。

国産バナナ『岡山もんげーバナナ』の特徴とは!

 「凍結解凍覚醒法」という育成法を用いていることが特徴のひとつです。

 苗や種子をマイナス60℃まで一旦凍らせて、それを再び解凍することで、植物本来が持っている能力が覚醒するというのです。

 マイナス60℃という過酷な環境を体験したバナナが、必死で生き残ろうと「覚醒」し、低い気温でも育つことが可能になるようなんです。

 バナナの生産地は熱帯、亜熱帯地域に分布し、バナナベルト地帯と呼ばれる、赤道を中心に南緯30°~北緯30°の間で栽培されています。つまり、通常は日本では育たないんですね。

 「凍結解凍覚醒法」を用いると、通常は実がなるのに1年半くらいかかるのが、わずか6ヵ月で実をつけ、しかも、かなり糖度の高いバナナができるというのも驚きです!

 2018年4月22日放送の「がっちりマンデー」や2018.04.17放送の「マツコの知らない世界」でも『岡山もんげーバナナ』が取り上げられていました。

国産バナナ『岡山もんげーバナナ』の購入方法とは

 ​JR岡山駅構内「さんすて」に田中節三さんのアンテナショップ「田中節三のバナナ」がオープンしています。​もんげーバナナを使ったバナナジュースもおススメですよ。

アンテナショップ「田中節三のバナナ」

HOME | 田中節三のバナナ@岡山さんすて店

【農業法人 株式会社 D&Tファーム】ホームページ

 D&Tファームは、田中節三さんが作出した耐寒性作物の営農向け販売・導入支援・拡販支援を行う農業法人です。

農業法人 株式会社D&Tファーム 凍結解凍覚醒法 田中節三 もんげーバナナ 日本
農業法人 株式会社D&Tファームのホームページです。 田中節三の凍結解凍覚醒法を用いた「もんげーバナナ」をはじめとする耐寒性作物の苗販売・営農指導を行い、営農者の方と二人三脚で日本の農業を元気にします。

国産バナナ【宮崎太陽のバナナNEXT716】

 宮崎県川南町でも「岡山もんげーバナナ」と同じ「凍結解凍覚醒法」を用いてバナナを生産しています。

 農業法人NEXTファーム代表の内田さんが国産バナナに目をつけたきっかけは、岡山県のもんげーバナナだったとのこと。

 日照時間、温暖な気候など宮崎県の環境がバナナを育てるのに適していると常々考え、内田さんは2017年、話を聞きに岡山県へ行き、バナナを育てるための基礎を岡山で学んだとのこと。宮崎に戻ってきた後、2018年に600本の植え付けが完了!

画像引用:川南町役場 会計課 ふるさと納税

国産バナナ【宮崎太陽のバナナNEXT716】の購入方法

高鍋町・国道10号線にある「ママンマルシェTAKANABE」

 「ママンマルシェTAKANABE」とは、宮崎県高鍋町産を中心とした宮崎の野菜・果物・青果の直売所や「ゴボチ」を使用したレストラン、宮崎県高鍋町自慢の餃子やパンのお店が入ったフードコート、「ゴボチ」の製造工場がある複合施設です。

 「ゴボチ」とは、農林水産大臣賞を受賞し、すべて国産の原材料を使用し、サクサク新食感&無添加にこだわった「ごぼうチップス」です。

 こぼうの風味が味わえる素材の美味しさをそのままいかしたチップスです。味の種類も豊富です。

画像引用:楽天市場 ママンマルシェTAKANABE

「楽天ふるさと納税」でも購入可能!

 宮崎県川南町のふるさと納税品として提供されています。手出しは2000円のみのふるさと納税を活用してお得に購入できますよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました