ポリフェノールの驚くべき効果とは!【抗酸化作用・更年期障害・認知症などに・・⁉】

ポリフェノールの驚くべき効果!【抗酸化・更年期・認知症など】 医療・健康情報

 『ポリフェノール』とは、抗酸化物質の一種であり、活性酸素の発生やその働きを抑制したり、活性酸素そのものを取り除く物質のことです。

 活性酸素は微量であれば人体に有用な働きをしますが、大量に生成されると過酸化脂質を作り出し、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下などを引き起こします。

 また、抗酸化物質には、体内で合成される体内合成抗酸化物質のほかに、「ポリフェノール」「カロテノイド」があります。

 ※『ポリフェノール』『カロテノイド』には、次のようなものが知られています。

ポリフェノールの代表例
  • ブルーベリーなどに含まれる「アントシアニン」
  • 大豆に含まれる「イソフラボン」「サポニン」
  • ゴマの成分が変化してできる「セサミノール」
  • そばに含まれる「ルチン」
  • 緑茶の「カテキン」と発酵茶(紅茶・ウーロン茶など)の「テアフラビン」の総称である「タンニン」

カロテノイドの代表例
  • 緑黄色野菜や果物など多くの食品に含まれる「β-カロテン」「リコピン」
  • えびやかになど甲殻類や、さけ・ますなど魚類がもつ「アスタキサンチン」

                        (参考:厚生労働省 e-ヘルスネット)

スポンサーリンク

抗酸化作用が期待できるおすすめの商品

 ひとの体は酸素を利用することでエネルギーを作りだしているのですが、酸素を利用すると同時に活性酸素が体内で生じてしまいます。この活性酸素が私たちの細胞を傷つけ、「老化、がん、シワ、しみ、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化」などからだに悪影響を及ぼしてしまいます。

ハルくん
ハルくん

そんな『活性酸素』を抑制する『抗酸化作用』があるものを深掘りしてみたいとおもいます!

アントシアニン

 アントシアニンは、ブルーベリーなどに多く含まれているフラボノイドの一種で、花や果実などに広く分布する色素成分です。

 ブルーベリーは、その豊富なポリフェノールと高い抗酸化作用により「スーパーフルーツ」として知られています。また、抗酸化作用、がん予防効果、視機能改善作用、血小板凝集阻害作用などがあるとされています。

                               (引用:ウキペディア)

※日本では、北海道などの一部でしか生産されていない『ハスカップ』がおすすめです。レアなフルーツですね!

【三星】楽天市場

 北海道特産のハスカップにこだわり続ける明治31年創業のお菓子屋さんが【ハスカップのお菓子 みつぼし】さんです。「苫小牧に住んでいて良かった、三星もあるし」と言っていただけるお店になりたいと情熱も溢れています!

 こんなお店なので、美味しくないはずはありませんよね!

画像引用:三星HP(楽天市場)

【十勝ベリーファーム】楽天市場

 北海道特産のハスカップと黒カシス農園を直営・直売しているのが、【ハスカップ農園十勝ベリーファーム】さんです!

 楽天市場において、2021.3現在では高評価の『★4.53』を獲得!お客様満足度 でも90.6%と高評価であり、安心してお買い物できますね!

大容量の「お買い得」商品【KIRKLAND(カークランド)】

「目の調子が悪い時」におすすめの漢方薬とは

イソフラボン

 大豆イソフラボンは、大豆、特に大豆胚芽に多く含まれる成分です。大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ていることから、植物性エストロゲンとも呼ばれます。

  • 更年期障害を予防・改善する効果が期待されています
  • 美肌効果:「美肌ホルモン」とも言われるエストロゲンの働きを補い、新陳代謝を促進して、若々しい肌をサポートしてくれます。
  • ガンのリスクを低下:「みそ汁」、「大豆、豆腐、油揚、納豆」の項目から大豆イソフラボンの摂取量を計算し、乳がんとの関連を調べた研究で、イソフラボンをあまり食べない人に比べ、たくさん食べる人のほうが乳がんになりにくいことが発表されています。(参考文献:大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について
  • 骨粗しょう症を予防:カルシウムの流出を防ぐエストロゲンの働きをサポートします。
  • 悪玉コレステロールの低下:動脈硬化に関与している悪玉コレステロールを低下させる効果が期待できます。

【エクエル】大塚製薬

 【エクエル】大塚製薬のポイントは、安全な乳酸菌で発酵させたエクオールは大塚製薬だけという点です。

 大塚製薬が長年の研究を経て、発見した乳酸球菌「ラクトコッカス20-92」はイタリアのチーズからも発見された安全性の高い乳酸菌の種類。

 大塚製薬のエクオールは、この乳酸菌で大豆イソフラボンを発酵させて作り出しています。

                             

【エクオール】小林製薬

 小林製薬エクオール」は、1日1粒からはじめられる、年齢とともに変化する女性の健康のためのサプリメントです。

 話題の成分「エクオール」はもちろんのこと、女性の健康にオススメの3成分も配合されています。

カテキン

 カテキンは、主にお茶に含まれるポリフェノールの一種で、お茶に特有の苦渋味成分のもととなる物質です。ポリフェノールはほとんどの植物に含まれる色素や苦渋味の成分です。

 抗菌作用・活性酸素除去作用・コレステロール低下作用など様々な効果が認められています。

                             (参考:日本カテキン学会)

【ヘルシア 茶カテキンの力 】花王

 【ヘルシア 茶カテキンの力 】は、機能性表示食品であり、世界中の茶葉からカテキン含有量が豊富な生茶葉を厳選して使用されています。

 生茶葉を摘んでから2時間以内にカテキンを取り出すことで雑味成分を少なくし、茶葉の良さを引き出すなどのこだわりがすごい!

 スティックタイプなので、持ち運びも便利でどこでも手軽に飲むことが出来ます。ホットでもアイスでも煎茶のさわやかさと、抹茶の甘みが感じられて美味しい!

 

【茶カテキン粒】山本漢方製薬

「大麦若葉」で有名な「山本漢方製薬」に商品です。

 高濃度茶カテキンを含む緑茶を粒状にして、簡単、便利に飲める粒状にしてあります。1日12粒中に、カテキン類が500mgも配合されています。(12粒当たりカフェインを約100mg含有)

画像引用:山本漢方製薬HP

クルクミン

 クルクミン(Curcurmin)は、ターメリック(うこん)に含まれる成分(色素)で、カレー粉に使用される原料としてもよく知られます。

 ターメリックは、インド古代医学体系のアーユルベーダや中国伝統医学で薬効ハーブとして古くから用いられてきました。

 動脈硬化予防・糖尿病予防・アルツハイマー型認知症の予防など様々な効果が認められています。

                            (参考:日本食品機能研究会)

ケルセチン

 クェルセチン(またはクエルセチン、ケルセチン、英: quercetin)は、フラボノイドの一種でフラボノールを骨格に持つ物質です。

 配糖体(ルチン、クエルシトリンなど)または遊離した形で柑橘類、タマネギやソバをはじめ多くの植物に含まれています。 美しい黄色い色素のため、古くから染料としても用いられています。

 クェルセチンは、脂肪分解酵素であるホルモン感受性リパーゼを活性化し、脂肪 細胞からのグリセロールと遊離脂肪酸の放出を促し脂肪分解を促進することにより、体脂肪を減らすのを助ける働きがあります。そのため、糖尿病や動脈硬化の予防に効果など様々な効果が認められています。

                              (参考:ウキペディア)

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました